ポート番号の変更

ライセンスサーバーをインストールすると、いくつかの通信ポートが設定されます。これらのポートの番号は、ライセンス管理コンソールを使って変更することができます。

  • 管理コンソールWebサーバーポート:ライセンス管理コンソールに接続するクライアントとの通信で使用される、WebサーバーのHTTPS TCP/IPポートです。デフォルトのポート番号は、8082です。ほかの用途でこのポートを使用している場合は、1~65535の別のポート番号を指定できます。アップグレードしている場合は、以前の構成が維持されデフォルトでHTTPSにならないことがあります。ポート番号を変更したら、Citrix Licensingサービスを再起動する必要があります。
  • License Server Managerポート:このポート番号はLicense Server Managerが使用します。製品間の内部通信、ベンダーデーモンの起動、およびチェックイン/チェックアウト要求のベンダーデーモンへの転送を行います。デフォルトのポート番号は、27000です。ヒント: 実際に使用されているポートは、[管理]ビューの[システム情報]タブで確認できます。
  • ベンダーデーモンポート:このポートはCitrixベンダーデーモンが使用します。ベンダーデーモンは、ライセンスの割り当て処理など、ライセンスサーバーの中核処理を行います。デフォルトのポート番号は、7279です。ただし、ファイアウォールを使用する場合、またはほかの用途でこのポートを使用している場合は、ポートを変更できます。ヒント: 実際に使用されているポートは、[管理]ビューの[ベンダーデーモン構成]タブで確認できます。

ポート番号の変更には、LS Portユーティリティに代わってライセンス管理コンソールを使用します。以前のバージョンのライセンスサーバーで使用していたLS Portユーティリティは、このバージョンでは不要です。

管理コンソールWebサービスポートを変更するには

  1. 管理コンソール右上の [管理] を選択します。
  2. [サーバー構成] タブを選択します。
  3. [Webサーバー構成] バーをクリックします。
  4. [HTTPポート] ボックスで、既存のポート番号を変更して [保存] をクリックします。
  5. ホストマシンの [サービス] コントロールパネルを開き、[Citrix Licensing Service] を選択します。
  6. Citrix Licensingサービスを再起動します。

ライセンスサーバーマネージャーポートを変更するには

ライセンスサーバーマネージャー(lmadmin.exe)で使用されるポートを変更するには、以下の手順に従います。

  1. 管理コンソール右上の [管理] を選択します。
  2. [サーバー構成] タブを選択します。
  3. [ライセンスサーバー構成] バーをクリックして、関連オプションを表示します。
  4. [ライセンスサーバーポート]で [ポートを指定] を選択し、既存のポート番号を変更します。[保存] をクリックして新しいポート番号を保存します。
  5. Citrix Licensingサービスを再起動します。

ベンダーデーモンポートを変更するには

  1. 管理コンソール右上の [管理] を選択します。
  2. [ベンダーデーモン構成] タブを選択します。
  3. 一覧から[CITRIX]ベンダーデーモンの行を選択します。
  4. [ベンダーデーモンのポート] で[ポートを指定]を選択し、既存のポート番号を変更します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. Citrix Licensingサービスを再起動します。