Citrix SD-WAN

クライアントへの SD-WAN アプライアンスパッケージのインストール

アプライアンスパッケージを準備し、MCN を接続し、ブランチサイト管理者がそれぞれのクライアントアプライアンスを LAN および WAN に接続したら、次のステップは、各クライアントで適切な SD-WAN アプライアンスパッケージをアップロードしてアクティブ化することです。変更管理ウィザードの指示に従って、このプロセスを実行します。

クライアントアプライアンスにソフトウェアと構成をインストールしてアクティブ化するには、次の手順に従います。

  1. 接続されている PC でブラウザを開き、MCN アプライアンスの管理 Web インターフェイスにログオンします。

ブラウザアドレスフィールドに MCN の管理 IP アドレスを入力します。MCN アプライアンスの [管理 Web インターフェイス ダッシュボード ] ページが表示されます。

  1. [構成]タブを選択します。左側のナビゲーションペインで、[ 仮想 WAN ] を選択し、[ 変更管理] を選択します

これにより、「 変更プロセスの概要 」ページ(「 変更管理」 ウィザードの最初のページ)が表示されます。

ローカライズされた画像

このページの下部には、個々のサイトとアプライアンスを一覧表示する表が表示されます。「パッケージの ダウンロード」 列の表の右端には、「 アクティブ」 (使用可能な場合) と「 ステージングされたパッケージ」のリンクがあります。

ローカライズされた画像

これが初期インストールの場合、 アクティブ リンクはまだ利用できず、プレーンテキストマーカー none に置き換えられます

  1. ダウンロードするパッケージの [ Staged] リンクをクリックします。

サイトアプライアンスの テーブルで、サイトアプライアンスのエントリを探し、そのエントリの「パッケージの ダウンロード」 列の「 ステージング」 リンクをクリックします。(ローカル PC 上の) ダウンロード場所を選択するためのファイルブラウザが表示されます。

  1. ダウンロード先を選択し、[ OK] をクリックします。

  2. (オプション)ダウンロードが完了したら、MCN 管理 Web インターフェイスからログアウトします。

  3. ブラウザを開き、アプライアンス・パッケージの.zipファイルをアップロードするクライアントのIPアドレスを入力します。

管理 Web インターフェイスのブラウザ証明書の警告は無視してください。

これにより、クライアントアプライアンスの[Citrix SD-WAN管理Webインターフェイスのログイン]画面が開きます。

ローカライズされた画像

  1. 管理者のユーザー名とパスワードを入力し、[ Login] をクリックします。デフォルトの管理者ユーザ名は admin です。デフォルトのパスワードは passwordです。

これにより、クライアントアプライアンスの [管理 Web インターフェイス ダッシュボード ] ページが表示されます。

ローカライズされた画像

これが初期インストールの場合、またはこのアプライアンスで仮想 WAN サービスを一時的に無効にした場合は、仮想 WAN サービスが非アクティブまたは無効であることを示すステータスメッセージと共に、金色の監査アラートアイコンが表示されます。現時点では、このアラートは無視できます。インストールが完了した後、サービスを手動で開始するまで、アラートは [ ダッシュボード] ページに残ります。

  1. [構成]タブを選択します。

  2. ナビゲーション・ツリー(左ペイン)で「システムメンテナンス」ブランチを開き、「 ローカル変更管理」を選択します

アプライアンスパッケージをアップロードするための「 ローカルアプライアンス変更プロセスのアップロード 」ページが表示されます。

ローカライズされた画像

  1. 「商品の アップロード」 ラベルの横にある「ファイルを選択」をクリックします。

これにより、クライアントにアップロードするアプライアンス・パッケージを選択するためのファイル・ブラウザが開きます。

  1. MCN からダウンロードした SD-WAN アプライアンスパッケージ zip ファイルに移動し、それを選択して、[ OK] をクリックします

  2. アップロード」をクリックします

アップロード処理が完了するまで数秒かかります。完了すると、「 アップロードが完了しました」というステータスメッセージが表示されます(ページの左中央)。

ローカライズされた画像

  1. [ 次へ] をクリックします

これにより、指定したソフトウェアパッケージがアップロードされ、[ローカル変更管理の アクティブ化 ] ページが表示されます。

ローカライズされた画像

  1. [ステージング をアクティブ化] をクリックします

これにより、アクティブ化操作の確認を求めるダイアログボックスが表示されます。

ローカライズされた画像

  1. [ OK] をクリックします

これにより、新しくインストールされたパッケージがアクティブになり、初期展開でない場合は、クライアントアプライアンスで仮想 WAN サービスが起動します。この処理には数秒かかります。この間、進捗状況メッセージが表示されます。

ローカライズされた画像

アクティベーションが完了すると、 アクティベーションが完了したことを示すステータスメッセージが表示され、** [ **完了] ボタンが使用可能になります。

ローカライズされた画像

  1. [ 完了 ] をクリックしてウィザードを終了し、アクティブ化の結果を表示します。

アクティブ化の完了後、[ アクティブ化]ページの [ 完了 ] をクリックして、[管理 Web Interface ダッシュボード] ページに戻ります。

これが初期展開でない場合、このページには、現在アクティブなバージョンのソフトウェアパッケージ、OSパーティション、および仮想パスのステータスに関する更新された情報が表示されます。これが初期インストールの場合、「監査アラート」アイコンと、Virtual WAN サービスが非アクティブまたは無効であることを示すステータスメッセージが表示されます。この場合、「仮想 WAN サービスの有効化」の説明に従って、サービスを手動で 有効にする必要があります

次の図は、アラート・アイコンとステータス・メッセージを表示するクライアント Dashboard ページのサンプルを示しています。

ローカライズされた画像

SD-WAN の初期展開を完了するための最後の手順は、仮想 WAN サービスを有効にすることです。手順については、「仮想 WAN サービスの 有効化」の項を参照してください

クライアントへの SD-WAN アプライアンスパッケージのインストール