ブランチ・サイトのクローン作成(オプション)

このセクションでは、新しいブランチサイトをクローンして、ブランチサイトを追加するための部分テンプレートとして使用する方法について説明します。

サイトのクローン作成はオプションです。Virtual WAN アプライアンスモデルは、元のサイトとクローンサイトの両方で同じである必要があります。クローンの指定したアプライアンスモデルを変更することはできません。アプライアンスモデルがサイトによって異なる場合は、前のセクションで説明したように、サイトを手動で追加する必要があります。

サイトのクローンを作成すると、ブランチノードの追加と構成プロセスが合理化されます。サイトを複製すると、サイトの構成設定のセット全体がコピーされ、単一のフォームページに表示されます。その後、新しいサイトの要件に従って設定を変更できます。元の設定の一部は、該当する場合は、保持できます。ただし、ほとんどの設定はサイトごとに一意である必要があります。

サイトのクローンを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 構成エディタ の[ サイト]ツリー(中央のペイン)で、複製するブランチサイトをクリックします。

    これにより、サイトツリーでその サイト ブランチが開き、「 クローン 」ボタン(ダブルページアイコン)と「削除」ボタン(ゴミ箱アイコン)が表示されます。

  2. ツリー内のブランチサイト名の右側にある [ クローン ] アイコンをクリックします。

    これにより、 クローンサイトの 構成ページが開きます。

    ローカライズされた画像

  3. 新しいサイトの構成パラメータ設定を入力します。

    監査アラートのアイコン (赤いドット) が付いたピンクのフィールドは、必須パラメータ設定を示します。必須パラメータ設定には、元のクローンサイトの設定とは異なる値が必要です。通常、この値は一意である必要があります。

    ヒント

    クローン作成プロセスをさらに効率化するには、クローンの名前を付けるときに、一貫性のある事前定義された命名規則を使用します。

  4. すべての監査アラートを解決します。

    エラーを診断するには、[ Audit Alert ] アイコン(赤い点またはゴールデンロッドのデルタ)にカーソルを合わせて、特定のアラートのバブルヘルプを表示します。

  5. クローン 」(右端隅) をクリックしてサイトを作成し、「サイト」(S it es) テーブルに追加します。

    [ クローン ] ボタンは、必要な値をすべて入力するまで使用できず、新しいサイト構成にエラーがない状態になります。

  6. (オプション)。設定への変更を保存します。

    追加の予防策として、誤った構成パッケージを上書きしないように、 [保存] ではなく [名前を付けて保存]を使用することをお勧めします。既存の構成に保存する前に、[ 上書きを許可 ] を選択してください。そうしないと、変更は保存されません。

    追加するブランチサイトごとに、この時点までの手順を繰り返します。

    すべてのサイトの追加が完了したら、次の手順では、監査アラートの構成を確認し、必要に応じて修正または追加を行います。

ブランチ・サイトのクローン作成(オプション)