Citrix SD-WAN

アラームの設定

SD-WAN アプライアンスを設定して、ネットワークと優先順位に基づいてアラーム状態を特定し、アラートを生成し、電子メール、syslog、または SNMP トラップ経由で通知を受信できるようになりました。

アラームは、イベントタイプ、トリガー状態、クリア状態、重大度で構成されたアラートです。

アラーム設定を構成するには:

  1. SD-WAN Web 管理インターフェイスで、[ 構成] > [ **アプライアンスの設定 ]> [ **ログ/監視 ] に移動し、[ アラームオプション] をクリックします

  2. [ Add Alarm] をクリックして、新しいアラーム を追加します。

ローカライズされた画像

  1. 次のフィールドの値を選択または入力します。
  • イベントタイプ:SD-WAN アプライアンスは、ネットワーク内の特定のサブシステムまたはオブジェクトに対してアラームをトリガーできます。これらはイベントタイプと呼ばれます。使用可能なイベントタイプは、SERVICE、VIRTUAL_PATH、WANLINK、PATH、DYNAMIC_VIRTUAL_PATH、WAN_LINK_CONGESTION、USAGE_CONGESTION、FAN、POWER_SUPPLY、PROXY_ARP、ETHERNET、DISCOVERED_MTU、GRE_TUNNEL、IPSEC_TUNNELです。
  • トリガー状態: イベントタイプのアラームをトリガーするイベント状態。使用可能なトリガー状態オプションは、選択したイベントタイプによって異なります。
  • Trigger Duration:秒単位の期間。アプライアンスがアラームをトリガーする速度を決定します。即時アラートを受信するには「0」を入力するか、15〜7200秒の値を入力します。Trigger Duration 期間内に同じオブジェクトでさらにイベントが発生すると、アラームはトリガーされません。イベントが Trigger Duration 期間よりも長く持続する場合のみ、より多くのアラームがトリガーされます。
  • [ Clear State]:アラームがトリガーされた後に、イベントタイプのアラームをクリアするイベント状態。使用可能なClear Stateオプションは、選択したトリガー状態によって異なります。
  • [ Clear Duration]: アラームをクリアするまでの待機時間を秒単位で指定します。「0」と入力してアラームをただちにクリアするか、15-7200 秒の値を入力します。指定された時間内に同じオブジェクトで別のクリア状態イベントが発生した場合、アラームはクリアされません。
  • 重大度:アラームの緊急度を決定するユーザー定義のフィールド。重大度は、アラームがトリガーまたはクリアされたときに送信されるアラートと、トリガーされたアラームの概要に表示されます。
  • Email:イベントタイプのアラームトリガーとクリアアラートが電子メールで送信されます。
  • Syslog:イベントタイプのアラームトリガーとクリアアラートは、Syslog 経由で送信されます。
  • SNMP:イベントタイプのアラームトリガーおよびクリアアラートは、SNMP トラップを介して送信されます。
  1. 必要に応じて、引き続きアラームを追加します。

  2. [Apply Settings]をクリックします。

トリガーされたアラームの表示

トリガーされたすべてのアラームの要約を表示するには、次の手順を実行します。

SD-WAN Web 管理インターフェイスで、[ 構成 ] > [ システムメンテナンス] > [診断] >[ アラーム] に移動します

トリガーされたすべてのアラームのリストが表示されます。

ローカライズされた画像

トリガーされたアラームのクリア

トリガーされたアラームを手動でクリアするには、次の手順を実行します。

  1. SD-WAN Web 管理インターフェイスで、[ 構成 ] > [ システムメンテナンス] > [診断] >[ アラーム] に移動します
  2. [ Clear Action] 列で、クリアするアラームを選択します。
  3. [チェック済みアラームを クリア] をクリックします。または、[ Clear All Alarms ] をクリックして、すべてのアラームをクリアします。
アラームの設定