ワンタッチスタート

タッチスタート後は、初回起動時にSD-WANアプライアンスをクライアントとして簡単かつ迅速に設定できます。 アプライアンスを初めて起動すると、ワンタッチ起動オプションが表示されます。

ローカライズされた画像

SD-WAN アプライアンスを MCN として設定するには、構成 エディタを使用して構成を作成するか、既存の構成をインポートします。詳細については、「MCN での SD-WAN アプライアンスパッケージの準備」を参照してください。

既存の構成ファイルを使用して SD-WAN アプライアンスをクライアントとして設定するには:

  1. アプライアンスモードとして [ クライアント ] を選択します。
  2. [ 既存のパッケージ インストールモード] を選択します。管理者は、MCN の既存のパッケージを使用するには、MCN の設定を定期的に保存する必要があります。
  3. [ ファイルの選択 ] をクリックして、ローカルコンピュータから構成パッケージを選択します。
  4. [ アップロードとインストール] をクリックします。

ローカル変更管理を使用して SD-WAN アプライアンスをクライアントとして設定するには:

  1. アプライアンスモードとして [ クライアント ] を選択します。

  2. [ Create New Package ] を選択して、ローカル変更管理を使用してこのアプライアンスの構成パッケージをアップロードします。パッケージは、変更管理画面から MCN アプライアンスからダウンロードできます。

  3. [次へ] をクリックします。

  4. [ ローカル変更管理に移動] をクリックします。

ローカライズされた画像

トピッククライアントへの SD-WAN アプライアンスパッケージのインストールの手順に従います。

ワンタッチスタート