Citrix SD-WAN

インターネットアクセス

インターネットサービスは、エンドユーザーサイトとパブリックインターネット上のサイト間のトラフィックに使用されます。インターネットサービストラフィックは SD-WAN によってカプセル化されず、Virtual Path Service を介して配信されるトラフィックと同じ機能を持ちません。ただし、SD-WAN でこのトラフィックを分類して考慮することが重要です。インターネットサービスとして識別されるトラフィックは、管理者が設定した構成に従って、仮想パスおよびイントラネットトラフィックを介して配信されるトラフィックに対して相対的にインターネットトラフィックをレート制限することで、SD-WAN リンク帯域幅をアクティブに管理できます。SD-WAN には、帯域幅のProvisioning 機能に加えて、複数のインターネット WAN リンクを使用してインターネットサービス経由で配信されるトラフィックのロードバランシング機能が追加されています。また、必要に応じて、プライマリまたはセカンダリ構成でインターネット WAN リンクを利用することもできます。

SD-WAN アプライアンスでのインターネットサービスを使用したインターネットトラフィック制御は、次の展開モードで設定できます。

  • 統合ファイアウォールを使用した支店での直接インターネット分岐

  • Secure Web Gateway への支店転送での直接インターネットブレイクアウト

  • インターネットからデータセンター MCN へのバックホール

ローカライズされた画像

インターネットアクセス