Citrix SD-WAN

ネットワークオブジェクトの構成

Citrix SD-WANでは、構成エディタの グローバル パネルにネットワークオブジェクトを追加するオプションが導入されています。ルートフィルタを定義するときに、サブネットごとにフィルタを作成するのではなく、複数のサブネットをまとめてグループ化し、1 つのネットワークオブジェクトを参照できます。

ネットワーク・オブジェクトを構成するには、次の手順に従います。

  1. 構成エディタで、「 グローバル」 →「 ネットワークオブジェクト」に移動し、「 追加」(+) をクリックします

  2. [ネットワーク]** の下の [ **追加 (+)] をクリックします。

  3. 新しいネットワークオブジェクトの IP アドレスサブネット を入力します。

  4. [ 適用 ] をクリックして設定を保存します。

ネットワークオブジェクトの名前を編集するには、ネットワークオブジェクトの名前をクリックし、新しい名前を入力します。

ネットワークオブジェクト

次の機能は、ネットワークオブジェクトを利用しています。

  • ルート(設定エディタ > 接続 > ルート >+クリック > ネットワークオブジェクト

ネットワークオブジェクトルート

  • BGP および OSPF のインポートおよびエクスポートフィルタ([構成エディタ] > [接続] > [BGP/OSPF] > [エクスポート/インポートフィルタ ] > [ +] > [ネットワークアドレス] をクリック

ネットワークオブジェクト BGP OSPF

  • BGP ネイバーポリシー(構成エディタ > 接続 > BGP > ネイバー > ポリシー >+ > ネットワークアドレスをクリック)

ネットワークオブジェクト BGP ネイバー

ネットワークオブジェクトの構成