Citrix SD-WAN

マルチキャストグループの設定

簡略化されたネットワークで低帯域幅のマルチキャストトラフィックをサポートするようにマルチキャストグループを設定できます。ネットワーク管理者がマルチキャストトラフィックの送信元と宛先を制御できるように、マルチキャストグループを定義できます。異なるマルチキャストグループの IP アドレスを設定し、送信元および宛先の仮想インターフェイスを適切なパススルーマルチキャストトラフィックに設定できます。

SD-WAN でサポートされる主な使用例は、次の 2 つです。

  1. アンダーレイの既存のマルチキャストネットワークのサポート。1。オーバーレイを介してマルチキャストトラフィックを転送できる、手動で定義されたスタティックマルチキャストツリーのサポート。

SD-WAN GUI でマルチキャストグループを設定する方法

  1. SD-WAN GUI で、[ 設定 ] > [ 仮想 WAN ] > [ 構成エディタ] の順に選択します。既存の構成パッケージを開きます。

  2. [ 接続 ] > [ リージョンの表示 ] > [ サイトの表示 ] > [< サイト >]> [マルチキャストグループ ] の順に選択します。

    ローカライズされた画像

  3. [ マルチキャストグループ] を展開します。[追加] をクリックします。グループ名とIPアドレスを追加します。

    ローカライズされた画像

  4. マルチキャストトラフィックの サービスを 編集します。

  • 基本設定:マルチキャストグループの基本パラメータを定義します。使用できるパラメータは、マルチキャストグループの IP アドレスだけです。このアドレスには、単一の IP アドレスまたはアドレスとマスクがあります。すべてのアドレスまたはネットワークは、クラス D アドレス範囲(224.0.0.0/4)内に含まれている必要があります。

  • マルチキャストグループ IP: 有効なクラス D マルチキャスト IP アドレスまたはサブネットを設定します。

  • ルーティングドメイン:複数のルーティングドメインの場合、マルチキャストトラフィックを受信している有効なルーティングドメインを設定します。

  • 方向、送信:マルチキャストトラフィックが受け入れられる場所を定義します。この項では、次のコンポーネントについて説明します。

  • サービスタイプ:ローカル、インターネット、イントラネット、GRE トンネル、仮想パス。マルチキャストトラフィックを受信するサービスタイプ。

  • サービスインスタンス:マルチキャストトラフィックを受信するサービス名。

  • Direction Receive:トラフィックがレプリケートされるサービスを定義します。この項では、次のコンポーネントについて説明します。

  • サービスタイプ:ローカル、インターネット、イントラネット、GRE トンネル、仮想パス。マルチキャストトラフィックが送信されるサービスタイプ。

  • サービスインスタンス:マルチキャストトラフィックが送信されるサービス名。

ローカライズされた画像

  1. セッショントラッキングに関する問題(特に、複数のインターフェイスで 1 つのパケットを転送する場合など)により、NAT ルックアップはマルチキャストパケットを無視するように変更されます。したがって、マルチキャストトラフィックのスタティック 1:1 NAT 変換は、リリース 9.3.1 ではサポートされていません。

  2. IGMP スヌーピングは、リリース 9.3.1 ではサポートされていません。

  3. IP フォワーダ経由でルーティングされるマルチキャストパケットでは、TTL が実行されます。IGMP メッセージは TTL が 1 で送信されるため、レプリケートされたメッセージの TTL が減少しないようにする必要があります。

マルチキャストトラフィックのモニタリング

SD-WAN GUI で、[ モニタリング ] > [ 統計] に移動します。ドロップダウンリストから [ マルチキャストグループ ] を選択します。これにより、SD-WAN GUI で特定のサイトに設定されている既存のマルチキャストグループの統計情報ページが表示されます。

ローカライズされた画像

ローカライズされた画像

IGMP プロキシの設定

簡略化されたネットワークで低帯域幅のマルチキャストトラフィックをサポートするようにマルチキャストグループを設定する機能がサポートされています。

スタティックマルチキャストグループを使用すると、ネットワーク管理者はマルチキャストトラフィックの送信元と宛先を制御できます。マルチキャストグループを静的に設定する代わりに、ユーザは、エッジのダウンストリームネットワーク内のすべての送信元でアップストリームコアネットワークを更新するように IGMP プロキシを設定できます。

  1. SD-WAN GUI で、 [接続] > [リージョンの表示] > [サイトの表示] > [サイト] の順に選択します。

  2. [ マルチキャストグループ ] > [ 基本設定]を選択します。[ IGMP プロキシを有効にする] をクリックします。 ローカライズされた画像

  3. [サービス] に移動します。マルチキャストグループトラフィックを設定するには、[サービスタイプ] として [Virtual Path] を選択します。

ローカライズされた画像

SD-WAN GUI の [ 仮想 WAN ] > [ 設定の表示 ] タブでは、設定済みのマルチキャストグループを表示できます。マルチキャストグループトラフィックは、[Monitoring] タブからも監視できます。

マルチキャストグループの設定