Citrix SD-WAN

アプリケーションQoE

アプリケーション QoE は、SD-WAN ネットワーク内のアプリケーションのエクスペリエンスの質を測定します。2 つの SD-WAN アプライアンス間の仮想パスを通過するアプリケーションの品質を測定します。アプリケーション QoE スコアは 0 ~ 10 の値です。該当するスコア範囲によって、アプリケーションの品質が決まります。

品質 範囲
8–10
標準 4–8
0–4

アプリケーションのQoE スコアは、アプリケーションの品質を測定し、問題のある傾向を特定するために使用できます。

QoE プロファイルを使用して、リアルタイムおよび対話型アプライアンスの品質しきい値を定義し、これらのプロファイルをアプリケーションまたはアプリケーションオブジェクトにマッピングできます。

:

アプリケーション QoE を監視するには、ディープパケットインスペクションを有効にすることが不可欠です。詳細については、「 アプリケーションの分類」を参照してください。

リアルタイムアプリケーションQoE

リアルタイムアプリケーションのアプリケーションQoE計算では、MOSスコアから派生したCitrixの革新的な手法が使用されます。

デフォルトのしきい値は次のとおりです。

  • レイテンシしきい値:160
  • ジッタしきい値:30 ミリ秒
  • パケット損失しきい値:2%

遅延、損失、およびジッタに関するしきい値を満たすリアルタイムアプリケーションのフローは、品質が良いと見なされます。

リアルタイムアプリケーションの QoE は、しきい値を満たすフローの割合をフローサンプルの合計数で割った値から決定されます。

リアルタイムの QoE =(しきい値を満たすフローサンプル数/フローサンプルの合計数)* 100

これは、0から10の範囲のQoEスコアとして表されます。

カスタムしきい値を使用して QoE プロファイルを作成し、アプリケーションまたはアプリケーションオブジェクトに適用できます。

:

ネットワーク条件がリアルタイムトラフィックに設定されたしきい値を超えている場合、QoE 値はゼロになります。

対話型アプリケーション QoE

対話型アプリケーションのアプリケーションQoEでは、パケット損失とバーストレートのしきい値に基づいてCitrixの革新的な技術を使用しています。

対話型アプリケーションは、パケット損失とスループットに影響されます。したがって、フロー内のパケット損失率、および入出力トラフィックのバーストレートを測定します。

設定可能なしきい値は、次のとおりです。

  • パケット損失率。
  • 入力バーストレートと比較して、予想される出力バーストレートのパーセンテージ。

デフォルトのしきい値は次のとおりです。

  • パケット損失しきい値:1%
  • バーストレート:60%

次の条件が満たされている場合、フローの品質は良好です。

  • フローの損失の割合は、設定されたしきい値より小さくなります。

  • 出力バーストレートは、少なくとも入力バーストレートに設定されたパーセンテージです。

アプリケーション QoE の設定

アプリケーションまたはアプリケーションオブジェクトをデフォルトまたはカスタムQoEプロファイルにマッピングします。リアルタイムおよび対話型トラフィック用のカスタム QoE プロファイルを作成できます。

カスタム QoE プロファイルを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 構成エディタで、[ グローバル] > [アプリケーション QoE] > [QoE プロファイル] に移動し、[ +] をクリックします

  2. 次のパラメータの値を入力します。

  • Profile Name: リアルタイムおよび対話型トラフィックのしきい値を設定するプロファイルを識別するための名前。
  • リアルタイム:リアルタイム QoS ポリシーにヒットするトラフィックフローのしきい値を設定します。遅延、損失、およびジッタに関するしきい値を満たすリアルタイムアプリケーションのフローは、品質が良いと見なされます。

    • 片方向レイテンシー:ミリ秒単位のレイテンシしきい値。デフォルトの QoE プロファイル値は 160 ミリ秒です。
    • ジッタ:ジッタしきい値(ミリ秒単位)。デフォルトの QoE プロファイル値は 30 ミリ秒です。
    • パケット損失: パケット損失の割合。デフォルトの QoE プロファイル値は 2% です。
  • [ Interactive]:インタラクティブ QoS ポリシーにヒットするトラフィックフローのしきい値を設定します。バースト率とパケット損失のしきい値を下回っていることを満たすインタラクティブアプリケーションのフローは、品質が良いと見なされます。
    • 期待されるバーストレート: 期待されるバーストレートの割合。出力バーストレートは、入力バーストレートの設定済みパーセンテージ以上でなければなりません。デフォルトの QoE プロファイル値は 60% です。
    • フローあたりのパケット損失: パケット損失の割合。デフォルトの QoE プロファイル値は 1% です。

      ローカライズされた画像

  1. [ 適用] をクリックします

QoEプロファイルを使用してアプリケーションまたはアプリケーション・オブジェクトをマップするには、次の手順に従います。

  1. 構成エディタで、[ グローバル] > [アプリケーション QoE] > [QoE 構成] に移動し、[ +] をクリックします
  2. 次のパラメータの値を選択します。
  • タイプ: DPI アプリケーションまたはアプリケーションオブジェクト。
  • アプリケーション: 選択したタイプに基づいて、アプリケーションまたはアプリケーション・オブジェクトを検索して選択します。
  • QoE プロファイル: アプリケーションまたはアプリケーションオブジェクトにマップする QoE プロファイルを選択します。

    ローカライズされた画像

  1. [ 適用] をクリックします

QoE プロファイルを使用して、最大 10 個のアプリケーションまたはアプリケーションオブジェクトをマッピングできます。SD-WAN Centerでアプリケーション QoE レポートを表示できます。詳細については、「 アプリケーション QOE レポート」を参照してください。

アプリケーションQoE