Citrix SD-WAN

光ファイバ Y ケーブルを使用したエッジモードの高可用性の有効化

注:リリース 10.2 バージョン 2 では、この機能は 1100 SE/PE アプライアンスのみに適用できます。

次の手順では、WAN リンクサービスプロバイダーからのハンドオフが光ファイバであるエッジモードで配置された 1100 SE/PE アプライアンスで High Availability(HA; 高可用性)を有効にする手順について説明します。 1100アプライアンスで使用可能なSFP(小型フォーム・ファクタ・プラグ)ポートを光ファイバ Y ケーブルとともに使用すると、エッジ・モード導入で高可用性機能を実現できます。 1100 SE/PE アプライアンスでは、スプリッタケーブルのスプリットエンドは、HA ペアで設定された 2 つの 1100 アプライアンスのファイバポートに接続します。 光ファイバYケーブルには3つの端があります。一方の端はプロバイダのファイバハンドオフに接続し、他方の端は、HA ペアで配置された 2 つの 1100 SE/PE アプライアンス上の WAN リンク用に設定された SFP ポートに接続します。スプリッタケーブルは、1つの着信信号を複数の信号に分割するために使用されます。

ローカライズされた画像

前提条件:

  1. 1100 SE/PE アプライアンスでは、ポート 1/5 と 1/6 は SFP ポートです。Y ケーブルのスプリッタの端を、HA ペアの両方のアプライアンスのいずれかのポートに接続します。詳細については、1100 SEを参照してください。

  2. SFP ポートを SD-WAN アプライアンス構成に追加します。SFP ポートの設定は、ネットワークインターフェイスポートの設定と同じです。詳しくは、「インターフェイスグループの設定方法」を参照してください。設定に 1/5 または 1/6 ポートを追加すると、Y ケーブルサポート機能を有効にできます。

ローカライズされた画像

Y ケーブルを使用して高可用性を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. 1100 SE/PE アプライアンスの GUI で、[ 構成] > [仮想 WAN] > [構成エディタ] > [サイト]に移動します。[ 高可用性の有効化] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  2. [ Y ケーブルサポートを有効にする] をクリックします。
  3. Y ケーブルに接続されたインターフェイス以外の他のインターフェイス(1/1 LAN に面したインターフェイス、または 1/2 直接接続されたインターフェイスなど)を使用して HA IP インターフェイスを追加します。Y ケーブル機能が有効の場合、SFP ポートを HA IP インターフェイスに使用できません。

    ローカライズされた画像

  4. 設定を適用、ステージングおよびアクティブ化します。

制限事項:

  • Y ケーブルを使用した HA フェールツーワイヤモードの設定はサポートされていません。
  • Y ケーブルに接続された SFP は、HA IP インターフェイストラッキングとして使用できません。
  • この展開をサポートするには、リリース 10.2.2 以上、および 11.0 以上が必要です。

光ファイバ Y ケーブルを使用したエッジモードの高可用性の有効化