Citrix SD-WAN

セッションのタイムアウト

設定を保存する前にコンソールセッションがタイムアウトするか、管理 Web Interface からログアウトすると、保存されていない設定の変更はすべて失われます。その後、システムに再度ログインし、最初から設定手順を繰り返す必要があります。そのため、構成パッケージを作成または変更したり、その他の複雑なタスクを実行したりするときは、コンソールセッションの タイムアウト 間隔を高い値に設定することをお勧めします。デフォルトは 60 分です。最大値は9,999分です。セキュリティ上の理由から、これらのタスクを完了した後、しきい値を下限値にリセットする必要があります。

コンソールセッションの タイムアウト 間隔をリセットするには、次の手順を実行します。

  1. 構成 ]タブを選択し、ナビゲーション・ツリーで[ アプライアンスの設定 ]ブランチを選択します。

    これにより、「 アプライアンスの設定 」ページが表示され、デフォルトで「 ユーザー・アカウント 」タブが事前に選択されています。

    ローカライズされた画像

  2. [ その他 ] タブ (右端隅) を選択します。

    その他 」タブ・ページが表示されます。

    ローカライズされた画像

  3. コンソールの [ タイムアウト ] 値を入力します。

    [ Webコンソールの **タイムアウト の変更** ] セクションの [タイムアウト] フィールドに、最大値 9999 まで大きい値(分単位)を入力します。デフォルトは 60 で、初期設定セッションでは短すぎます。

    セキュリティ上の理由から、設定および展開が完了したら、この値を低い間隔にリセットしてください。

  4. [ タイムアウトの変更] をクリックします。

    これにより、セッションの タイムアウト 間隔がリセットされ、操作が完了すると成功メッセージが表示されます。

    ローカライズされた画像

    短い間隔(数秒間)の後、セッションは終了し、管理 Web インターフェイスから自動的にログアウトされます。[ログイン] ページが表示されます。

    ローカライズされた画像

  5. 管理者のユーザー名(admin)とパスワード(パスワード)を入力し、「 ログイン」をクリックします。

    次のステップは、SD-WAN ソフトウェアライセンスファイルをアプライアンスにアップロードしてインストールすることです。

セッションのタイムアウト