仮想 WAN のモニタリング

アプライアンスの基本情報の表示

ブラウザを使用して、監視するアプライアンスの管理Webインターフェイスに接続し、[ ダッシュボード ]タブをクリックして、そのアプライアンスの基本情報を表示します。

[ ダッシュボード ] ページには、ローカルアプライアンスの次の基本情報が表示されます。

システムステータス:

  • 名前 — アプライアンスをシステムに追加したときに割り当てた名前です。

  • モデル — これは仮想 WAN アプライアンスのモデル番号です。

  • Appliance Mode :このアプライアンスがプライマリMCNまたはセカンダリMCNとして構成されているか、またはクライアントアプライアンスとして構成されているかを示します。

  • 管理 IP アドレス — アプライアンスの管理 IP アドレスです。

  • Appliance Uptime — 前回の再起動以降、アプライアンスが稼働していた期間を指定します。

  • [Service Uptime ]:前回の再起動以降、仮想 WAN サービスが実行されている期間を指定します。

仮想パスサービスのステータス:

仮想パス [サイト名] — このアプライアンスに関連付けられているすべての仮想パスのステータスが表示されます。仮想 WAN サービスが有効になっている場合は、このセクションがページに表示されます。Virtual WAN Service が無効になっている場合は、このセクションの代わりに、アラートアイコン(ゴールデンロッドデルタ)とその効果に対するアラートメッセージが表示されます。

ローカルバージョン情報:

  • ソフトウェアのバージョン — これは、アプライアンス上で現在アクティブになっている CloudBridge Virtual Path ソフトウェアパッケージのバージョンです。
  • Build on — ローカルアプライアンス上で現在実行されている製品バージョンのビルド日です。
  • ハードウェアバージョン — これは、アプライアンスのハードウェアモデル番号とバージョンです。
  • OS パーティションのバージョン — アプライアンス上で現在アクティブな OS パーティションのバージョンです。

以下の図は、サンプルダッシュボードページを示しています。

ローカライズされた画像