Citrix SD-WAN

アプライアンスハードウェアの設定

Citrix SD-WANアプライアンスのハードウェア(物理アプライアンス)をセットアップするには、次の手順に従います。

  1. シャーシをセットアップします。

Citrix SD-WANアプライアンスは、標準ラックにインストールできます。デスクトップに設置する場合は、シャーシを平らな場所に置きます。適切な換気のために、アプライアンスの側面と背面に最低2インチの隙間があることを確認してください。

  1. 電源を接続します。

  2. 電源スイッチが [Off] に設定されていることを確認します。
  3. 電源コードをアプライアンスとACコンセントに差し込みます。
  4. アプライアンスの前面にある電源ボタンを押します。

  5. 電源を接続します。

  6. 電源スイッチが [Off] に設定されていることを確認します。
  7. 電源コードをアプライアンスとACコンセントに差し込みます。
  8. アプライアンスの前面にある電源ボタンを押します。

  9. アプライアンスの管理ポートをパーソナル・コンピュータに接続します。

アプライアンスの管理 IP アドレスを設定して、次の手順を完了する準備として、アプライアンスをPCに接続する必要があります。

アプライアンスを接続する前に、PC でイーサネットポートが有効になっていることを確認します。イーサネット・ケーブルを使用して、SD-WANアプライアンス管理ポートをパーソナル・コンピュータのデフォルトのイーサネット・ポートに接続します。

SD-WAN VPX-SE 管理ポート

SD-WAN VPX-SE 仮想アプライアンスは仮想マシンであるため、物理的な管理ポートはありません。ただし、VPX仮想マシンの作成時に SD-WAN VPX-SE の管理 IP アドレスを構成しなかった場合は、「SD-WAN VPX-SE の管理 IP アドレスの 構成」セクションで説明されているように、ここで構成する必要があります

SD-WAN VPX-SE 仮想アプライアンスは仮想マシンであるため、物理的な管理ポートはありません。ただし、VPX仮想マシンの作成時に SD-WAN VPX-SE の管理 IP アドレスを構成しなかった場合は、「SD-WAN VPX-SE の管理 IP アドレスの 構成」セクションで説明されているように、ここで構成する必要があります

アプライアンスハードウェアの設定