Citrix SD-WAN

IPsec 非仮想パスルートの適格性

以前のリリースでは、トンネルが使用できなくなった場合でも、IPsec トンネルルートはルートテーブルに残っていました。

ローカライズされた画像

[ 接続 ] > [ [サイト名] > [ ]IPsec トンネル** ] の [キープアライブ] オプションを使用すると、この動作が** 強化され、IPsec トンネルが使用できなくなったときに IPsec 非仮想パスルートが不適格と見なされるようになりました。キープアライブオプションが有効の場合、SA は自動的に作成されます。トラフィックはトンネル経由で送信されません。

ローカライズされた画像

IPsec 非仮想パスルートの適格性