既知の問題

ライセンスサーバーバージョン11.17.2ビルド35000の既知の問題

このリリースには既知の問題はありません。

ライセンスサーバービルド34000の既知の問題

  • クロスドメイン環境では、Citrix Licensing ManagerとPOSHコマンドレットは、双方向の信頼関係のみを使用してユーザーを追加します。

外部信頼(一方向の信頼関係)、Citrix Licensing Manager、およびPOSHコマンドレットを使用すると、次のエラーメッセージが表示されます。Active Directory account resolution failed.

次のパラメーターを使用してCtxManageUserAndGroup.exeを「Citrix\Licensing\LS\resource」から実行することをお勧めします: - ユーザーを追加するコマンド:CtxManageUserAndGroup.exe –useradd “domain\username” -Role “admin/user” - グループを追加するコマンド:CtxManageUserAndGroup.exe –useradd “domain\username” –Role “adminGroup/userGroup

たとえば、domain1にdomain2への送信の信頼がある場合、domain2のユーザーはdomain1で認証し、実行可能ファイルのみを使用してユーザーをライセンスサーバーに追加できます。 [LIC-3268]

ライセンスファイルの問題

  • 複数行でHOSTNAME=.ライセンスが指定されているライセンスファイルは、ライセンスサーバーによって無視されます。これらのファイルはチェックアウトできません。この問題は、複数の異なるライセンスサーバーに関連付けられているライセンスを同じライセンスファイルにダウンロードした場合に発生します。

    この問題を解決するには、異なるライセンスサーバーに関連付けられている各Citrix製品のライセンスを、ライセンスサーバー単位で分割して再ダウンロードしてください。

  • 有効期限の日付がD-MMM-YYYYのように正しい形式になっていないライセンスは、Studioで [無期限] と表示されます。Citrix Licensing Managerを使用して、正しいライセンスの有効期限を表示します。 [LIC-2556]

既知の問題