Citrix SD-WAN

管理設定の変更

変更管理設定を使用して、WANOP、SVM、XenServer Hotfixなどの非仮想WANソフトウェアパッケージのインストールをスケジュールできます。

デフォルトでは、MCN は、ブランチでのソフトウェアの可用性に基づいて、毎日 21:20:00(ローカルアプライアンス時間)にインストールを試行するスケジュールを割り当てます。

スケジュール情報を編集する手順は、次のとおりです。

[ 構成] > [仮想 WAN] > [管理設定の変更] に移動します。スケジュール情報を編集するサイトを選択し、[ 編集] をクリックします。

ローカライズされた画像

次のパラメータを編集できます。

  • サイト名:各サイトの構成エディタでユーザーが指定したアプライアンス名。
  • 日付: スケジュールされたインストール/アップグレードの開始日です。
  • 時間:ファイルの受信後にインストールを行う必要があるアプライアンスの現地時間。有効なフォーマットは HH: MM: SS です。
  • メンテナンスウィンドウ:インストールのためにユーザーが指定した時間。「0」を指定すると、日付と時刻フィールドで指定された日付と時刻の値に関係なく、ファイルがアプライアンスに存在するとすぐにインストールが開始されます。
  • Repeat Window:システムが新しいアップグレードバージョンをチェックし、新しいバージョンが利用可能になったときにだけアップグレードを実行する頻度。
  • 単位: 新しいバージョンをチェックするために選択した単位は、時間/日/週/月のいずれかです。

ローカライズされた画像

次に、サポートされているステータスの詳細を含むスケジュール情報の例を示します。

ローカライズされた画像

スケジュール情報のステータス スケジュール情報のステータス
緑のチェックマーク アップグレードは成功しました。
オレンジ色の感嘆符 Applianceは、必要なコンポーネントをすべて受信しました。スケジュールされたインストール・ウィンドウの開始を待機しています。
黄色の円 変更管理が実行されていません。アクションは必要ありません。
赤十字マーク OS コンポーネントのインストール中にエラーが発生しました。変更管理をもう一度試してください。問題が解決しない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。
オレンジ色の点線 ファイルがアプライアンスに転送されています。
黄色の点線 アップグレードが進行中です。

管理設定の変更