Citrix SD-WAN

クラス

Citrix SD-WAN構成では、仮想パスを通過するすべてのトラフィックに適用されるアプリケーションおよびIP/ポートベースのQoSポリシーのデフォルトセットが提供されます。これらの設定は、展開のニーズに合わせてカスタマイズできます。

クラスは、トラフィックの優先順位付けに役立ちます。アプリケーションおよび IP/ポートベースの QoS ポリシーは、トラフィックを分類し、設定で指定された適切なクラスに配置します。

アプリケーション QoS および IP アドレス/ポートベースの QoS の詳細については、「アプリケーション名による規則」および「IP アドレスとポート番号による規則」を参照してください。

SD-WAN は 17 のクラス(ID: 0 ~ 16)を提供します。以下は、すべての17クラスのデフォルト設定です。

仮想パスのデフォルト・セット

以下は、クラスの異なるタイプです。

  • リアルタイム: 低レイテンシー、低帯域幅、時間に敏感なトラフィックに使用されます。リアルタイムアプリケーションは時間に依存しますが、実際には高帯域幅(Voice over IP など)を必要としません。リアルタイムアプリケーションは、レイテンシーとジッタの影響を受けますが、ある程度の損失を許容できます。

  • Interactive: 低~中程度のレイテンシー要件および低~中程度の帯域幅要件を持つ対話型トラフィックに使用されます。通常、対話はクライアントとサーバーの間で行われます。通信は、高帯域幅を必要としない場合がありますが、損失や遅延に敏感です。

  • Bulk: 高帯域幅のトラフィックや、高レイテンシーに耐えられるアプリケーションに使用されます。ファイル転送を処理し、高帯域幅を必要とするアプリケーションは、バルククラスに分類されます。これらのアプリケーションは、人間の干渉をほとんど伴わず、ほとんどシステム自体によって処理されます。

クラス間の帯域幅共有

帯域幅は、クラス間で次のように共有されます。

  • リアルタイム: リアルタイムクラスに到達するトラフィックは、低レイテンシーであることが保証され、競合するトラフィックが存在する場合、帯域幅はクラスシェアに最大限制限されます。

  • インタラクティブ: 対話型クラスに当たるトラフィックは、リアルタイムトラフィックを提供した後、残りの帯域幅を取得し、利用可能な帯域幅は、対話型クラス間で公平に共有されます。

  • バルク: バルクはベストエフォートです。リアルタイムトラフィックおよびインタラクティブトラフィックを提供した後に残された帯域幅は、公平な共有ベースでバルククラスに与えられます。リアルタイムトラフィックおよびインタラクティブトラフィックが使用可能な帯域幅をすべて利用すると、バルクトラフィックが枯渇する可能性があります。

競合が発生しない場合、どのクラスでも、使用可能なすべての帯域幅を使用できます。

次に、クラス設定に基づく帯域幅分散の例を示します。

仮想パス上に 10 Mbps の集約帯域幅があるとします。クラス設定が

  • リアルタイム:30%
  • インタラクティブハイ:40%
  • インタラクティブ媒体:20%
  • インタラクティブロー:10%
  • バルク:100%。

帯域幅分布の結果は

  • リアルタイムトラフィックは、10 Mbs(3 Mbps)の 30% を取得

  • 対話型クラスは、フェアシェア方式で残りの帯域幅を共有します(4 Mbps:2 Mbps:1 Mbps)。

  • リアルタイムの対話型トラフィックが共有を完全に利用していないときに残ったものは、Bulk クラスに与えられます。

クラスをカスタマイズするには、次の手順に従います。

  1. 仮想パスのデフォルトセットが使用されている場合は、 グローバル > 仮想パスのデフォルトセットでクラスを変更できます

仮想パスレベルでクラスを変更することもできます(接続->仮想パス->クラス

  1. [デフォルトセット を追加] をクリックし、デフォルトセットの名前を入力して、[ 追加] をクリックします。[ セクション]フィールドで、[ クラス] を選択します

  2. [ Name ] フィールドで、デフォルトの名前をそのまま使用するか、任意の名前を入力します。

  3. [ タイプ] フィールドで、クラスタイプ ([リアルタイム]、[インタラクティブ]、または [バルク]) を選択します。

  4. リアルタイムクラスの場合、次の属性を指定できます。

  • 初期期間:持続レートに切り替える前に初期レートを適用する期間(ミリ秒単位)。

  • [ Initial Rate]:初期期間中にパケットがキューから出る最大レートまたはパーセンテージ。

  • [ 持続レート]:初期期間後にパケットがキューから出る最大レートまたはパーセンテージ。

  1. 対話型クラスの場合、次の属性を指定できます。
  • [ 初期期間]:使用可能な帯域幅の初期パーセンテージを適用してから、持続パーセンテージに切り替えるまでの期間(ミリ秒単位)。通常、20 ミリ秒

  • 初期共有%:初期期間中のリアルタイム処理後に残った仮想パス帯域幅の最大共有です。

  • 持続シェア%:初期期間後にリアルタイムトラフィックを処理した後に残る仮想パス帯域幅の最大シェア。

  1. バルククラスの場合は、持続シェア% だけを指定できます。 持続シェア% は、リアルタイムトラフィックおよびインタラクティブトラフィックを処理した後にバルククラスに使用される残りの仮想パス帯域幅を決定します。

  2. [ 適用] をクリックします

設定を保存し、変更管理の受信トレイにエクスポートして、変更管理プロセスを開始します。

クラス