Citrix ADC SDX

ログを使用して操作とイベントを監視する

監査ログとタスクログを使用して、管理サービスおよびCitrix ADC SDXインスタンスで実行された操作を監視します。また、イベントログを使用して、管理サービスおよびCitrix Hypervisorで実行されたタスクのすべてのイベントを追跡することもできます。

監査ログを表示する

管理サービスを使用して実行されたすべての操作は、アプライアンスデータベースに記録されます。監査ログを使用して、Management Service ユーザーが実行した操作、日時、各操作の成功または失敗のステータスを表示します。また、該当する列見出しをクリックして、ユーザ、オペレーション、監査時間、ステータスなどで詳細をソートすることもできます。

ページネーションは [Audit Log] ペインでサポートされています。1 ページに表示するレコード数を選択します。既定では、1 ページに 25 件のレコードが表示されます。

監査ログを表示するには、次の手順に従います。

  1. ナビゲーションウィンドウで [システム] を展開し、[監査] をクリックします。
  2. [Audit Log] ペインでは、次の詳細を表示できます。
    • ユーザー名: 操作を実行した管理サービスユーザー。
    • IP アドレス: 操作が実行されたシステムの IP アドレス。
    • Port: 操作の実行時にシステムが稼働していたポート。
    • リソースタイプ: xen_vpx_image や login など、操作の実行に使用されるリソースのタイプ。
    • リソース名: vpx_image_name やログインに使用したユーザー名など、操作の実行に使用されるリソースの名前。
    • [監査時間]: 監査ログが生成された時刻。
    • 操作: 追加、削除、ログアウトなど、実行されたタスク。
    • [ステータス]: [成功] や [失敗] など、監査のステータス。
    • メッセージ: 操作が失敗した場合は失敗の原因と、操作が成功した場合は「完了」などのタスクのステータスを説明するメッセージです。
  3. 特定のフィールドでログを並べ替えるには、列の見出しをクリックします。

タスクログを表示する

タスクログを使用して、Citrix ADC インスタンスの管理サービスによって実行されるインスタンスのアップグレードや SSL 証明書のインストールなどのタスクを表示および追跡します。タスクログでは、タスクが進行中か、失敗したか、成功したかを確認できます。

[ タスクログ ] ウィンドウ枠ではページ分割がサポートされています。1 ページに表示するレコード数を選択します。既定では、1 ページに 25 件のレコードが表示されます。

タスクログを表示するには、次の手順に従います。

  1. ナビゲーションウィンドウで [診断] を展開し、[タスクログ] をクリックします。

  2. [Task Log] ペインでは、次の詳細を表示できます。

    • [名前]: 実行中または既に実行されたタスクの名前。
    • [ステータス]: [進行中]、[完了]、[失敗] など、タスクのステータス。
    • 実行者: 操作を実行した管理サービスユーザー。
    • [開始時間]: タスクが開始された時刻。
    • 終了時間: タスクが終了した時刻。

タスクデバイスログを表示する

タスクデバイスログを使用して、各 SDX インスタンスで実行されているタスクを表示および追跡します。タスクデバイスログでは、タスクが進行中か、失敗したか、成功したかを確認できます。また、タスクが実行されたインスタンスの IP アドレスも表示されます。

タスクデバイスログを表示するには、次の手順に従います。

  1. ナビゲーションウィンドウで [ 診断] を展開し、[ タスクログ] をクリックします。
  2. [ Task Log ] ペインでタスクをダブルクリックし、タスクデバイスの詳細を表示します。
  3. [ タスクデバイスログ (Task Device Log)] ペインで、特定のフィールドでログを並べ替えるには、列の見出しをクリックします。

タスクコマンドログを表示する

タスクコマンドログを使用して、Citrix ADC インスタンスで実行されたタスクの各コマンドのステータスを表示します。タスクコマンドログでは、コマンドが正常に実行されたか、失敗したかを確認できます。また、実行されたコマンドと、コマンドが失敗した理由も表示されます。

タスクコマンドログを表示するには、次の手順に従います。

  1. ナビゲーションウィンドウで [ 診断] を展開し、[ タスクログ] をクリックします。
  2. [ Task Log ] ペインでタスクをダブルクリックし、タスクデバイスの詳細を表示します。
  3. [ Task Device Log ] ペインで、タスクをダブルクリックしてタスクコマンドの詳細を表示します。
  4. [ タスクコマンドログ (Task Command Log)] ペインで、特定のフィールドでログを並べ替えるには、列の見出しをクリックします。

イベントの表示

管理サービスのユーザーインターフェイスの [ イベント ] ウィンドウ枠を使用して、管理サービスで実行されるタスクについて管理サービスによって生成されたイベントを監視します。

イベントを表示するには、次の手順に従います。

  1. [System]>[Events]の順に選択します。
  2. [ Events ] ペインでは、次の詳細を表示できます。
    • 重要度: イベントの重要度。重大、メジャー、マイナー、クリア、情報の場合があります。
    • Source: イベントが生成される IP アドレス。
    • 日付: イベントが生成された日付。
    • カテゴリ: PolicyFailed や DeviceConfigChange などのイベントのカテゴリ。
    • Message: イベントを説明するメッセージです。
  3. 特定のフィールドでイベントを並べ替えるには、列の見出しをクリックします。
ログを使用して操作とイベントを監視する