DC サイトおよびブランチサイトの PE アプライアンスから、自動セキュアピアリングが開始されます

構成

DC の新しい Premium(エンタープライズ)エディションアプライアンスで自動セキュアピアリングを構成するには:

  • PE DC アプライアンスは、Listen ON モード(ポート 443)です。ブランチ PE アプライアンスは接続モードです。
  • PE DC アプライアンスは、プライベート CA 証明書と CERT KEY ペアをインストールし、DC EE の LISTEN-ON IP を使用して PE ブランチアプライアンスに CONNECT-TO を設定します。
  • PE アプライアンスの LISTEN-ON IP は、「WANOP へのリダイレクト」が有効になっているルーティングドメインに関連付けられたインターフェイス IP にあります。
  1. SD-WAN Web GUI で、[ 構成 ] > [ WAN Optimization ] > [ セキュアアクセラレーション ] > [ セキュアピアリング] に移動します。 ローカライズされた画像

  2. キーストアのパスワードを入力するか、キーストアを無効にして、キーストアを構成します。 ローカライズされた画像

    ローカライズされた画像

  3. 自動 セキュアピアリング を実行するには、[ プライベート CA ] を選択して、セキュアピアリングを有効にします。

    ローカライズされた画像

    ローカライズされた画像

  4. 「+」アイコンをクリックし、ユーザー名とパスワードを含むIPを追加します。指定されたリモート IP とクレデンシャルによる認証が成功すると、要求がリモートマシンに送信されます。リモートマシンでは、CA 証明書とプライベート証明書とキーをローカルにインストールします。

    IPアドレス — リモートEEアプライアンス管理IPのIPアドレス

    ユーザー名 — リモート EE アプライアンスのユーザー名

    パスワード — リモート EE アプライアンスのパスワード

    ローカライズされた画像

監視

  1. プライベート CA とプライベート証明書キーのペアが正常に生成されたかどうかを確認するには、次の情報を確認します。

    ローカライズされた画像

    ローカライズされた画像

  2. [ 監視 ] > [ WAN Optimization ] > [ パートナー] ページで、プレミアム (エンタープライズ) エディションアプライアンスの [セキュリティで保護された **パートナー 情報** ] を表示します。

    ローカライズされた画像

  3. パートナーアプライアンスで、Premium (Enterprise) Edition アプライアンスの [ 監視 ] > [ パートナーとプラグイン] > [セキュアパートナー ] ページの [ セキュアパートナー 情報] を表示します。

    ローカライズされた画像

トラブルシューティング

  1. [ 監視 ] > [ WAN Optimization ] > [パートナー] > [セキュアパートナー] ページの Premium (Enterprise) Edition アプライアンスで、 セキュアパートナーの 成功/失敗情報を表示します。

    ローカライズされた画像

  2. パートナーアプライアンスで、Premium (Enterprise) Edition アプライアンスの [ 監視 ] > [ パートナーとプラグイン] > [セキュアパートナー ] ページの [ セキュアパートナー 情報] を表示します。

    ローカライズされた画像

  3. パートナーアプライアンスで、Premium (Enterprise) Edition アプライアンスの [ 監視 ] > [ アプライアンスのパフォーマンス ] > [ ログ ] ページの [セキュリティで保護されたパートナー情報] を表示します。

    ローカライズされた画像

    ローカライズされた画像

DC サイトおよびブランチサイトの PE アプライアンスから、自動セキュアピアリングが開始されます