GRE トンネルの設定

GRE トンネルを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 構成エディタで、[ 接続] > [ サイト] > [ GRE トンネル] に移動します。送信元 IP アドレスは、信頼できるリンクの仮想ネットワークインターフェイスからのみ選択できます。

  2. GRE トンネルの名前を入力します。

  3. ドロップダウンメニューから使用可能な 送信元 IP アドレスを選択します。ルーティングドメインによって、ドロップダウンメニューから使用できる送信元 IP アドレスが決まります。

  4. (オプション) パブリックソース IPを選択します。このアドレスが送信元 IP と同じ場合は、このフィールドを空にできます。

  5. GRE トンネルの 宛先 IP アドレスを入力します。

  6. GRE トンネルのトンネル IP/プレフィクス アドレスを入力します。

  7. GRE トンネルヘッダーでチェックサムを使用する場合は、[チェックサム] をクリックします。

  8. キープアライブ期間の 値を秒単位で入力します。0 を設定すると、キープアライブパケットは送信されませんが、GRE トンネルはアクティブになります。

  9. キープアライブの再試行値を入力します。この値は、SD-WAN アプライアンスが GRE トンネルを非アクティブ化するまでにキープアライブの再試行回数を決定します。

詳細については、MCN サイトのGRE トンネルの設定を参照してください。

ローカライズされた画像

GRE トンネルを使用した Web Gateway のセキュリティ保護の詳細については、Secure Web Gatewayを参照してください。

GRE トンネルの設定