Citrix SD-WAN

パス・マッピングと帯域幅の使用率の向上

[Monitoring] タブでは、パスマッピングと帯域幅使用率の拡張が実装され、トラフィックフローが表示されます。たとえば、1 つの仮想パスだけがネットワーク接続を提供していて、その仮想パスが非アクティブになると、新しい最適パスが選択され、最初のパスが最後の最適パスになります。このシナリオは、帯域幅の需要が少なく、パスが 1 つしか選択されていない場合に実装されます。

複数の仮想パスが 1 つの接続を提供している場合、1 つの現在の最適パスと次の最適パス (使用可能な場合) が表示されます。トラフィックを処理するパスが 1 つだけ存在する場合、トラフィックを処理するパスが 3 つ以上存在し、パステーブルが 2 つのパスで更新されている場合、フローの SD-WAN GUI の [Monitoring] タブには、現在の最適パスが最初のパスとして表示され、次のカンマで区切られたパスが最後の最適パスとして表示されます。このシナリオは、帯域幅を必要とするパスを増やす必要がある場合に実装されます。

SD-WAN GUI による DPI アプリケーション情報の監視

モニタリングフローの DPI アプリケーションオブジェクト名は、[SD-WAN GUI モニタリング ] → [ フロー] ページに格納され、表示されます。DPI アプリケーションを識別するためのツールチップが表示されます。

ローカライズされた画像

ローカライズされた画像

SD-WAN GUI でのトラフィックフローのパス情報のモニタリング

帯域幅を要求する着信トラフィックレートに基づいて、トラフィックを処理するために 1 つ以上のパスが必要になることがあります。

パスマッピングの実行方法を決定するには、次のシナリオを確認してください。

負荷分散伝送モード:

次の図は、トラフィックが開始され、すべてのパスが良好である場合、帯域幅需要が 1 つのパスによって処理されるのに十分なので、最適なパスが 1 つ選択されるシナリオを示しています。[ DC-MCN-インターネット ]-> [ BR1-VPX-インターネット] が 1 つのパスだけが選択され、伝送タイプのタイプが [ ロードバランシング] と表示されています。

ローカライズされた画像

次の図は、トラフィックが流れていて、そのパスの WAN 属性が低下しているときに、中断せずにトラフィックを処理するために新しいパスが選択されていることを示しています。この場合、パスマッピング機能を使用すると、トラフィックを処理する現在の最適パスが DC-MCN-Internet2-> BR1-VPX-インターネット 、トラフィックを処理した最後の最適パスが DC-MCN-インターネット-> BR1-VPX-インターネットであることを示すことができます。

この例の最後の最適パスは、どのパスが以前に接続したかを示すインジケータです。

ローカライズされた画像

次の図は、トラフィックが継続中であり、帯域幅の需要によりトラフィック処理用に複数のパスが選択されている場合に、トラフィックの送信時に複数のパスが選択されていることを示しています。上記の場合とは異なり、ここではトラフィックを処理するパスが 3 つ以上ある場合がありますが、GUI では現在トラフィックを処理している最適なパスが 2 つだけ表示されます。

フローデータ テーブルに示されている 2 つのパスがDC -MCN-インターネット->BR1-VPX-インターネット、DC-MCN-インターネット2->BR1-VPX-インターネット であるのを確認します。

示されているように、フローテーブル内の最大 2 つのパスだけが表示されます。

ローカライズされた画像

次の図は、トラフィックがまだ フローしているときに、現在の最適パスであるDC-MCN-Internet->BR1-VPX-Internetが WAN 属性で利用不能/非アクティブ/デグレードされている場合、選択された現在の最適パスが Flows Data のパスセクションに最初に表示されることを示しています。 テーブルの後に、トラフィックを処理している最後の最適なパスが続きます。

DC-MCN-インターネット->BR1-VPX-インターネットはもはやベスト ではなかったので、システムによって DC-MCN-MPLS->BR1-VPX-MPLS として新しい現在のベストパスが選択され、現在のベストパスとともに積極的に接続を提供する最後のベストパスは DC-MCN-インターネット2->BR1-VPX-インターネット の両方は、帯域幅の現在のトラフィック需要のために必要とされます。

ローカライズされた画像

重複送信モード

一般的なパケット複製モードでは、2 つのパスが同じ接続のパケットを処理するために最初に使用され、2 つの別々のパス間でパケットを複製することによって信頼性の高い配信を保証します。

パスマッピングでは、フローテーブルの path セクションに 2 つのパスがある限り、複製によってフローを処理するパスが 2 つあることがわかります。

次の図は、wen トラフィックが流れていることを示しています。2 つのパスがトラフィックを処理していることがわかります。他のモードとは異なり、トラフィックが 1 つのパスだけで提供できる帯域幅が少なくても、このモードは常に 2 つのパス間でトラフィックを複製し、信頼性の高いアプリケーション配信を実現します。

次の図に、 フローデータ テーブルのパスセクションにある 2 つのパスがあります。 DC-MCN-インターネット2->BR-VPX-インターネットDC-MCN-MPLS->BR1-VPX-MPLSです。

ローカライズされた画像

次の図は、トラフィックが流れているときに、現在の最適パスの 1 つが非アクティブになった場合に、別のパスが選択され、[ Flows Data] テーブルのパスセクションの一部として 2 つのパスが残っていることを示しています。

ローカライズされた画像

永続パス送信モード

永続パス送信モードは、パス遅延インピーダンスに基づいてフローのパケットを保持するのに役立ちます。

次の図は、フローとそのパケットを現在処理している最適なパスである 1 つのパスだけを示しています。帯域幅の需要はなく、1つのパスがすべてを供給します。現在、 DC-MCN-インターネット->BR1-VPX-インターネットである唯一の最良のパスがあります.

ローカライズされた画像

次の図は、 DC-MCN-インターネット-> BR1-VPX-インターネットパス が遅延が発生しやすいか、無効になっている場合に、新しいパスが有効になり、現在のパス DC-MCN-インターネット-> BR1-VPX-インターネットパスが最後の最適パス になることを示しています。

したがって、新しいパスセクションには、 DC-MCN-MPLS->BR1-VPX-MPLS、DC-MCN-インターネット->BR1-VPX-インターネットが表示されます

ローカライズされた画像

永続モードでは、トラフィックを処理するために複数のパスを選択することができます。この場合、GUI は、トラフィックフローの先頭からフローテーブルの path セクションに、ベストパスとネクストベストパスの両方を表示します。

次の図は、最初は 3 つ以上のパスしか必要とせず、パス遅延インピーダンスの交差(50 ms)がない限り、フローは永続的であることを示しています。取得された 2 つのパスは、 DC-MCN-インターネット->BR1-VPX-インターネット、DC-MCN-MPLS->BR1-VPX-MPLS のように表示されます。

ローカライズされた画像

DC-MCN-インターネットの最適なパスの 1 つが高遅延 になるか、無効になっていると仮定します。これにより、新しいパスが表示され、その時点でのパス選択の決定に基づいて、新しいパスが最適パスになるか、2 番目の最適パスになることができます。

ローカライズされた画像

パス・マッピングと帯域幅の使用率の向上