Citrix SD-WAN

仮想 WAN 展開を実行せずに 11.1 にアップグレードする

注:最新の 11.1 機能を設定するには、MCN アプライアンスを11.1 ソフトウェアにリマイアします。詳しくは、「Citrix SD-WAN アプライアンスソフトウェアの再イメージ化」を参照してください。

  1. 構成 エディタを使用して構成 を準備し、有効な名前で構成を保存します。詳細については、構成を参照してください。

    ローカライズされた画像

  2. 保存した構成を変更管理にエクスポートします。[ エクスポート ] をクリックし、宛先として [ 変更管理の受信トレイ ] を選択します。[エクスポート] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. [ 変更管理] > [変更の準備 ] ページで、[ ファイルの選択 ] をクリックし、 ctx-sdw-11.1.0.x.zip ソフトウェアパッケージファイルを選択します。[アップロード]をクリックします。

    注:

    Citrix SD-WAN リリース11.1ソフトウェアパッケージは、このダウンロードページからダウンロードできます。

    ローカライズされた画像

    進行状況バーが表示され、現在のアップロードの進行状況が表示されます。

    ローカライズされた画像

  4. アップロード処理が成功すると、各ブランチプラットフォームモデルに関する情報を含む設定ファイルに基づいてアップグレードされる関連モデルが表示されます。

    ローカライズされた画像

  5. [ Stage Appliance ] をクリックして、構成ファイルの検証を続行します。ユーザー同意の [使用許諾契約] ページが表示されます。[使用 許諾契約書に同意 します] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  6. アプライアンスのステージング プロセスが開始され、変更はネットワーク上のすべてのアプライアンスに配信されます。転送進行状況バーが表示され、サイト詳細テーブルが更新されます。

    ローカライズされた画像

  7. 転送の進行状況が 100% 完了したら、[ 次へ ] をクリックしてアクティベーションに進みます。

    ローカライズされた画像

  8. [ ステージングを有効化] をクリックします。アプライアンスが初めてステージングされると、ユーザー受け入れのポップアップメッセージが表示されます。

    ローカルアプライアンスをアクティブ化するための [ ローカル変更管理 ] ページにリダイレクトされます。[ OK] をクリックして続行します。

    ローカライズされた画像

  9. [ローカル変更管理で ステージングされたアクティブ化 ] をクリックします。アクティベーション確認メッセージが表示されます。[OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

    アクティベーションは、180秒のカウントダウンタイマーから始まります。

    ローカライズされた画像

  10. カウントダウン後、アクティベーションが完了したことを示すメッセージが表示されます。「 完了」をクリックすると、アプライアンスが再起動します。

    ローカライズされた画像

  11. アプライアンスが再起動したら、[ Change Management ] ページに移動して、Virtual WAN ソフトウェアアップグレードのみでネットワークにブートストラップする必要がある各ブランチのローカル変更管理パッケージをダウンロードします。

    ローカライズされた画像

  12. アプライアンスで SD-WAN サービスを有効にします。[ 仮想 WAN] > [フローの有効化/無効化/パージ ] に移動し、[ 有効] をクリックします。

    ローカライズされた画像

さらに構成し、新しいサイトをネットワークに追加するには、「ブランチノードの構成」の手順を実行します。

仮想 WAN 展開を実行せずに 11.1 にアップグレードする