SCCM更新仮想マシンの作成と構成

  1. 仮想マシンを作成し、コンピューターオブジェクト名に対してDNS要件を満たす名前を付けます。
  2. オペレーティングシステムをインストールします。
  3. Provisioning Servicesのターゲットデバイスソフトウェアをインストールします。
  4. イメージ作成ウィザードを実行します。同じデバイス名については、手順1.の仮想マシン名を使用します。
  5. デバイスのイメージを再起動します。
  6. シャットダウン。
  7. SCCMがスキャンしているOUにデバイスを追加します。SCCMがActive Directory全体で自由に機能するのではなく、このOUだけで実行することをお勧めします。
  8. クライアントをプライベートイメージモードで起動します。
  9. ターゲットデバイスとProvisioning Serverの両方でSCCMのファイヤウォールポートを開きます。
  10. SCCM管理者とSCCMサーバーをローカル管理者にします。

    a.SCCMサーバーで、[管理]、[探索方法] の順に選択します。[Active Directoryシステムの探索]を右クリックして、[今すぐ完全な探索を実行する]を選択します。デフォルトでは、SCCMは8時間ごとに新しいクライアントのスキャンを実行されます。

    b. クライアントが表示されるのを待ちます。通常、この処理には10分程度かかります。

    c. SCCMクライアントを右クリックして、それをデバイスにプッシュします。SCCMクライアントがインストールされるまで待機します。アクティブになったらSCCMに表示されます。

    d. クライアントをSCCMのデバイスコレクションに割り当てます。

    e.SCCMで[管理]、[クライアント設定] の順に選択し、クライアントに新しい設定を追加してカスタム設定コンピューターエージェントを選択します。オプションの [追加のソフトウェアでアプリケーションとソフトウェア更新プログラムの展開を管理します] を選択します。できるだけ早く、手順4.のデバイスコレクションにこの構成をプッシュします。

  11. サイトの[プロパティ]>[vDisk更新]タブにアクセスし、サイトに対して自動vDisk更新オプションを有効にします。
  12. SCCMクライアントがインストールされたら、アクティブなものとして表示され、デバイスがシャットダウンします。
  13. vDiskを標準イメージモードに変更します。
  14. デバイスを右クリックして、[Active Directory]>[コンピューターアカウントの削除] を選択します。
  15. Provisioning Servicesのデバイスレコードを削除します。
  16. イメージ仮想マシンが置かれるホストレコードを作成します。
  17. 管理されたvDiskレコードを作成します。注: デバイス名では大文字と小文字が区別されます。
  18. タスクを作成します。

注: 更新とソフトウェアをプッシュする場合、常にSCCMデバイスコレクションにプッシュされます。

SCCM更新仮想マシンの作成と構成