Citrix SD-WAN

ブランチ間通信用の動的パスを設定する

VoIP とビデオ会議の需要により、トラフィックはオフィス間を移動するようになっています。データセンターを介して完全なメッシュ接続を設定することは効率的ではありません。これには時間がかかることがあります。

Citrix SD-WANでは、すべてのオフィス間のパスを構成する必要はありません。ダイナミックパス機能を有効にすると、SD-WAN ソリューションは必要に応じてオフィス間のパスを自動的に作成します。セッションでは、最初に既存の固定パスが使用されます。また、帯域幅と時間のしきい値が満たされると、新しいパスが固定パスよりも優れたパフォーマンス特性を持つ場合、パスは動的に作成されます。セッショントラフィックは、新しいパスを介して送信されます。これにより、リソースの効率的な使用が可能になります。パスは、必要な場合にのみ存在し、データセンターとの間で送受信されるトラフィックの量を削減します。

SD-WAN ネットワークのその他の利点は次のとおりです。

  • ブランチ間の接続を許可する帯域幅とPPSのしきい値

  • レーテンシーを最小限に抑えながら、データセンター内外の帯域幅要件を軽減

  • オンデマンドで作成されるパスは、設定されたしきい値に依存

  • 必要のない場合にネットワークリソースを動的に解放する

  • マスターコントロールノードの負荷とレイテンシを軽減

動的仮想パスを使用したブランチとブランチ間の通信:

ローカライズされた画像

動的パスを持つSD-WANネットワーク:

ローカライズされた画像

  • 動的仮想パスは、エンタープライズなどの大規模な展開に使用されます。
  • 小規模な展開では、静的仮想パスとAny-to-any仮想パスを使用する
  • 2 つのデータセンター間 (DC から DC へ) の静的仮想パスを常に使用
  • 動的仮想パスを使用するためにすべてのWANパスを構成する必要はありません
  • 各 SD-WAN アプライアンスには、構成可能な動的仮想パスの数が制限されています(動的最小制限8個、静的最小制限8個 = 合計16個)。

SD-WAN GUI で動的仮想パスを有効にする方法

動的仮想パスを有効にする手順は、次のとおりです。

  1. Citrix SD-WAN GUIの[ 接続] ペインで、WANからWANへの転送グループを作成します。
  2. [ 接続] > [ [クライアントサイト名]] > [WAN から WAN への転送] に移動します

  3. WAN から WAN への転送を有効にして、サイトがマルチホップサイトからサイトへのプロキシとして機能できるようにします。

  4. サイトを中間ノードとして有効にする

  5. [ 接続] > [リモートサイト] > [WAN から WAN への転送]

  6. WAN から WAN への転送を有効にして、サイトがマルチホップサイトからサイトへのプロキシとして機能できるようにします。 ローカライズされた画像

  7. [ 接続] > [リモートサイト] > [仮想パス] > [動的仮想パス] に移動します
  8. 動的仮想パスを有効にします

  9. ダイナミックパスの最大数を設定します。

ローカライズされた画像

動的仮想パスの作成方法

  • 構成では、動的仮想パスがアクティブかダウンするかを決定します。
  • 時間枠内のサンプルパケットカウント(pps)または帯域幅(kbps)を設定します。
  • グローバルに設定することも、中間ノードでWANリンクを設定することもできます。

ローカライズされた画像

ブランチ間通信用の動的パスを設定する