RealTime Optimization Pack 2.4(LTSR)

HDX RealTime Optimization Packの長期サービスリリース(LTSR)プログラムは、HDX RealTime Optimization Pack 2.4リリースの安定性と長期サポートを提供します。

また、Citrix Receiverおよびその他のコンポーネントは、指定のバージョンを使用することをお勧めします。LTSRに対応する上では必須ではありませんが、最新バージョン、LTSR、LTSR累積更新プログラム(CU)、またはコンポーネントのMicrosoft版にアップグレードすることで、展開環境のメンテナンスが容易になり、最新の修正を利用できるようになります。

HDX RealTime Optimization Packのライフサイクル情報については、https://support.citrix.com/article/CTX200466を参照してください。

HDX RealTime Optimization Packでは、Microsoft Skype for Businessのオーディオ/ビデオ会議やUSBまたはボイスオーバーIPの企業向け電話に対応するスケーラブルなソリューションを提供します。Optimization Packは、Linux、Mac、Windows、(パートナー企業であるDellの)Wyse ThinOSデバイスを使用するユーザーのXenDesktopおよびXenApp環境をサポートします。既存のMicrosoft Skype for Businessインフラストラクチャ(社内環境またはクラウド環境)を使用して、デバイスでネイティブに動作する他のMicrosoft Skype for Businessエンドポイントと連動します。

Optimization Packには、クライアント用のコンポーネントとサーバー用のコンポーネントが含まれています。

  • クライアントコンポーネント。エンドポイントデバイスで統合されたCitrix HDX RealTime Media EngineおよびCitrix Receiverは、ユーザーデバイスで直接メディア処理を行います。これによって、スケーラビリティを最大化し、ネットワーク帯域幅消費を最小化し、最適なオーディオ/ビデオ品質を確保して、サーバーをオフロードします。

RealTime Optimization Pack Capability Checker for Windowsは、エンドポイントがOptimization Packに対応できるかを確認します。詳しくは、https://support.citrix.com/article/CTX222459を参照してください。

  • サーバー側(および仮想デスクトップ)コンポーネント。Citrix HDX RealTime Connectorは、XenAppまたはXenDesktopサーバーで実行されている、仮想化されたMicrosoft Skype for Businessクライアントに接続するためのコネクタです。エンドポイント上でRealTime Media Engineが機能するために必要です。RealTime Connectorは、仮想サーバー環境でMicrosoft Skype for Businessとともに実行されます。ユーザーデバイス上で動作するRealTime Media EngineとCitrix ICA仮想チャネルを介してシグナル情報を通信します。

Optimization Packは、企業ネットワーク上のユーザーやリモート環境で作業をするユーザーをサポートします。HDX RealTime Optimization Packを使用してSkype for Businessへのセキュリティ保護されたリモートアクセスを構成する方法について詳しくは、https://support.citrix.com/article/CTX201116を参照してください。

RealTime Optimization Pack 2.4(LTSR)

In this article