Citrix SD-WAN

DHCP サーバと DHCP リレーの設定

構成エディタを使用した DHCP サーバーと DHCP リレーの設定

構成エディターを使用して、ネットワーク上のアプライアンスの DHCP サーバーと DHCP リレー設定を構成できます。設定は、変更管理プロセスを通じて SD-WAN ネットワークのアプライアンスにプッシュされます。

構成エディタを使用してサイトを DHCP サーバーとして構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ 構成エディタ ] > [ サイト ] >[サイト名]> [DHCP] > [ サーバーサブネット] に移動します。[ +] をクリックします。

  2. 複数のドメインが存在する場合は、設定済みのルーティングドメインを選択します。

  3. DHCP 要求の受信に使用する 仮想インターフェイスを 選択します。DHCP サーバがアドレスを提供するために使用する IP サブネットは、自動入力されます。

  4. [ ドメイン名]、[ プライマリ DNS]、および [ セカンダリ DNS] を入力します。DHCP サーバはこの情報をクライアントに転送します。

  5. [ Enable ] をクリックして、サブネットを有効にします。

  6. クライアントに IP アドレスを割り当てるために使用される動的 IP アドレスプールを構成します。開始IPアドレスと終了IPアドレスの範囲を指定し、 オプションセットを選択します。

    注:

    DHCP オプションセットは、個々の IP アドレス範囲に適用できる DHCP 設定のグループです。DHCP オプションセットを作成するには、[ グローバル ] > [ DHCP オプションセット]に移動します。必要な DHCP オプションを選択し、値を指定します。

    ローカライズされた画像

  7. MAC アドレスに基づいて固定 IP アドレスを必要とする個々のホストを設定します。[ 固定 IP アドレス]、[ MAC アドレス]、および [オプションセット]を選択します。

    ローカライズされた画像

構成エディタを使用してサイトを DHCP リレーとして設定するには、次の手順を実行します。

  1. [構成 エディタ ] > [ サイト ] > [ DHCP [サイト名] ] > [ リレー] に移動します。[ +] をクリックします。

  2. 複数のドメインが存在する場合は、設定済みのルーティングドメインを選択します。

  3. リモート DHCP サーバと通信する仮想インターフェイスを選択します。

  4. クライアントからの要求と応答を転送するためにリレーが使用する DHCP サーバ IP を入力します。

    ローカライズされた画像

共通の仮想ネットワークインターフェイスを使用して単一の DHCP リレーを構成し、複数の DHCP サーバーを指すことができます。

ローカライズされた画像

DHCP サーバーデータベースからクライアントのリストを表示するには、Web 管理インターフェイスで、[ モニター ] > [ DHCP サーバー/リレー] に移動します。

ローカライズされた画像

アプライアンス設定を使用した DHCP サーバーまたは DHCP リレーとして SD-WAN アプライアンスを設定

アプライアンス設定ページから、個別の SD-WAN アプライアンスを DHCP サーバまたは DHCP リプレイとして手動で設定できます。

SD-WAN アプライアンスで DHCP サーバを有効にするには:

  1. 構成 」>「 アプライアンスの設定 」>「 ネットワークアダプタ」に移動します。[ ネットワークアダプタ ] ページで、[ 管理インターフェイス DHCP サーバー ] ペインを探します。

  2. [ DHCP サーバを有効にする ] をクリックしてサーバを起動し、 リース時間 (分単位) と [ ドメイン名] を入力し、[ 開始 IP アドレス] と [終了 IP アドレス**] を入力して IP アドレスの 範囲**を定義します。

    注:サーバー

    の IP アドレスプールは、管理ネットワーク内にある必要があります。

    ローカライズされた画像

  3. [ 設定の変更 ] をクリックして、DHCP サーバーの設定を終了します。

    注:

    高可用性(HA)用に構成された SD-WAN アプライアンスで DHCP サーバを使用する場合は、アクティブアプライアンスとスタンバイアプライアンスの両方でサービスを構成しないでください。そうすると、定義された管理ネットワーク上で IP アドレスが重複します。

  4. [ クライアントの表示 ] をクリックして現在の DHCP クライアントを表示し、[クライアントの クリア ] をクリックしてDHCPクライアントのリースを解放します。

SD-WAN アプライアンスで DHCP リレーサービスを有効にするには:

  1. 構成 」>「 アプライアンスの設定 」>「 ネットワークアダプタ」に移動します。[ ネットワークアダプタ ] ページで、[ 管理インターフェイス DHCP リレー ] ペインを探します。

  2. [ DHCP リレーを有効にする ] チェックボックスをオンにして、サービスを有効にします。DHCP サーバーの IP アドレスを 入力し、[ 設定の変更 ] をクリックして、アプライアンスを DHCP リレーエージェントとして使用し始めます。

    高可用性(HA)用に構成されたアプライアンスで DHCP リレーサービスを使用する場合は、アクティブアプライアンスとスタンバイアプライアンスの両方でサービスを設定しないでください。そうすると、定義された管理ネットワーク上で IP アドレスが重複します。

    ローカライズされた画像

DHCP サーバと DHCP リレーの設定