Citrix SD-WAN

最適化のデフォルトサービスクラスの設定

[ Global ] タブで、WAN 最適化のデフォルトサービスクラス設定を構成できます。

WAN Optimizationサービスクラスのデフォルトセットを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [ グローバル ] タブで、[ WAN Optimizationサービスクラス] をクリックします。

    サービスクラス」(Service Class es) テーブルが開き、デフォルトのサービスクラスセットが表示されます。

    ローカライズされた画像

    このテーブルは、設定フォームでもあります。このフォームを使用して、サービスクラスを設定(編集)、削除、および追加して、カスタマイズされたデフォルトセットを作成できます。変更されたデフォルトの サービスクラ ス・セットおよび構成した個々のサービスクラスの設定は、 最適化 セクション・ツリーに含まれるブランチ・サイトにデフォルトとして自動的に適用されます。

    また、特定のブランチサイトごとに サービスクラス セットと設定をカスタマイズすることもできます。ブランチサイトの 最適化 設定をカスタマイズする手順については、「ブランチサイトの最適化の構成」の項を参照してください。

  2. 既存のサービスクラスを設定するには、[Service Class] テーブルでそのクラスエントリの [ Edit ] 列にある [Edit](鉛筆アイコン)をクリックします。

    選択したサービスクラスを設定するためのポップアップ設定 を編集 フォームが開きます。

    ローカライズされた画像

  3. サービスクラスの基本設定を行います。

    基本的な設定は次のとおりです。

    • 有効 」— 新しいサービスクラスを有効にする場合に選択します。クラスはデフォルトで有効になっています。

    • アクセラレーションポリシー 」—「 アクセラレーションポリシー 」ドロップダウンメニューからポリシーを選択します。使用できるオプションは、次のとおりです:

      • disk — 圧縮に使用するトラフィック履歴を保存する場所としてアプライアンスディスクを指定する場合は、このポリシーを選択します。これにより、このサービスクラスのディスクベース圧縮(DBC)ポリシーが有効になります。一般的に、アプライアンスは、トラフィックに適した **ディスク** または メモリ をストレージの場所として自動的に選択するため、通常はディスクのポリシーが最適です。

      • none :このサービスクラスに対してアクセラレーションポリシーを有効にしない場合は、このオプションを選択します。通常、 none というポリシーは、圧縮不可能な暗号化トラフィックとリアルタイムビデオにのみ使用されます。

      • flow control Only :圧縮を無効にしますが、フロー制御アクセラレーションを有効にするには、このポリシーを選択します。常に暗号化されるサービスと FTP コントロールチャネルの場合は、このオプションを選択します。

      • memory :圧縮に使用されるトラフィック履歴を保存する場所としてメモリを指定するには、このポリシーを選択します。

    • AppFlow レポートを有効にする 」— このサービスクラスに対してAppFlow レポートを有効にする場合は、これを選択します。AppFlow は、ネットワークインフラストラクチャで処理されるアプリケーショントランザクションデータのロックを解除するための業界標準です。WAN Optimization AppFlow インターフェイスは、任意の AppFlow コレクタと連携してレポートを生成します。コレクタは、AppFlow オープン標準(http://www.appflow.org)を使用して、アプライアンスから詳細情報を受け取ります。

      AppFlow の詳細については、Citrixドキュメントポータルhttp://docs.citrix.com/にある Citrix CloudBridge 7.4製品ドキュメントを参照してください。

      WAN Optimization AppFlow レポートを表示するには、[ モニタリング ] タブ** を選択し、ナビゲーションツリー (左ペイン) で [ **WAN Optimization ] ブランチを開き、[ AppFlow] を選択します。仮想 WAN のモニタリング」も参照してください。

    • SSL トンネルから除外 」— サービスクラスに関連付けられたトラフィックを SSL トンネリングから除外する場合に選択します。

  4. サービスクラスの フィルタ規則 を設定します。

    既存のルールを編集するには、次の操作を行います。

    1. [フィルタルール] テーブル (フォームの下部) で、編集するルールの [編集] 列にある [編集] (鉛筆アイコン) をクリックします。

      これにより、選択したフィルタ規則のフィルタ規則設定が表示されます。

      ローカライズされた画像

    2. [方向] ドロップダウンメニューからフィルタの方向を選択します。

      次のいずれかのオプションを選択します:

      • 双方向

      • 単方向

    3. [ 構成済み ] の一覧でアプリケーションを追加または削除します。

      リストにアプリケーションを追加するには、左側の[ アプリケーション] リストでアプリケーション を選択し、右矢印 (>) をクリックして、右側の [ 構成済み ] リストにグループを追加します。すべての アプリケーションを 一覧に一度に追加するには、[すべて追加] 二重右矢印 (») をクリックします。

      リストからアプリケーションを削除するには、右側の [構成済み]リストでアプリケーションを選択し、[削除]左矢印 (<)をクリックします。一覧からすべての アプリケーションを 一度に削除するには、[すべて削除] 二重左矢印 («) をクリックします。

    4. 下にスクロールして、フォームの切り捨てられた部分を表示します。

      [ Filter Rules ] の設定セクションは多少長いため、スクロールバーを使用してフォームの切り捨てられた部分を表示する必要があります。

      ローカライズされた画像

    5. [送信元 IP アドレス] フィールドに 送信元 IP アドレスを入力します

    6. 入力した送信元 IP アドレスの右側にある [ + ] をクリックします。

      これにより、指定した IP アドレスが 送信元 IP アドレス テーブルに追加されます。

      ローカライズされた画像

    7. このフィルタ規則の送信元 IP アドレスを含めるか除外するかを指定します。

      [ 除外 ] チェックボックスをオンにして、指定した送信元 IP アドレスをこのフィルタ規則から除外します。アドレスを含めるには、チェックボックスの選択を解除します。

    8. [宛先 IP アドレス] フィールドに 宛先 IP アドレスを入力します

    9. 先ほど入力した [宛先 IP アドレス] の右側にある [ + ] をクリックします。

      これにより、指定した IP アドレスが 送信元 IP アドレス テーブルに追加されます。

      ローカライズされた画像

    10. このフィルタ規則の宛先 IP アドレスを含めるか除外するかを指定します。

      [ 除外 ] チェックボックスをオンにして、指定した宛先 IP アドレスをこのフィルタ規則から除外します。アドレスを含めるには、チェックボックスの選択を解除します。

    11. [適用] をクリックします。

      これにより、変更内容がルールに適用され、[ フィルタルール 設定] セクションが非表示になります。

  5. (オプション)デフォルトの サービスクラス セットをカスタマイズします。

    次のようにして、サービスクラスを追加または削除して、デフォルトセットをカスタマイズできます。

    • セットからサービスクラスを削除する手順は、次のとおりです。

      テーブル内のサービスクラス・エントリの「削除」( Delete ) 列にあるゴミ箱アイコンをクリックして、そのエントリを削除します。

    • サービスクラスをセットに追加するには、次の手順に従います。

      1. [ サービスクラス ] ブランチのラベルの右側にある [ + ] をクリックします。

        [設定の 追加 ] フォームが表示されます。

      2. 「名前」 フィールドに新しいサービスクラスの名前を入力します。

      3. 新しいサービスクラスを設定します。

        新しいサービスクラスを設定する手順は、既存のサービスクラスを変更する場合と同じです。手順については、このセクションの前の手順を参照してください。

        “3. サービスクラスの基本設定を行います。

        “4. サービスクラスのフィルタ規則を設定します。

      4. [ Add ] をクリックして、新しいサービスクラスをデフォルトセットに追加し、[ Add configuration] フォームを閉じます。

  6. (オプション、推奨)構成パッケージ を保存します

    これで、グローバル WAN Optimization構成が完了し、ブランチサイトの 最適化 セットと設定の構成を開始できます。

最適化のデフォルトサービスクラスの設定