Linux Virtual Delivery Agent 7.15

この製品バージョンは、XenAppおよびXenDesktopの長期サービスリリース(LTSR)プログラムの一部です。XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSRについて詳しくは、「XenAppおよびXenDesktop 7.15 LTSR」を参照してください。

Linux Virtual Delivery Agent(VDA)によって、場所を問わず、Citrix Receiverがインストールされたどのデバイスからでも、Linux仮想デスクトップおよびアプリケーションにアクセスできるようになります。 RHEL、CentOS、SUSEまたはUbuntuディストリビューションをベースとしたLinux仮想デスクトップおよびアプリケーションを作成できます。Linux仮想マシンを準備して新しいソフトウェアをインストールし、Delivery Controllerを構成します。次に、Citrix Studioを使ってユーザーがデスクトップおよびアプリケーションを使用できるようにします。

ダウンロード

Linux Virtual Delivery Agent 7.15.3000

Version

Linux Virtual Delivery Agent 7.15

In this article