Citrix SD-WAN

ロールバックの構成

構成ロールバック機能を使用すると、変更管理システムは、以前にアクティブなソフトウェア/構成に戻すことによって、特定のソフトウェア/構成エラーを検出して回復できます。すべての障害モードがロールバックされるわけではありません。この機能は、ネットワークの停止とアプライアンスのクラッシュを検出できます。

構成ロールバック機能はデフォルトで有効になっています。この機能を無効にするには、変更管理ウィザードの [ アクティブ化 ] タブの [ エラー時に元に戻す ] オプションのチェックを外します。

ローカライズされた画像

MCN からステージングされたパッケージをアクティブ化しているときに、クライアントでシステム設定エラーが発生すると、クライアントは以前のソフトウェア設定に戻り、次のスクリーンショットに示すようなエラーメッセージが表示されます。

アプライアンスクラッシュが検出された場合は、クライアントは SOFTWARE_UPDATE オブジェクトの重大度イベントを生成します。ネットワークの停止が検出された場合は、CONFIG_UPDATE オブジェクトの重大度イベントを生成します。

ローカライズされた画像

「エラー時に元に戻す 」が有効な場合、クライアントアプライアンスは自身を約30分間監視します。30 分以内にソフトウェアがクラッシュした場合、またはネットワークが 30 分間ダウンしている場合(MCN への仮想パスを確立できない場合)、ロールバックがトリガーされます。

次のスクリーンショットに示すように、MCN では、エラーメッセージが表示されます。クライアントがネットワークに再加入すると、発生したエラーの種類が報告されます。エラー数の要約カウントがエラーメッセージに表示されます。

ローカライズされた画像

MCN の [ Change Management ] ウィンドウには、サイト・アプライアンスの状態が表示され、そのサイトでソフトウェアエラーまたは構成エラーが発生したかどうかが示されます。

ロールバックの構成