Citrix SD-WAN

Citrix SD-WAN 11.2

Citrix SD-WAN Platform Edition

Citrix SD-WANアプライアンスには4つの異なるエディションがあり、アップグレードや構成、監視を容易に行えるため、必要な機能を各場所に展開できます。

  • Citrix SD-WAN Advanced Edition(AE) -このエディションでは、Citrix SD-WANアプライアンス上でエッジセキュリティ機能が有効になります。これには、次のセキュリティ機能が含まれます。
    • Web フィルタリング
    • マルウェア対策
    • 侵入防止
  • Citrix SD-WAN Premium(PE) -このエディションには、Standard EditionとWAN最適化の両方の機能が含まれています。Premium Edition WAN仮想化とWAN最適化機能を統合して、ブランチとモバイルのユーザーエクスペリエンスを最適化し、ネットワークの品質に関係なく、完全に回復力のあるアプリケーションを実現します。

  • Citrix SD-WAN Standard Edition(仮想WAN/SE) -このエディションには、Standard Edition仮想WAN機能のみが含まれています。Standard Editionは、複数のネットワークリンクから信頼性の高いネットワークを構築するために、ソフトウェアデファインド WAN 機能をサポートしています。これにより、各アプリケーションが、最高のアプリケーション・パフォーマンスを実現するための最良の経路をとることができます。

  • Citrix SD-WAN Optimization エディション(WANOP) -このエディションには、WAN最適化機能のみが含まれています。アプリケーションの高速化、データ削減、プロトコル制御をサポートし、WAN 全体でアプリケーションを最適化します。オプションで、仮想Windows Serverを含めて、ブランチインフラストラクチャとモバイルPCプラグイン機能を簡素化できます。

WANOP Editionと Standard/Premium Editionは、異なるソフトウェアを実行する独立したハードウェアプラットフォームです。

データセンターでは、管理者は 1 つのStandard Editionと 1 つの WANOP Editionを展開して、Premium Edition の機能を実現できます。ブランチオフィスでは、管理者はStandard EditionまたはWANOP Editionのいずれかを展開することを選択できます。また、ブランチオフィスに単一の Premium Edition を展開することで、Standard Editionと WANOP Editionの両方のメリットを実現できます。

Citrix SD-WAN Platform Editionを使用するためのライセンスオプションの詳細については、「ライセンス」セクションを参照してください。

Command Centerのサポート終了通知:

Citrix Command Center ツールの終了プロセスは、2017年5月15日から開始されました。

WAN Optimization展開用の新しい管理ツールCitrix Application Delivery Managementに移行することをお勧めします。

Command Center の EOL カレンダーおよび関連する詳細については、次の記事を参照してください。

Citrix Command Center ツールは、SD-WAN 9.2アプライアンスソフトウェアリリースまでサポートされます。

SD-WAN 9.3ソフトウェアリリース以降、Citrix Application Delivery Management はSD-WANアプライアンスの管理ツールです。

Citrix SD-WAN 11.2