レポートの表示

このセクションでは、管理 Web インターフェイスを使用してローカルアプライアンスに関する Virtual WAN レポートを生成および表示するための基本的な手順について説明します。アプライアンスは、最大 30 個のアーカイブを維持し、30 個を超えるエントリを持つ最も古いアーカイブをパージできます。

データベースアーカイブの管理

管理 Web インターフェイスで生成されたレポートは、ローカルアプライアンスのみに適用されます。仮想 WAN のレポートを生成して表示するには、仮想 WAN センター Web インターフェイスを使用します。

仮想 WAN レポートを生成して表示するには、次の手順を実行します。

  1. MCN の管理 Web インターフェイスにログオンし、[ モニタリング ] タブを選択します。

    これにより、左側のペインに [ Monitoring ] ナビゲーションツリーが開きます。

  2. ナビゲーション・ツリーからレポート・タイプを選択します。

    レポートタイプは、ナビゲーションツリーの [ Flow s] ブランチのすぐ下にブランチとして表示されます。

    統計レポート

    使用可能なレポートタイプは次のとおりです。

    • パフォーマンスレポート

    • QoS レポート

    • 使用状況レポート

    • 可用性レポート

    • アプライアンス・レポート

  3. レポートオプションを選択します。

さまざまなタイプのレポートに加えて、レポートの種類ごとに、レポート結果を絞り込むための多数のオプションとフィルタがあります。

パフォーマンス・レポート

Citrix SD-WAN では、サイト、仮想パス、または方向(LANからWANへ、およびWANからLAN)レベルでパフォーマンス統計を表示できます。Citrix SD-WAN では、各リンクの効率をミリ秒単位で示すメトリックを収集できます。詳細を表示するには、左クリックし、グラフライン内のパスまたは時間枠の特定の領域を選択します。

パフォーマンスレポート

次のフィールドを使用して、必要に応じてデータ範囲を選択して、パフォーマンス・レポートを表示できます。

  • 仮想パス: ドロップダウンリストから仮想パスを選択します。
  • 方向: 必要に応じて [方向] を選択します ([LAN から WAN へ] または [WAN から LAN へ])。
  • レポート:レポート を表示するには、次のネットワークパラメータを選択します。
    • 帯域幅
    • 遅延
    • ジッタ―
    • 損失
    • 品質

QoS レポート

各サイト、WAN リンク、仮想パス、パスレベルでアップロード、ダウンロード、ドロップされたパケット数やバイト数などのアプリケーション QoS レポートを監視できます。

QoS レポート

次のメトリックを表示できます。

  • リアルタイム: Citrix SD-WAN 構成でリアルタイムクラスの種類に属するアプリケーションによって消費される帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワークのレイテンシーに大きく依存します。遅延パケットは、失われたパケット(VoIP、Skype for Business など)よりも悪いです。
  • インタラクティブ: Citrix SD-WAN 構成の対話型クラスの種類に属するアプリケーションによって消費される帯域幅。このようなアプリケーションのパフォーマンスは、ネットワークの待ち時間やパケット損失(XenDesktop、XenApp など)に大きく依存します。
  • Bulk: Citrix SD-WAN 構成でバルククラスタイプに属するアプリケーションによって消費される帯域幅。これらのアプリケーションは、人間の介入がほとんどなく、主にシステム自体(FTP、バックアップ操作など)によって処理されます。
  • コントロール: ルーティング、スケジューリング、およびリンクの統計情報を含む制御パケットの転送に使用される帯域幅。

使用状況レポート

使用状況レポートは、仮想パスの使用状況情報を提供します。

使用状況レポート

  • レポート: ドロップダウンリストから [ サイト ] または [ WAN リンク ] を選択して、レポートを表示します。
  • [名前]: ドロップダウンリストからサイトまたは WAN リンクの名前を選択します。
  • 方向: 必要に応じて方向を選択します(LANからWANまたはWANからLAN)。
  • [プロットタイプ]: ドロップダウンリストから [プロットタイプ] を選択します ([線分] または [面積])。

可用性レポート

このレポートでは、WAN リンク、パス、および仮想パスの可用性データを表示できます。また、1 時間、24 時間、7 日などの特定の時間枠に切り替えたり、選択して、使用可能なデータを表示することもできます。パスと仮想パスのデータは、 DD: HH: MM: SS 形式で表されます。

可用性レポート

アプライアンス・レポート

アプライアンスレポートは、ネットワークトラフィックとシステム使用状況レポートを提供します。各リンクをクリックして、日別、週別、月別、年単位でアプライアンスのグラフを表示または監視します。

アプライアンス・レポート