ターゲットデバイスのコレクションへのインポート

ターゲットデバイスのインポートウィザードを使用して、ファイルからターゲットデバイス情報をインポートできます。ターゲットデバイス情報を.csvファイルとして保存すると、デバイスコレクションにインポートできます。

注:

.csvテキストファイルは、.txtファイル、NotePad.exe、またはExcelで作成できます。このファイルは1行に1つのターゲットデバイスを含み、形式は次のようになります:

DeviceName,MAC-Address,SiteName,CollectionName,Description,Type

各項目の意味は次の通りです:

DeviceName = Name of new target device MAC-Address = MAC address of new device; such as 001122334455, 00-11-22-33-44-55, or 00:11:22:33:44:55 Type = 0 for production, 1 for test, or 2 for maintenance

ウィザードは、ファーム、サイト、およびデバイスコレクションを右クリックすると表示されるメニューからアクセスできます。サイトまたはコレクションからアクセスする場合は、インポートファイルの中でサイト名およびコレクション名が一致するターゲットデバイスのみがインポート一覧に表示されます。

ウィザードには、ファイルに含まれる情報を使用して、存在しないサイトまたはコレクションを自動的に作成するオプションもあります。さらに、コレクションにデバイステンプレートが存在する場合はテンプレートを適用するオプションもあります。

インポート操作の監査記録と共にログファイルが生成されます。Windows Server 2008 R2の場合、このファイルは以下の場所にあります:

C:\\Documents and Settings\\All Users\\Application Data\\Citrix\\Provisioning Services\\log

その他のすべてのWindowsサーバーオペレーティングシステムでは、C:\ProgramDataにログファイルが生成されます。

ターゲットデバイスをコレクションにインポートするには:

  1. コンソールでデバイスコレクションを右クリックし、[ターゲットデバイス]>[インポート] の順に選択します。ターゲットデバイスのインポートウィザードが開きます。
  2. インポートするファイルを入力または参照します。このファイルからターゲットデバイス情報が読み込まれ、ウィザードに表示されます。この情報には、ターゲットデバイス名、MACアドレス、およびオプションで説明が含まれる可能性があります。
  3. インポートするターゲットデバイスを強調表示します。インポートするデバイスにコレクションのデバイステンプレートを適用する場合は、[インポートするデバイスにコレクションのデバイステンプレートを適用する] チェックボックスをオンにします。
  4. [インポート] をクリックして、ターゲットデバイス情報を含む.csvテキストファイルを選択したコレクションにインポートします。[状態]列にインポートが成功したかどうかが示されます。

ターゲットデバイスのコレクションへのインポート