Linux Virtual Delivery Agent

新機能

2104の新機能

Linux VDAのバージョン2104には、次の新機能と強化された機能があります。

Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスでドメインに参加していないLinux VDAのサポート

Citrix Virtual Apps and DesktopsサービスでMCSを使用して、ドメインに参加していないLinux VDAを作成できるようになりました。詳しくは、「ドメイン非参加カタログのサポートの構成」を参照してください。

OpenJDK 11が必須

Linux VDAは、OpenJDK 11を必要とするようになりました。Linux VDAがサポートするLinuxディストリビューションの中で、OpenJDK 11を手動でインストールする必要があるのはUbuntu 16.04だけです。サポートされている他のディストリビューションでは、Linux VDAをインストールすると、依存関係としてOpenJDK 11が自動的にインストールされます。

XDPingの変更

ctxsetup.shを実行しても、XDPingはインストールされなくなりました。sudo /opt/Citrix/VDA/bin/xdpingを実行してXDPingをインストールできます。このコマンドは、XDPingに必要なPython 3仮想環境も作成します。詳しくは、「XDPing」を参照してください。

Ubuntuのスマートカードのサポート

ユーザーは、Linux仮想デスクトップセッションにログオンするときに、クライアントデバイスに接続されたスマートカードを認証に使うことができます。このリリースではさらに、Ubuntu 20.04、Ubuntu 18.04、およびUbuntu 16.04セッションでスマートカードパススルー認証を使用できます。詳しくは、「スマートカードを使用したパススルー認証」を参照してください。

MATEデスクトップのサポート

CentOS、RHEL、Ubuntu、Debianで軽量のMATEデスクトップのサポートを追加しました。ctxinstall.sh、ctxsetup.sh、およびdeploymcs.shスクリプトで使用可能な新しい変数を使用して、MATEまたはGNOMEデスクトップを指定できるようになりました。変数を指定しないままにすると、現在VDAにインストールされているデスクトップが使用されます。ただし、現在インストールされているデスクトップがMATEの場合は、この変数値をmateに設定する必要があります。詳しくは、「簡単インストール」および「Linux Virtual Delivery Agent for RHEL/CentOSのインストール」のような手動インストール記事を参照してください。

RHEL 8、CentOS 8、SUSE 12.5のPBISサポート

RHEL 8、CentOS 8、SUSE 12.5マシンをWindowsドメインに参加させるためのPBISサポートを追加しました。

新機能

この記事の概要