構成

SD-WAN ソフトウェアとライセンスをインストールしたら、SD-WAN アプライアンス設定を構成して、ネットワークと展開の管理を開始できます。

SD-WAN アプライアンスの構成には、次のものが含まれます。

MCN の設定: MCN は、初期システム構成およびその後の構成変更の配布ポイントとして機能します。ほとんどのアップグレード手順は、MCN 上の管理 Web インターフェイスを使用して実行します。仮想 WAN 内に存在できるアクティブな MCN は 1 つだけです。 デフォルトでは、アプライアンスには client という役割が事前に割り当てられています。アプライアンスを MCN として確立するには、まず MCN サイトを追加して構成してから、指定された MCN アプライアンス上で構成と適切なソフトウェアパッケージをステージングしてアクティブ化する必要があります。

ブランチの構成: ブランチサイトを追加する手順は、MCN サイトの作成と構成と非常によく似ています。ただし、構成手順と設定のいくつかは、ブランチサイトでは若干異なります。さらに、最初のブランチサイトを追加したら、同じアプライアンスモデルを持つサイトについては、 クローン (複製)機能を使用して、これらのサイトを追加および構成するプロセスを合理化できます。MCN サイトを作成する場合と同様に、ブランチサイトを設定するには、MCN アプライアンスの管理 Web インターフェイスで Configuration Editor を使用する必要があります。構成エディタ は、インターフェイスが MCN コンソール モードに設定されている場合にのみ使用できます。

MCN とブランチサイト間の仮想パスの構成: MCN と各クライアント (ブランチ) サイト間の仮想パスサービスを構成します。これを行うには、構成 エディタ の「 接続」セクション構成ツリーにある構成フォームと設定を使用します。

WAN 最適化を有効にして構成する:このセクションでは、仮想 WAN に対して SD-WAN Enterprise Edition WAN Optimization機能を有効にして構成する手順を説明します。これを行うには、MCN の Web 管理インターフェイスの 構成エディタ で [ 最適化 ] セクションフォームを使用します。

構成