Citrix SD-WAN

Web インターフェイス (UI) レイアウトの概要

このセクションでは、基本的なナビゲーション手順と、SD-WAN Web 管理インターフェイスページ階層のナビゲーションロードマップについて説明します。また、 構成エディタ および 変更管理ウィザードの具体的な操作手順も説明します

基本的なナビゲーション

以下の図は、Web管理インタフェースの基本的なナビゲーション要素と、それらを識別するために使用される用語の概要を示しています。

ローカライズされた画像

基本的なナビゲーション要素は次のとおりです。

  • タイトル・バー :アプライアンスのモデル番号、アプライアンスのホストIPアドレス、アプライアンスで現在実行中のソフトウェア・パッケージのバージョン、および現在のログイン・セッションのユーザー名が表示されます。タイトルバーには、セッションを終了するための [ ログアウト ] ボタンも含まれています。

  • メイン・メニュー・バー :これは、すべての管理 Web Interface画面のタイトル・バーの下に表示されるバーです。これには、選択したセクションのナビゲーション・ツリーおよびページを表示するためのセクション・タブが含まれます。

  • セクションタブ — セクションタブは、ページ上部のメインメニューバーにあります。これらは、Web管理インタフェースのページおよびフォームの最上位カテゴリです。各セクションには、そのセクションのページ階層を移動するための独自のナビゲーションツリーがあります。セクション・ タブをクリックすると、そのセクションのナビゲーション・ツリーが表示されます。

  • ナビゲーション・ツリー :ナビゲーション・ツリーは、左ペインのメイン・メニュー・バーの下にあります。これにより、セクションのナビゲーションツリーが表示されます。セクションタブをクリックして、そのセクションのナビゲーションツリーを表示します。ナビゲーションツリーには、次の表示オプションとナビゲーションオプションが用意されています。

    • セクション・タブをクリックすると、そのセクションのナビゲーション・ツリーおよびページ階層が表示されます。

    • ツリー内の分岐の横にある [+] (プラス記号) をクリックすると、その分岐トピックで使用可能なページが表示されます。

    • ページ名をクリックすると、そのページがページ領域に表示されます。

    • ブランチ項目の横にある「-」(マイナス記号) をクリックして、ブランチを閉じます。

  • ブレッドクラム -現在のページへのナビゲーションパスを表示します。ブレッドクラムは、ページ領域の上部、メインメニューバーのすぐ下にあります。アクティブなナビゲーションリンクは青いフォントで表示されます。現在のページの名前は、黒の太字フォントで表示されます。

  • ページ領域 -これは、選択したページのページ表示および作業領域です。ナビゲーションツリーでアイテムを選択すると、そのアイテムのデフォルトページが表示されます。

  • ページタブ — 一部のページには、そのトピックまたは設定フォームの子ページをさらに表示するためのタブがあります。これらは、ページ領域の上部、ブレッドクラム表示のすぐ下にあります。「 変更管理」 ウィザードでは、タブがページ領域の左ペイン、ナビゲーション・ツリーとページの作業領域の間にある場合があります。

  • ページ領域のサイズ変更 — ページによっては、ページ領域 (またはそのセクション) の幅を拡大または縮小して、テーブルまたはフォーム内のフィールドをさらに表示することができます。この場合、ページ領域ペイン、フォーム、またはテーブルの右枠にグレーの縦のサイズ変更バーが表示されます。カーソルが双方向矢印に変わるまで、サイズ変更バーの上にカーソルを移動します。次に、バーをクリックして右または左にドラッグし、領域の幅を拡大または縮小します。

    ページでサイズ変更バーを使用できない場合は、ブラウザの右端をクリックしてドラッグし、ページ全体を表示できます。

Web 管理インターフェイスのダッシュボード

Dashboard セクション・タブをクリックして、ローカル・アプライアンスの基本情報を表示します。

ダッシュボード ]ページには、アプライアンスの次の基本情報が表示されます。

  • システムステータス

  • 仮想パスサービスのステータス

  • ローカルアプライアンスソフトウェアパッケージのバージョン情報

次の図は、マスターコントロールノード(MCN)アプライアンスの ダッシュボード 表示の例を示しています。

ローカライズされた画像

次の図は、クライアントアプライアンスの Dashboard ディスプレイの例を示しています。

ローカライズされた画像

構成エディタ

構成エディタを使用すると、仮想 WAN アプライアンスサイト、接続、最適化、Provisioning の追加と構成、仮想 WAN 構成の作成と定義を行うことができます。

構成エディタは、Web 管理インターフェイスが MCN コンソールモードの場合にだけ使用できます。デフォルトでは、新しいアプライアンスのWeb Interfaceがクライアントモードに設定されています。構成エディタにアクセスする前に、モード設定を MCN コンソールに変更する必要があります。手順については、「管理 Web インターフェイスを MCN コンソールモード に切り替える」を参照してください。

構成エディタに移動するには、次の操作を行います。

  1. MCN アプライアンスの Web 管理インターフェイスにログインします。1.[ 構成]タブを選択します。1.ナビゲーション・ツリーで、ツリーの [ Virtual WAN] ブランチの横にある [ **+] をクリックします。これにより、仮想 WANカテゴリで使用可能なページが表示されます。1。ツリーの [仮想 WAN] ブランチで、[ **構成エディタ] を選択します

次の図は、 Configuration Editor の基本的なナビゲーション要素とページ要素、およびそれらを識別するために使用される用語の概要を示しています。

ローカライズされた画像

ここでは、このガイドで参照されている Configuration Editor の主な ナビゲーション要素について説明します。

  • 構成エディタのメニューバー — これは、ページ領域の上部、ブレッドクラム・リンクのすぐ下にあります。メニューバーには、 構成エディタ 操作のプライマリアクティビティボタンが含まれています。さらに、メニューバーの右端には、 Configuration Editor のチュートリアルを開始するための [チュートリアルの 表示]リンクボタンがあります。このチュートリアルでは、構成エディタ 表示の各要素について、一連のバブルの説明を順を追って説明します。

  • 構成エディタのセクションツリー — これは、 構成エディタの ページ領域の左ペインにある濃いグレーのバーのスタックです。各グレーのバーは、トップレベルのセクションを表します。セクション名をクリックすると、そのセクションのサブブランチが表示されます。

  • セクションツリーブランチ — セクションツリーでセクション名をクリックすると、セクションブランチが開きます。各セクションブランチには、構成カテゴリとフォームのサブブランチが 1 つ以上含まれ、さらに子ブランチとフォームを含めることができます。

  • [ サイト] ツリー — 構成エディタで現在開いている構成に追加されているサイトノードの一覧が表示されますセクションツリーで。サイト名をクリックすると、そのサイトのブランチが開きます。ブランチを閉じるには、サイトをクリックします。サイト ツリーおよび構成フォームを操作して使用する方法の詳細については、次のセクションを参照してください。

  • 監査ステータスバー — これは、[ 構成エディタ]ページの下部にある濃いグレーのバーで、管理 Web Interface 画面の全幅にまたがります。[ 監査 ] ステータスバーは、構成エディタが開 いている場合にのみ使用できます。ステータスバーの左端にある監査アラートアイコン(赤い点またはゴールデンロッドデルタ)は、現在開いている構成に1つ以上のエラーが存在することを示します。ステータスバーをクリックすると、その構成のすべての未解決の監査アラートの完全なリストが表示されます。

変更管理ウィザード

変更管理 ウィザードでは、マスターコントロールノード (MCN) アプライアンスおよびクライアントアプライアンスでの仮想 WAN ソフトウェアおよび構成のアップロード、ダウンロード、ステージング、アクティブ化のプロセスを順を追って実行できます。変更管理 ウィザードには、次の 2 つのバージョンがあります。1 つは仮想 WAN システム全体 (「グローバル」) の変更管理用、もう 1 つはローカルの変更管理用です。

  • MCN (グローバル) 変更管理ウィザード — MCN グローバル変更管理 ウィザードはプライマリ (メイン) バージョンであり、MCN アプライアンス Web 管理インターフェイスでのみ使用できます。これを使用して、ネットワーク内の仮想 WAN アプライアンスの種類ごとに展開する仮想 WAN アプライアンスパッケージを生成します。また、ウィザードを使用して、仮想 WAN にすでにデプロイされているアプライアンスに構成の変更を自動的に反映することもできます。基本的な操作手順については、以下の「MCN グローバル変更管理ウィザードの使用」の項を参照してください。MCN グローバル 変更管理 ウィザードを使用してアプライアンスパッケージを作成する手順については、「MCN での仮想 WAN アプライアンスパッケージの 準備」を参照してください

  • ローカル変更管理ウィザード — ローカル変更管理 ウィザードは、MCN アプライアンスとすべてのクライアントノードアプライアンスの両方で実行されている Web 管理インターフェイスで使用できます。これを使用して、仮想 WAN に追加するローカルアプライアンス上で適切な仮想 WAN アプライアンスパッケージをアップロード、ステージングおよびアクティブ化します。また、このウィザードを使用して、更新されたアプライアンスパッケージをローカルMCN、またはネットワークにすでに展開されている個々のローカル仮想WANアプライアンスにアップロードすることもできます。

MCN グローバル変更管理ウィザードの使用

MCN グローバル 変更管理 ウィザードを開くには、次の手順を実行します。

  1. MCN アプライアンスの Web 管理インターフェイスにログインします。
  2. [構成]タブを選択します。ナビゲーション・ツリーで、ツリーの [ Virtual WAN]ブランチの** 横にある [ **+] をクリックします。
  3. 仮想 WAN ブランチで。「 変更管理」を選択します

次の図に示すように、「 変更管理」 ウィザードの最初のページである「変更プロセスの概要」ページが表示されます。

ローカライズされた画像

  1. ウィザードを開始するには、[ 開始] をクリックします

ウィザードを使用してアプライアンスでSD-WANソフトウェアをアップロード、ステージングおよびアクティブ化するための詳細な手順については、次のセクションを参照してください。

変更管理 ウィザードには、次のナビゲーション要素があります。

  • ページ領域 - 変更管理 ウィザードの各ページのフォーム、テーブル、およびアクティビティボタンが表示されます。

  • 変更管理ウィザードのページ・タブ :ページ・タブは、ウィザードの各ページのページ領域の左ペインにあります。タブは、ウィザードプロセスで対応する手順が実行された順に一覧表示されます。タブがアクティブになっている場合、タブをクリックしてウィザードの前のページに戻ることができます。タブがアクティブな場合、名前は青いフォントで表示されます。グレーのフォントは、非アクティブなタブを示します。すべての依存関係(前の手順)がエラーなしで実行されるまで、タブは非アクティブです。

  • Appliance-Site テーブル :このテーブルは、ほとんどのウィザード・ページ領域の下部にあります。この表には、構成済みの各アプライアンス・サイトに関する情報と、そのアプライアンス・モデルおよびサイトのアクティブまたはステージングされたアプライアンス・パッケージをダウンロードするためのリンクが含まれています。このコンテキストのパッケージは、そのアプライアンスモデルに対応する適切な SD-WAN ソフトウェアパッケージと、指定された構成パッケージを含む Zip ファイルバンドルです。表の上** にある [ **Configuration Filenames] セクションには、ローカルアプライアンス上で現在アクティブなパッケージとステージングされたパッケージのパッケージ名が表示されます。

  • アクティブ/ステージング・ダウンロード・リンクアプライアンス・サイト 表の各エントリの「 Download Package」 フィールド(右端の列)にあります。エントリ内のリンクをクリックして、そのアプライアンスサイトのアクティブなパッケージまたはステージングされたパッケージをダウンロードします。

  • [ 開始] :[ 開始 ] をクリックして [ 変更管理] ウィザードプロセスを開始し、[ 変更の準備 ] タブページに進みます。

  • [ ステージングのアクティブ化] — これが初期展開ではなく、現在ステージングされている構成をアクティブ化する場合は、 アクティベーション ステップに直接進むことができます。[ Activate Staged ] をクリックして直接 [Activate Activation] ページに進み、現在ステージングされている構成のアクティベーションを開始します。

Web インターフェイス (UI) レイアウトの概要