派生資格情報を使用したデバイスの登録

派生資格情報によって、モバイルデバイスに強力なユーザー認証が得られます。資格情報は、スマートカードから派生したもので、カードの代わりにモバイルデバイスの中に存在します。スマートカードは、Personal Identity Verification(PIV)カードまたはCommon Access Card (CAC)です。

派生資格情報は、UPNなどのユーザー識別子を含む登録証明書です。Endpoint Managementは、資格情報プロバイダーから取得した資格情報をデバイスの安全なコンテナーに保管します。

Endpoint Managementでは、iOSデバイスの登録に派生資格情報を使用できます。Endpoint Managementを派生資格情報用に構成した場合、iOSデバイスの登録招待状や他の登録モードはサポートされません。ただし同じEndpoint Managementサーバーを使用して、登録招待状や他の登録モードでAndroidデバイスを登録することはできます。

派生資格情報を使用する場合のデバイス登録手順

登録するには、デスクトップに取り付けられたスマートカードリーダーにユーザーが各自のカードを挿入する必要があります。

  1. 派生資格情報プロバイダーからSecure Hubとアプリをインストールします。この例では、IDプロバイダーアプリは、Intercede MyID Identity Agentです。

    IDプロバイダーアプリのイメージ

  2. Secure Hubを起動します。プロンプトが表示されたら、Endpoint Managementの完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力して [次へ] をクリックします。Secure Hubへの登録が開始されます。Endpoint Managementで派生資格情報がサポートされる場合、Secure HubからCitrix PINを作成するように求められます。

    資格情報プロンプトのイメージ

    登録プロンプトのイメージ

    PINプロンプトのイメージ

  3. 指示に従ってスマート資格情報をアクティブ化します。スプラッシュ画面に続いて、QRコードのスキャンを求めるプロンプトが表示されます。

    QRコードプロンプトのイメージ

  4. デスクトップに取り付けられたスマートカードリーダーに、カードを挿入します。デスクトップのアプリによってQRコードが表示され、モバイルデバイスを使用してコードをスキャンするよう求められます。

    スキャンプロンプトのイメージ

    プロンプトが表示されたら、Secure HubのPINを入力します。

    PINプロンプトのイメージ

PINの認証後に、Secure Hubによって証明書がダウンロードされます。後はプロンプトに従って登録を完了させます。

Endpoint Managementコンソールでデバイス情報を表示するには、次のいずれかを実行します:

  • [管理]>[デバイス] の順に移動し、コマンドボックスを表示するデバイスを選択します。[詳細表示] をクリックします。
  • [分析]>[ダッシュボード] の順に移動します。

派生資格情報を使用したデバイスの登録