Citrix ADC SDX

SDX 管理ドメイン

SDX 管理ドメイン機能を使用すると、複数の管理ドメインを作成できます。管理ドメインを使用して、部門ごとにリソースを分けることができます。したがって、管理ドメインはリソースに対する制御を向上させ、リソースをさまざまなドメインに分散して最適に使用することができます。

SDX アプライアンスには、CPU コア、データスループット、メモリ、ディスク容量、SSL チップ、プロビジョニング可能な特定のインスタンス数などの固定リソースが付属しています。作成できるインスタンスの数はライセンスによって異なります。

SDX アプライアンスは、最大 3 つのレベルの管理ドメインをサポートします。アプライアンスが出荷されると、すべてのリソースが所有者に割り当てられます。

作成した管理ドメインはすべて、所有者ドメインのサブドメインです。いずれの場合も、サブドメインのリソースは親ドメインのリソースプールから割り当てられます。管理ドメイン内のユーザーは、そのドメインのリソースにアクセスできます。同じ階層レベルにある他のドメインのリソースや、自分のドメインに割り当てられていない親ドメインのリソースにはアクセスできません。ただし、親ドメインのユーザーは、そのドメインのサブドメインのリソースにアクセスできます。

リソースをサブドメインに割り当てる例

表 1 に、デフォルトルートドメインのリソースを示します。SDX 管理者はこれらのリソースをサブドメインに割り当てることができます。この場合、管理者は最大 10 個の CPU コアと 840 GB のディスク領域を割り当てることができます。

表1. オーナーリソース

   
CPU コア 10
スループット (Mbps) 18500
メモリ (MB) 87300
ディスク容量 (GB) 840
SSL チップ 36
インスタンス 36

表 2 に、 Testという名前のサブドメインに割り当てられているリソースを示します。このサブドメインには、親ドメインの 10 個の CPU コアのうち 5 個が割り当てられ、残りの 5 個のコアは Owner の他のサブドメインに割り当てることができます。

表2. テストドメインのリソース

   
CPU コア 5
スループット (Mbps) 1024
メモリ (MB) 2048
ディスク容量 (GB) 40
SSL チップ 8
インスタンス 4

サブドメインを作成する場合、 Test ドメイン管理者は表 2 に示すリソースのみを割り当てることができます。作成できるドメインは 3 つのレベルしかないため、 Test ドメインにはサブドメインのレベルが 1 つしかありません。

次の図は、表 1 および 2 に示した値とは異なる値を使用した、サブドメイン間でのリソース割り当ての別の例を示しています。

管理ドメインを作成するには、[ 構成] > [システム] > [管理ドメイン ] に移動し、必要なオプションを選択します。画面の指示に従います。新しいドメインを作成したら、Management Service のログインページを使用してこのドメインにログインし、ドメイン名とユーザー名を入力します。たとえば、NewDomain という名前のドメインをユーザ newUser で作成した場合は、newDomain\ NewUser としてログインします。

ユーザーをドメインに割り当てる

サブドメインが作成されると、管理者グループと読み取り専用グループの 2 つのユーザーグループが自動的に作成されます。デフォルトでは、各ユーザーは管理者グループの一員です。1 人のユーザーを複数のグループに追加できます。

SDX 管理ドメイン