リンク状態の伝播

Link State Propagation(LSP; リンクステートプロパゲーション)機能を使用すると、ネットワーク管理者はバイパスペアのリンクステートを同期したままにできます。これにより、リンクが非アクティブになったときに、リンクの反対側の接続デバイスが表示できるようになります。バイパスペアの 1 つのポートが非アクティブになると、結合されたリンクは管理上非アクティブになります。ネットワークアーキテクチャに並列フェールオーバーネットワークが含まれている場合、トラフィックは強制的にそのネットワークに移行します。中断されたリンクが復元されると、対応するリンクが自動的にアクティブになります。

リンク状態の伝播の設定方法

リンク状態の伝播を設定するには、次の手順に従います。

  1. [ 構成エディタ ] > [ サイト] > [サイト[名] ] > [ インターフェイスグループ] に移動します。

  2. [ 仮想インターフェイス ] を展開し、[ ブリッジペア] で [ LSP ] チェックボックスをクリックして、ブリッジペアの リンクステート伝播 を有効にします。[ 適用 ] をクリックして設定を保存します。

    ローカライズされた画像

リンク統計情報のモニタリング

リンク統計を監視するには、次の手順を実行します。

  1. [ Monitor] > [Statistics ] ページで、[ Show ] ドロップダウンメニューから [ Ethernet ] を選択して、リンク状態伝播を有効にしたバイパスポートペアのステータスを表示します。LAN 側リンクがダウンし、その後バイパスペアの WAN 側リンクが管理上 DABASE になっていることを確認します。

    ローカライズされた画像

  2. 構成 > アプライアンスの設定 >ネットワークアダプタ > イーサネット タブに移動します。管理上ダウンしているポートは、[ Ethernet Interface Settings] リストに赤色のアスタリスク(*)で示されます。

ローカライズされた画像