Citrix SD-WAN

CloudInit を使用して、OpenStack での Citrix SD-WAN Standard Editionのデプロイ

OpenStack環境にCitrix SD-WANStandard Edition(SE)を展開できるようになりました。このためには、Citrix SD-WANイメージが構成ドライブ機能をサポートしている必要があります。

メモ

構成ドライブ機能をサポートするCitrixイメージを作成します。

構成ドライブ機能では、管理ネットワーク経由でCitrix Orchestratorとの通信を確立するために、次のパラメーター構成がサポートされます。

  • 管理 IPv4 アドレス
  • 管理Gateway
  • Name-server1
  • Name-server2
  • シリアル番号-認証に使用され、新しいインスタンスで再利用する必要があります。クラウドで渡されたシリアル番号は、VPXインスタンスで自動生成されたトライアル番号を上書きする必要があります。

  • シリアル番号を再利用するために、OpenStack 上で実行される SD-WAN に init スクリプトが組み込まれ、/etc/default/family のシリアル番号を変更します。

  • Orchestrator には、SD-WAN アプライアンスが機能する一意のシリアル番号が必要です。

Cloudinit スクリプトは、設定ドライブを備えた OpenStack での SD-WAN デプロイメントのコンテキスト化をサポートします。

コンテキスト化の過程で、インフラストラクチャはコンテキストを仮想マシンで使用可能にし、仮想マシンはコンテキストを解釈します。コンテキスト化では、仮想マシンは特定のサービスを開始したり、ユーザーを作成したり、ネットワークと構成パラメータを設定したりできます。

OpenStack の SD-WAN インスタンスの場合、ユーザーからの管理 IP、DNS、およびシリアル番号に必要な入力。Cloudinit スクリプトはこれらの入力を解析し、指定された情報を使用してインスタンスをプロビジョニングします。

OpenStackクラウド環境でインスタンスを起動する場合、Citrix SD-WANアプライアンスは、起動時のインスタンスの自動構成をサポートするために、ユーザーデータとCloudInit という2つのテクノロジーをサポートする必要があります。

OpenStack 環境で SD-WAN SE をProvisioning するには、次の手順を実行します。

前提条件

[ イメージ] に移動し、[イメージ を作成] をクリックします

イメージを作成

  • [ イメージ名] : イメージ名を指定します。
  • 「画像の説明 」-画像の説明を追加します。
  • ファイル -ローカルドライブから kvm.qcow2 イメージファイルを参照して選択します。
  • フォーマット — ドロップダウンリストから QCOW2 — QEMU エミュレータディスクフォーマットを選択します。

[イメージ を作成] をクリックします

ネットワークポートとネットワークポートの両方が最初に作成され、定義済みである必要があります。ネットワーク・ポートを作成するには、次の手順に従います。

  1. [ ネットワーク]で [ ネットワーク] を選択し 、** [ **ポート] タブに移動します。

  2. [ポート の作成] をクリックし 、必要な詳細を入力し、[作成] をクリックします。

ポートの作成

[ 固定 IP アドレス] を選択した場合は、新しいポートのサブネット IP アドレスを指定する必要があります。

固定 IP アドレスの作成

ポートが作成され、どのデバイスにも接続されていないので、現在のステータスは [Detached] と表示されます。

OpenStack インスタンスを作成して、config-drive を有効にし、user_data を渡します。

  1. OpenStack にログインし、インスタンスを設定します。

インスタンス

  1. kvm.qcow2.gz ファイルをダウンロードし、解凍します。

  2. [ インスタンス] に移動し、[インスタンスの 起動] をクリックします

メモ

[ Inst ances] に戻り、[ Launch Instance ] をクリックするか、イメージの作成** 後に [Images] 画面から [ **Launch] をクリックします。

インスタンスを起動する

  1. [ 詳細 ] タブで、次の情報を入力します。
  • 「インスタンス名」 — インスタンスのホスト名を指定します。
  • [ Description] — インスタンスの説明を追加します。
  • [ Availability Zone] — インスタンスをデプロイするアベイラビリティーゾーンをドロップダウンリストから選択します。
  • 「カウント」 — インスタンス数を入力します。この数を増やすと、同じ設定で複数のインスタンスを作成できます。[ 次へ] をクリックします

    次にインスタンスを起動する

  1. [ ソース ] タブで、[新しいボリュームの 作成]で [ いいえ] を選択し 、[次へ] をクリックします。インスタンスソースは、インスタンスの作成に使用されるテンプレートです。

ボリュームの作成

  1. インスタンス** の [ **フレーバー] を選択し、[次へ] をクリックします。インスタンスに選択したフレーバーによって、インスタンスのコンピューティング、ストレージ、およびメモリ容量が管理されます。

メモ

選択するフレーバーには、作成しようとしているインスタンスのタイプをサポートするのに十分なリソースが割り当てられている必要があります。インスタンスに十分なリソースを提供していないフレーバーが、使用可能なテーブルで黄色の警告アイコンで識別されます。

管理者は、フレーバーの作成と管理を担当します。割り当てる矢印 (右側) をクリックします。

フレーバー

  1. ネットワークを選択し、[ Next] をクリックします。ネットワークは、インスタンスの通信チャネルを提供します。

メモ

アドミニストレータがプロバイダのネットワークを作成し、これらのネットワークはデータセンター内の既存の物理ネットワークにマップされます。同様に、プロジェクトネットワークはユーザによって作成され、これらのネットワークは完全に分離され、プロジェクト固有です。

ネットワーク

  1. インスタンスのネットワークポートを選択し、[ Next] をクリックします。ネットワークポートは、インスタンスへの追加の通信チャネルを提供します。

メモ

ネットワークの代わりにポートを選択することも、両方のポートを混在させることもできます。

ネットワークポート

  1. [ 構成] に移動し、[ファイルを 選択] をクリックしますuser_data ファイルを選択します。管理IPDNS、シリアル番号の情報は、user_data ファイルで確認できます。

  2. コンフィグレーションドライブ」 チェックボックスを有効にします。構成ドライブを有効にすると、ユーザーメタデータをイメージ内に配置できます。

構成ドライブ

  1. [インスタンスの 起動] をクリックします
CloudInit を使用して、OpenStack での Citrix SD-WAN Standard Editionのデプロイ