Citrix SD-WAN

リンク集約グループ

リンク集約グループ(LAG)機能を使用すると、SD-WAN アプライアンス上の 2 つ以上のポートをグループ化して、1 つのポートとして連携させることができます。これにより、可用性の向上、リンクの冗長性、およびパフォーマンスの向上が保証されます。

Citrix SD-WANリリース11.0では、単純なLAG(ACTIVE-BACKUP)がサポートされています。802.3ad LACP プロトコルベースのネゴシエーションは、現在のリリースではサポートされていません。アクティブなポートは 1 つだけで、他のポートはバックアップモードになります。アクティブサポートおよびバックアップサポートは、LAG 機能についてデータプレーン開発キット (DPDK) パッケージに依存しています。LAG 機能は、次の DPDK でサポートされているプラットフォームでのみ使用できます。

  • Citrix SD-WAN 110 SE
  • Citrix SD-WAN 210 SE
  • Citrix SD-WAN 410 SE
  • Citrix SD-WAN 1100 SE/PE
  • Citrix SD-WAN 4000、4100、5100 SE
  • Citrix SD-WAN 6100 SE

LAG 機能は、VPX/VPXL プラットフォームではサポートされていません。

Citrix SD-WANアプライアンスの各LAGにグループ化された最大4つのポートを持つ最大4つのLAGを作成できます。

Citrix SD-WAN 210および410アプライアンスの場合、最大3つのLAGを作成し、最大4つのポートを各LAGにグループ化できます。

リンク集約グループを構成するには、 構成エディタで [ サイト ] > [ リンク集約グループ] に移動します。使用可能なすべての物理ポートとイーサネットインターフェイスを表示できます。[ + ] をクリックして、LAG を作成します。

リンク集約グループの追加

メンバーポートを選択し、[ Apply] をクリックします。ポートが LAG に追加されると、メンバポートではなく、 インターフェイスグループ 内の LAG だけを表示できます。

インターフェイスグループ

LAG を使用して仮想インターフェイスを作成できます。これらのインターフェイスは、LAN/WAN リンクおよび HA の設定にさらに使用されます。

インターフェイスグループのイーサネットインターフェイスとして LAG が使用されている場合、このリンク状態伝播(LSP)機能はサポートされません。

アクティブLAGポートとスタンバイLAGポートを表示して、 構成 > アプライアンスの設定 > ネットワークアダプタ > イーサネットの順に移動します。

LAG ポートの詳細。

個々のメンバポートの設定を変更することはできません。LAG に加えられた設定の変更は、メンバポートに自動的にプッシュされます。

リンク集約グループ

この記事の概要