SD-WAN ネットワークの構築

SD-WAN オーバーレイルートテーブルを構築せずに SD-WAN オーバーレイネットワークを構築するには、次の手順を実行します。

  1. 2 つの SD-WAN アプライアンス間の各 WAN リンクに WAN パストンネルを作成します。

  2. 各 WAN リンクのエンドポイントを表すように仮想 IP を設定します。現在の L3 ネットワークを介して暗号化された WAN パスを確立できます。

  3. 2、3、および 4 つの WAN パス(物理リンク)を 1 つの仮想パスに集約することで、最もインテリジェントでコスト効率が悪い既存のアンダーレイではなく、SD-WAN オーバーレイネットワークを利用して、パケットが WAN を通過できるようになります。

SD-WAN ルーティングコンポーネントとネットワークトポロジ

  • ローカル:サブネットがこのサイトに存在する(SD-WAN環境にアドバタイズされる)

  • 仮想パス — 仮想パスを通じて、選択したサイトアプライアンスに送信されます。

  • イントラネット — SD-WAN アプライアンスがないサイト

  • インターネット — インターネットにバインドされたトラフィック

  • パススルー:一方のブリッジインターフェイスで他方のブリッジインターフェイスから手つかずのトラフィック

  • デフォルトルート(0.0.0.0/0)定義-SD-WAN オーバーレイルートテーブルでキャプチャされないパススルートラフィックに使用されます。または MCN で使用され、インターネットトラフィックのバックホールのためにすべてのトラフィックを MCN ノードに転送するようにクライアントサイトに指示します。

    ローカライズされた画像