Citrix SD-WAN

FIPS準拠

Citrix SD-WANでは、FIPSモードでは、ユーザーはIPSecトンネルおよび仮想パスのIPSec設定にFIPS準拠の設定を構成する必要があります。

  • FIPS 準拠の IKE モードを表示します。
  • FIPS 準拠の IKE DH グループを表示します。このグループから、アプライアンスを FIPS 準拠モード(2,5,14 ~ 21)に設定するために必要なパラメータを選択できます。
  • 仮想パスの IPSec 設定で FIPS 準拠の IPSec トンネルの種類を表示します

  • IKE ハッシュおよび(IKEv2)整合性モード、IPsec 認証モード。

  • FIPS ベースのライフタイム設定に対する監査エラーの実行

Citrix SD-WAN GUIを使用してFIPSコンプライアンスを有効にするには、次の手順に従います。

  1. [ **構成] > [ **仮想 WAN ] > [ 構成エディタ] > [ グローバル] に移動し、[FIPS モード を有効にする] を選択します

FIPS モードを有効にすると、設定中にチェックが実行され、IPSec 関連のすべての設定パラメータが FIPS 標準に準拠しているかどうかが確認されます。IPsec を構成するには、監査エラーと警告が表示されます。

仮想パス IPsec 設定を構成するには、次の手順を実行します。

  • FIPS 準拠が必要なすべての仮想パスに対して、仮想パス IPSec トンネルを有効にします。仮想パスの IPsec 設定は、デフォルトセットによって制御されます。
  • IPsec モードを AH または ESP+認証に変更してメッセージ認証を構成し、FIPS 承認ハッシュ機能を使用します。SHA1 は FIPS によって受け入れられますが、SHA256 を強く推奨します。
  • IPsec ライフタイムは、8 時間(28,800 秒)以下に設定する必要があります。

仮想 WAN は、事前共有キーを持つ IKE バージョン 2 を使用して、次の設定を使用して、仮想パスを経由する IPSec トンネルをネゴシエートします。

  • DH グループ 19: キーネゴシエーションのための ECP256 (256 ビット楕円曲線)
  • 256 ビット AES-CBC暗号化
  • メッセージ認証のための SHA256 ハッシュ
  • メッセージの整合性のための SHA256 ハッシュ
  • DH Group 2: MODP-1024 Perfect Forward Secrecy

サードパーティの IPSec トンネルを構成するには、次の設定を使用します。

  1. FIPS 承認済みの DH グループを構成します。グループ 2 と 5 は FIPS では許可されますが、グループ 14 以上を強く推奨します。

  2. FIPS 承認ハッシュ関数を設定します。SHA1 は FIPS によって受け入れられますが、SHA256 を強くお勧めします。

  3. IKEv2 を使用する場合は、FIPS 承認の整合性機能を設定します。SHA1 は FIPS によって受け入れられますが、SHA256 を強くお勧めします。

  4. IKE ライフタイムおよび最大ライフタイムを 24 時間(86,400 秒)以下に設定します。

  5. IPSec モードを AH または ESP+認証に変更して IPSec メッセージ認証を構成し、FIPS 承認ハッシュ機能を使用します。SHA1 は FIPS によって受け入れられますが、SHA256 を強く推奨します。

  6. IPSec ライフタイムおよび最大ライフタイムを 8 時間(28,800 秒)以下に設定します。

IPSec トンネルを設定するには、次の手順を実行します。

  1. MCN アプライアンスで、[ **構成] > [ **仮想 WAN] > [ 構成エディタ] に移動します。既存の構成パッケージを開きます。** [ 接続] > [ **IPsec トンネル] に移動します

ローカライズされた画像

  1. [ **接続] > [ **IPsec トンネル] に移動します[ LAN] または [ イントラネットトンネル ] を選択すると、IKE 設定の FIPS 準拠のグループと非準拠のグループが区別されるため、FIPS 準拠を簡単に構成できます。

ローカライズされた画像

画面には、次の図に示すように、ハッシュアルゴリズムが FIPS に準拠しているかどうかも表示されます。

ローカライズされた画像

IPSec 設定の FIPS 準拠オプション

ローカライズされた画像

IPSec 構成が有効になっているときに FIPS 標準に準拠していない場合、監査エラーが発生する可能性があります。以下は、GUIに表示される監査エラーの種類です。

  • の場合、FIPS モードが有効になり、非 FIPS 準拠オプションが選択されます。
  • の場合、FIPS モードが有効になり、誤ったライフタイム値が入力されます。
  • の場合、FIPS モードが有効になり、仮想パスのデフォルトセットの IPSec 設定も有効になり、不正なトンネルモードが選択されます (ESP 対 ESP_auth/AH)。
  • FIPS モードを有効にすると、仮想パスのデフォルトセットの IPSec 設定も有効になり、誤ったライフタイム値が入力されます。
FIPS準拠