リモートライセンス

SD-WAN アプライアンス用にリモートライセンスサーバを使用するための前提条件。

  • NTPは、ライセンスサーバーとSD-WANの両方に対して構成する必要があります(日付と時刻は同期している必要があります)。
  • 最新のライセンスサーバーバージョンを使用することをお勧めします。

    • リリース9.1、9.2:11.13.1 L.S
    • リリース10.0、10.1、10.2、11.0、11.0.1、11.0.2:11.14.1 L.S
    • リリース11.0.3、11.1:11.16.3 L.S

ユースケース:

  1. Data/APA ポートを使用せずに管理ネットワーク経由で到達可能なリモートライセンスサーバ。 ローカライズされた画像

  2. ブランチネットワーク内のリモートライセンスサーバ。 ローカライズされた画像

  3. SD-WAN VPX-SE-支社における PBR の導入。 ローカライズされた画像

リモートライセンス:

  1. SD-WAN Web管理インターフェイスで、 [構成]>[アプライアンスの設定]>[ライセンス]に移動します。
  2. [ リモート ] を選択し、[リモートサーバー] の IP アドレスの詳細を入力します。 ローカライズされた画像

  3. ドロップダウンメニューから目的のアプライアンス モデル を選択します。リモートライセンスサーバのデフォルトポートは 27000 です。 ローカライズされた画像

重要

SD-WAN Center を使用して SD-WAN アプライアンスのリモートライセンスをインストールする場合は、SD-WAN Web 管理インターフェイス構成エディタの [グローバル設定] で、SD-WAN MCN アプライアンスの集中型ライセンスを有効にします。

リモートライセンス