Citrix SD-WAN

管理 IP アドレスの設定

SD-WAN アプライアンスへのリモートアクセスを有効にするには、アプライアンスに一意の管理 IP アドレスを指定する必要があります。そのためには、まずアプライアンスをPCに接続する必要があります。その後、PC上でブラウザを開き、アプライアンスの管理Webインターフェイスに直接接続し、そのアプライアンスの管理IPアドレスを設定できます。管理 IP アドレスは、アプライアンスごとに一意である必要があります。

ハードウェアSD-WANアプライアンスとVPX仮想アプライアンス(Citrix SD-WAN VPX-SE)の管理IPアドレスを設定する手順は、異なります。アプライアンスの各タイプにアドレスを設定する手順については、以下を参照してください。

ハードウェア SD-WAN アプライアンスの管理 IP アドレスを設定するには、次の手順を実行します。

ネットワークに追加するハードウェアアプライアンスごとに、次のプロセスを繰り返す必要があります。

  1. ハードウェア SD-WAN アプライアンスを構成する場合は、アプライアンスを物理的に PC に接続します。

    • Ethernetケーブルの一方の端をアプライアンスの管理ポートに接続し、もう一方の端をPCのデフォルトのEthernetポートに接続します。

    アプライアンスへの接続に使用している PC で Ethernet ポートが有効になっていることを確認します。

  2. アプライアンスの管理IPアドレスの設定に使用しているPCの現在のイーサネットポート設定を記録します。

    アプライアンスの管理 IP アドレスを設定する前に、PC の イーサネットポート 設定を変更する必要があります。管理 IP アドレスの構成後に復元できるように、元の設定を必ず記録してください。

  3. PC の IP アドレスを変更します。

    PC で、ネットワークインターフェイス設定を開き、PC の IP アドレスを次のように変更します。

    • 192.168.100.50
  4. PC の [ サブネットマスク ] 設定を次のように変更します。

    • 255.255.0.0
  5. PC上でブラウザを開き、アプライアンスのデフォルトのIPアドレスを入力します。ブラウザのアドレス行に次の IP アドレスを入力します。

    • 192.168.100.1

    SD-WAN アプライアンスに接続する場合は、Google Chrome ブラウザを使用することをお勧めします。

    管理 Web インターフェイスのブラウザ証明書の警告を無視します。

    接続されているアプライアンスで SD-WAN 管理 Web インターフェイスのログイン画面が開きます。

  6. 管理者のユーザー名とパスワードを入力し、[ Login] をクリックします。

    • デフォルトの管理者ユーザー名: admin

    • デフォルトの管理者パスワード: パスワード

    デフォルトのパスワードを変更することをお勧めします。パスワード回復には設定のリセットが必要になる場合があるため、パスワードは安全な場所に記録してください。

    管理 Web インターフェイスにログインすると、次に示すように [ ダッシュボード ] ページが表示されます。

    ダッシュボード GUI

    アプライアンスの管理 Web インターフェイスに初めてログインすると、 ダッシュボード に Alert アイコン(goldenrod dtela)と SD-WAN サービスが無効になっていてライセンスがインストールされていないことを示すアラートメッセージが表示されます。現時点では、このアラートは無視できます。アラートは、ライセンスをインストールし、アプライアンスの構成と展開プロセスを完了した後に解決されます。

  7. メインメニューバーで、[ 構成 ] セクションタブを選択します。

    これにより、画面の左ペインに [ 構成 ] ナビゲーションツリーが表示されます。[ 構成 ] ナビゲーションツリーには、次の 3 つの主要なブランチがあります。

    • アプライアンスの設定
    • 仮想 WAN
    • システムメンテナンス

    構成 ]タブを選択すると、[ アプライアンスの設定 ]ブランチが自動的に開きます。デフォルトでは、[ 管理者インタフェース ]ページが選択されています(次の図を参照)。

    管理インターフェイス

  8. ナビゲーション・ツリーの「 アプライアンス設定 」ブランチで、「 ネットワーク・アダプタ」を選択します。これにより、[ ネットワークアダプタ ] 設定ページが表示され、次の図に示すように、[ IP アドレス ] タブが既定で事前に選択されています。

    ネットワーク・アダプタ

  9. [ IP Address ] タブページで、設定する SD-WAN アプライアンスの次の情報を入力します。

    • IPアドレス
    • サブネット マスク
    • ゲートウェイの IP アドレス

    管理 IP アドレスは、アプライアンスごとに一意である必要があります。

  10. [設定の変更] をクリックします。確認ダイアログボックスが表示され、これらの設定を変更することを確認するメッセージが表示されます。

  11. [OK] をクリックします。

  12. PC のネットワークインターフェイス設定を元の設定に戻します。

    PC の IP アドレスを変更すると、アプライアンスへの接続が自動的に終了し、管理 Web インターフェイスでのログインセッションが終了します。

  13. PC からアプライアンスを切断し、アプライアンスをネットワークルータまたはスイッチに接続します。イーサネットケーブルを PC から取り外します。ただし、アプライアンスからは取り外さないでください。ケーブルの空き端をネットワークルータまたはスイッチに接続します。

    これで、SD-WAN アプライアンスがネットワークに接続され、ネットワークで使用できるようになります。

  14. 接続をテストします。ネットワークに接続されたPCで、ブラウザを開き、アプライアンス用に構成した管理IPアドレスを入力します。

    接続に成功すると、構成したアプライアンスの SD-WAN 管理 Web インターフェイスの [ ログイン ] 画面が表示されます。

    ヒント

    接続を確認した後、管理 Web インターフェイスからログアウトしないでください。これを使用して、以降のセクションで説明した残りのタスクを完了します。

    これで、SD-WAN アプライアンスの管理 IP アドレスを設定し、ネットワーク上の任意の場所からアプライアンスに接続できるようになりました。

管理 IP アドレスの設定