Citrix SD-WAN

メータリングおよびスタンバイ WAN リンク

Citrix SD-WANでは、従量制課金リンクの有効化がサポートされています。これは、使用可能な他のすべてのWANリンクが無効になっているときに、ユーザーのトラフィックが特定のインターネットWANリンクでのみ転送されるように構成できます。

従量制課金リンクは、使用量に基づいて請求されるリンクの帯域幅を節約します。従量制課金リンクを使用すると、リンクを [Last Resort] リンクとして設定できます。これにより、他のすべての従量制課金リンクが停止または低下するまで、リンクの使用が許可されません。[最後のリゾート設定] は、通常、サイトへの WAN リンク (MPLS、ブロードバンドインターネット、4G/LTE) が 3 つあり、WAN リンクの 1 つが 4G/LTE であり、必要でない限り使用を許可するにはコストがかかりすぎる可能性があります。メータリングはデフォルトでは有効になっていないため、任意のアクセスタイプ(パブリックインターネット、プライベート MPLS、プライベートイントラネット)の WAN リンクで有効にできます。メータリングが有効な場合は、必要に応じて次の項目を設定できます。

  • データキャップ
  • 請求サイクル(週次/月次)
  • 開始日
  • スタンバイモード
  • 優先度
  • Active heartbeat interval:少なくともハートビート間隔の間パス上にトラフィック(ユーザー/コントロール)がない場合に、アプライアンスから仮想パスの反対側のピアにハートビートメッセージが送信される間隔

ローカルの従量制課金リンクでは、アプライアンスのダッシュボードの下部に WAN リンクメータリング テーブルが表示され、メータリング情報が表示されます。

ローカルの従量制課金リンクでの帯域幅使用率は、設定されたデータキャップに対して追跡されます。使用量が構成済みデータ上限の 50%、75%、または 90% を超えると、アプライアンスはユーザーに警告するイベントを生成し、アプライアンスのダッシュボードの上部に警告バナーが表示されます。この使用状況アラートイベントは、SD-WAN Centerでも表示できます。従量制課金パスは、1 つまたは 2 つの従量制課金リンクで形成できます。2 つの従量制課金リンク間にパスが形成されている場合、従量制課金パスで使用されるアクティブハートビートインターバルは、リンクで設定された 2 つのアクティブハートビートインターバルのうち大きい方になります。

従量制課金パスは非スタンバイパスであり、常にユーザトラフィックに適格です。GOOD 状態にある非従量制課金パスが少なくとも 1 つある場合、従量制課金パスは制御トラフィックの量を削減し、フォワーディングプレーンがパスを検索するときに回避されます。

スタンバイモード

WAN リンクのスタンバイモードは、デフォルトで無効になっています。スタンバイモードを有効にするには、次の 2 つのモードのどちらでスタンバイリンクが動作するかを指定する必要があります。

  • オンデマンド:いずれかの条件が満たされたときにアクティブになるスタンバイリンク。

    仮想パスで使用可能な帯域幅が、設定されたオンデマンド帯域幅制限よりも小さく、十分な使用量がある場合。十分な使用量は、現在の使用可能な帯域幅の 95% 以上(ON_DEMAND_USAGE_THRESHOLD_PCT)として定義されるか、現在の使用可能な帯域幅と現在の使用量の差が 250 kbps 未満(ON_DEMAND_THRESHOLD_GAP_KBPS)の場合、両方のパラメータは t2_variables を使用して変更できます。パスが無効になっているか、無効になっています。

  • Last -resort:スタンバイリンクとオンデマンドスタンバイリンクがすべてデッドまたは無効の場合にだけアクティブになるスタンバイリンク。

  • スタンバイプライオリティは、スタンバイリンクが複数ある場合に、スタンバイリンクがアクティブになる順序を示します。

    • プライオリティ 1 のスタンバイリンクが先にアクティブになり、プライオリティ 3 のスタンバイリンクが最後にアクティブになります

    • 複数のスタンバイリンクに同じプライオリティを割り当てることができます

スタンバイリンクを設定する場合、スタンバイプライオリティと 2 つのハートビートインターバルを指定できます。

  • アクティブハートビート間隔 :スタンバイパスがアクティブなときに使用されるハートビート間隔(デフォルト:50ms/1s/2s/3s/4s/5s/6s/7s/8s/9s/10s)

  • スタンバイハートビート間隔 :スタンバイパスが非アクティブな場合に使用されるハートビート間隔(デフォルト:1s/2s/3s/4s/5s/6s/7s/8s/9s/10s/無効)

スタンバイパスは、1 つまたは 2 つのスタンバイリンクで形成されます。

  • オンデマンド :次の間にオンデマンドスタンバイパスが形成されます。
    • 非スタンバイリンクとオンデマンドスタンバイリンク
    • 2 つのオンデマンドスタンバイリンク
  • Last -Resort:次の間に最終リゾートスタンバイパスが形成されます。
    • 非スタンバイリンクおよび最終リゾートスタンバイリンク
    • オンデマンドスタンバイリンクおよびラストリゾートスタンバイリンク
    • 2 つの最終リゾートスタンバイリンク

スタンバイパスで使用されるハートビートインターバルは、次のように決定されます。

  • 2 つのリンクのうち少なくとも 1 つでスタンバイハートビートが無効になっている場合、非アクティブな間はスタンバイパスでハートビートが無効になります。
  • いずれかのリンクでスタンバイハートビートが無効になっていない場合、スタンバイパスがスタンバイのときに 2 つの値のうち大きい方が使用されます。
  • 両方のリンクでアクティブハートビートインターバルが設定されている場合、スタンバイパスがアクティブなときに 2 つの値のうち大きい方が使用されます。

ハートビート (キープアライブ) メッセージ:

  • 非スタンバイパスでは、ハートビートメッセージが送信されるのは、少なくともハートビートインターバルの間にトラフィック(制御またはユーザ)がない場合だけです。ハートビート間隔は、パスの状態によって異なります。非スタンバイ、非従量制課金 パスの場合:
    • パス状態がGOODの場合、50ミリ秒
    • パス状態がBADの場合、25 ミリ秒

スタンバイパスでは、使用されるハートビート間隔は、アクティビティ状態とパスの状態によって異なります。

  • 非アクティブの間、ハートビートが無効になっていない場合、ハートビートメッセージは設定されたスタンバイハートビート間隔で定期的に送信されます。これは、他のトラフィックが許可されていないためです。

  • パス状態が GOOD の場合に、設定されたアクティブハートビートインターバルが使用されます。

  • パスの状態が BAD の場合、設定されたアクティブハートビートインターバル 1/2 が使用されます。

  • 非スタンバイパスと同様に、アクティブ中は、少なくとも設定されたアクティブハートビートインターバルの間にトラフィック(制御またはユーザ)がない場合に限り、ハートビートメッセージが送信されます。

  • パス状態が GOOD の場合に、設定されたスタンバイハートビートインターバルが使用されます。

  • パスの状態が BAD の場合、設定されたスタンバイハートビートインターバルの 1/2 が使用されます。

非アクティブの場合、スタンバイパスはユーザトラフィックに対して適格ではありません。非アクティブなスタンバイパスで送信される制御プロトコルメッセージは、ハートビートメッセージだけです。ハートビートメッセージは、接続障害検出および品質メトリックの収集用です。スタンバイパスがアクティブの場合、時間コストを追加したユーザトラフィックに適格です。これは、フォワーディングパスの選択中に非スタンバイパスが使用可能な場合、そのパスが優先されるようにするために行われます。

アクティブでない状態のハートビートが無効になっているスタンバイパスのパスステートは GOO であると見なされ、[ モニタリング] の下の [Path Statistics] テーブルに GOO と表示されます。アクティブになると、仮想パスピアから聞くまで DEAD 状態で開始される非スタンバイパスとは異なり、GOOD 状態で開始されます。仮想パスピアとの接続が検出されない場合、パスは BAD になり、次に DEAD になります。仮想パスピアとの接続が再確立されると、パスがBADになり、その後再びGOOD になります。

このようなスタンバイパスが DEAD になってから非アクティブになった場合、パスの状態は(仮定)GOOD に変更されません。その代わり、すぐに使用できないように、時間の間 DEAD 状態に保たれます。これは、正常なDEADパスを想定した低いプライオリティのパスグループと、実際に GOOD パスを持つ高いプライオリティのパスグループの間でアクティビティが振動するのを防ぐためです。この保留期間 (NO_HB_PATH_ON_HOLD_PERIOD_MS) は 5 分に設定され、t2_変数を使用して変更できます。

仮想パスでパス MTU 検出が有効になっている場合、パスがスタンバイ状態の間、スタンバイパスの MTU は仮想パスの MTU の計算に使用されません。スタンバイパスがアクティブになると、仮想パスの MTU は、スタンバイパスの MTU を考慮して再計算されます。(仮想パスの MTU は、仮想パス内のすべてのアクティブパスの中で最小のパス MTU です)。

スタンバイパスがスタンバイとアクティブの間で移行すると、イベントとログメッセージが生成されます。

構成の前提条件:

  • メーターリンクは、任意のアクセスタイプである場合があります。
  • サイトのすべてのリンクは、メータリングを有効にして構成できます。
  • スタンバイリンクは、[パブリックインターネット] または [プライベートイントラネット] のアクセスタイプです。プライベート MPLS アクセスタイプの WAN リンクは、スタンバイリンクとして設定できません。
  • サイトごとに少なくとも 1 つの非スタンバイリンクを設定する必要があります。サイトごとに最大 3 つのスタンバイリンクがサポートされます。
  • インターネット/イントラネットサービスは、オンデマンドスタンバイリンクで構成されていない可能性があります。オンデマンドスタンバイリンクは、仮想パスサービスのみをサポートします。
  • インターネットサービスは、last-resort スタンバイリンクで設定されている場合がありますが、サポートされているのはロードバランシングモードだけです。
  • イントラネットサービスは、ラストリゾートスタンバイリンクで構成されている可能性がありますが、サポートされているのはセカンダリモードのみで、プライマリ再要求を有効にする必要があります。

従量制課金リンクを設定するには:

  1. SD-WAN Web 管理インターフェイスで、[ 構成] > [仮想 WAN ] > [ 構成エディタ] > [ドロップダウンリストから [ **サイト ]** を追加または選択] > [ WAN リンク ] > [ [ Metered/Standby Link ] タブを展開します。

WAN リンクのメータリング

  1. [メータリング を有効にする] チェックボックスをオンにします。[データ上限]、[請求サイクルの開始日]、および [アクティブハートビート間隔] の値を指定できます。

従量制課金WANリンクを有効にする

  1. データ上限に達した場合は無効にします。
  • [データ上限に達した場合は 無効にする] チェックボックスがオンになっている場合、データ使用量がデータ上限に達すると、従量制課金リンクおよび関連するすべてのパスは、次の請求サイクルまで無効になります。
  • デフォルトでは、[ Disable If Data Cap に達した場合] チェックボックスはオフになります。このチェックボックスは、データ上限に達した後も次の請求サイクルまで継続される従量制課金リンクに設定された現在のモードまたは状態を保持します。

スタンバイリンクを設定するには、次の手順を実行します。

  1. デフォルトでは、WAN リンクのスタンバイモードは無効です。WAN リンクをスタンバイとして設定するには、ドロップダウンリストからいずれかのスタンバイモード(Last-Resort/On-Demand)を選択します。スタンバイ WAN リンクのメータリング

  2. スタンバイモードを選択したら、スタンバイプライオリティ、アクティブハートビートインターバル、およびスタンバイハートビートインターバルを適宜選択します。[ Apply ] をクリックして、構成を検証します。

  3. オンデマンドスタンバイリンクが設定されている場合、グローバルなデフォルトのオンデマンド帯域幅制限(120%)が仮想パスに適用されます。これは、仮想パスで許可される WAN-to-LAN 帯域幅の最大値を指定します。これは、仮想パス内のすべての非スタンバイリンクによって提供される総帯域幅に対するパーセンテージで表されます。仮想パスで使用可能な帯域幅が制限を下回っている限り、十分な使用量があれば、アプライアンスは帯域幅を補完するためにオンデマンドパスをアクティブ化しようとします。

  4. グローバルなデフォルトのオンデマンド帯域幅制限を表示または変更するには、** [ グローバル] > [ **仮想 WAN ネットワーク 設定] セクションを開きます。

グローバル仮想 WAN 設定

  1. 仮想パスに固有のオンデマンド帯域幅制限を適用し、グローバルなデフォルト設定を変更しない場合は、仮想パスのデフォルトセットを作成し、[詳細設定] でオンデマンド帯域幅制限を変更できます。

グローバル仮想パスのデフォルト・セット

  1. 特定の仮想パスの設定を適用するには、[ 接続] > [仮想パス] セクションに移動し、[ **+ 仮想パス] をクリックします。**

サイト仮想パスのデフォルト・セット

従量制課金およびスタンバイ WAN リンクの監視

  • [ダッシュボード] ページには、使用量に関する次の WANリンクメータリング 情報が表示されます。

    • [ WAN リンク名]: WAN リンク名を表示します。
    • 合計使用量:トラフィック使用量の合計(データ使用量+制御使用量)が表示されます。
    • [ データ使用量]: ユーザトラフィック別の使用量を表示します。
    • 制御使用状況: 制御トラフィック別に使用状況を表示します。
    • 使用量 (単位:%): 使用済みデータ上限値をパーセント (使用量合計/データ上限) x 100 で表示します。
    • 請求サイクル: 請求頻度 (毎週/月単位)
    • 開始元: 請求サイクルの開始日
    • 経過日数: 経過時間 (日、時、分、秒)

    モニター測光

  • パス統計([監視] > [統計] > [パス])が表示されている場合、従量制課金リンクとスタンバイリンクがスクリーンショットに示すようにマークされます。

    モニター測光

  • アプライアンスにローカルまたはリモートのオンデマンドスタンバイリンクがある仮想パスがある場合、WAN リンク使用状況の統計情報を表示すると、ページの下部にオンデマンド帯域幅を示す追加のテーブルが表示されます([監視] > [統計] > [WAN リンク使用状況])。

    オンデマンド帯域幅

  • 従量制課金リンクの使用量が、設定されたデータ上限の 50% を超えると、ダッシュボードの上部に警告バナーが表示されます。さらに、使用量が構成済みのデータ上限の 75% を超えると、ダッシュボードの下部に向けた数値計測情報が強調表示されます。

    警告バナー

WAN リンク使用イベントは、設定済みデータ上限の 50%、75%、および 90% を超えると、アプライアンスでも生成されます。

使用状況イベント

  1. スタンバイパスがスタンバイ状態とアクティブ状態の間で移行すると、アプライアンスによってイベントが生成されます。

モニター測光

2. 各パスに設定されたアクティブおよびスタンバイのハートビート間隔は、[ 構成 ] > [ 仮想 WAN ] > [ 構成の 表示 ] > [ パス ] で確認できます。

モニター測光

メータリングおよびスタンバイ WAN リンク