Provisioningサーバーの削除

ファーム内の使用できるProvisioningサーバーの一覧から、Provisioningサーバーを削除する必要があることがあります。

注:Provisioningサーバーを削除するには、まずサーバーを停止状態にする、つまりオフラインにする必要があります。そうしなければ [削除]メニューオプションは表示されません。Stream Serviceは削除できません。

Provisioningサーバーを削除しても、vDiskのイメージファイルまたはサーバードライブの内容は影響を受けません。ただし、そのサーバー上のvDiskのイメージファイルへのすべてのパスが失われます。

Provisioningサーバーを削除した後は、ターゲットデバイスにそのサーバー上のvDiskのイメージファイルが割り当てられることはなくなります。ターゲットデバイスの記録は仮想LANドライブデータベースに残りますが、削除されたProvisioningサーバーに関連付けられていたvDiskにデバイスからアクセスすることはできません。

注:削除するProvisioningサーバーに関連付けられているvDiskがある場合は、削除の前にバックアップコピーを作成して、vDiskディレクトリに格納することをお勧めします。

Provisioningサーバーを削除するには:

  1. コンソール内で削除するProvisioningサーバーを強調表示して、[操作]ペイン、右クリックメニュー、または[操作]メニューの [接続しているデバイスの表示] を選択します。[接続済みのターゲットデバイス]ダイアログボックスが開きます。
  2. [ターゲットデバイス]ボックスの一覧ですべてのデバイスを強調表示して、[シャットダウン]をクリックします。[デバイスのシャットダウン]ダイアログボックスが開きます。
  3. ターゲットデバイスにProvisioningサーバーがシャットダウンされることを通知するメッセージを入力します。
  4. スクロールして、メッセージが受信されてから待機する秒数を選択します。
  5. Provisioningサーバー上でStream Serviceを実行中の場合は、Stream Serviceを停止します(Stream Serviceの開始、再起動、または停止)。
  6. Provisioningサーバーですべてのターゲットデバイスの割り当てを解除します。
  7. 削除するProvisioningサーバーを強調表示して、[操作]メニュー、右クリックすると表示されるポップアップメニュー、または[操作]ペインの[削除]を選択します。削除を確認するメッセージが表示されます。
  8. [はい]をクリックして削除を確定します。Provisioningサーバーが削除され、コンソールに表示されなくなります。

Provisioningサーバーを使用停止にするには:

  1. プロビジョニングされたクライアントのいずれかが、削除するProvisioningサーバーによって所有されているかどうかを確認します。プロビジョニングされたクライアントが存在する場合は、シャットダウンします。
  2. プロビジョニングされたクライアントが複数のサーバーによって所有されている場合は、Stream Serviceを停止します。
  3. 残りのプロビジョニング済みサーバーのCitrix Provisioningコンソールで、サーバーがダウンまたはオフラインとして表示されます。サーバーを選択して右クリックしてコンテキストメニューを表示し、[削除] を選択します。
  4. システムをシャットダウンするか、Provisioningサーバーをアンインストールします。

Provisioningサーバーの削除