DHCP クライアントによる WAN リンク IP アドレスの学習

Citrix SD-WAN アプライアンスは、DHCPクライアントを介したWANリンクのIPアドレス学習をサポートします。この機能により、SD-WAN アプライアンスの導入に必要な手動設定の量が削減され、静的 IP アドレスを購入する必要がなくなり、ISP コストが削減されます。SD-WAN アプライアンスは、信頼できないインターフェイス上の WAN リンクのダイナミック IP アドレスを取得できます。これにより、中間 WAN ルータがこの機能を実行する必要がなくなります。

  • DHCP クライアントは、クライアントノードとして設定されている信頼できないブリッジドインターフェイスに対してのみ設定できます。
  • データポート用の DHCP クライアントは、非 MCN サイトまたは RCN サイトでのみ有効にできます。
  • DHCP クライアント構成のサイトでは、ワンアームまたはポリシーベースルーティング (PBR) の展開はサポートされていません。
  • DHCP イベントは、クライアントの観点からのみログに記録され、DHCP サーバーのログは生成されません。

信頼できない仮想インターフェイスに DHCP を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 構成エディターで、[ サイト ]>[サイト名]>[ インターフェイスグループ]>[ **仮想インターフェイス**]の順に選択します。

    インターフェイスグループ内の物理インターフェイスは、単一インターフェイス上の非ブリッジドペアである必要があります。

    ローカライズされた画像

  2. クライアントモードとして DHCP を選択します。

  3. [ WAN リンク ] > [ [WAN リンク名] ] > [ 設定] > [ 基本設定]に移動します。

  4. MCN でクライアントが使用する パブリック IP アドレスを検出できるようにするには、[パブリック IP の自動 検出] チェックボックスをオンにします。これは、WAN リンクに DHCP クライアントモードが設定されている場合に必要です。

    ローカライズされた画像

DHCP クライアント WAN リンクの監視

ランタイム仮想 IP アドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイの設定は、 SDWANVW_IP_learned.log というログファイルに記録され、アーカイブされます。イベントは、動的仮想 IP が学習されたとき、解放されたとき、または期限切れになったとき、および学習されたゲートウェイまたは DHCP サーバとの通信に問題があるときに生成されます。または、アーカイブされたログファイルで重複した IP アドレスが検出された場合。サイトで重複した IP が検出された場合、動的仮想 IP アドレスは解放され、サイトのすべての仮想インターフェイスが一意の仮想 IP アドレスを取得するまで更新されます。

DHCP クライアント WAN リンクを監視するには、次の手順を実行します。

  1. SD-WAN アプライアンスの [ フローの有効化/無効化/パージ ] ページで、DHCP クライアント WAN リンクテーブルに、学習した IP のステータスが表示されます。

  2. IP の更新を要求できます。これにより、リース時間が更新されます。[ Release Renew] を選択することもできます。これにより、新しいリースで新しい IP アドレスが発行されます。

    ローカライズされた画像

DHCP クライアントによる WAN リンク IP アドレスの学習