Citrix Receiver for Webサイトの構成

以下のタスクでは、Citrix Receiver for Webサイトの設定を変更します。一部の詳細設定を変更するには、サイトの構成ファイルを編集する必要があります。詳しくは、構成ファイルを使ったCitrix Receiver for Webサイトの構成を参照してください。

重要:

複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。完了したら、 構成の変更をサーバーグループに反映し、展開内のほかのサーバーをアップデートします。

認証方法の選択

Citrix Receiver for Webサイトに接続するユーザーの認証方法を指定するには、[認証方法の管理]タスクを使用します。Receiver for Webサイトでは、認証方法のサブセットを指定できます。

  1. Windowsの[スタート]画面または[アプリ]画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。

  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで [ストア] ノードを選択して、[ストア]ペインで変更するストアを選択します。

  3. [ストア]ペインで [Receiver for Webサイトの管理] > [構成] の順にクリックし、[認証方法] を選択して、ユーザーに提供するアクセス方法を指定します。

    • 指定ユーザー認証を有効にするには [ユーザー名とパスワード] をオンにします。この場合、ユーザーは資格情報を入力してストアにアクセスします。
    • SAML IDプロバイダーとの統合を有効にするには、[SAML認証] をオンにします。ユーザーはAccess Gatewayにログオンすることによって認証を受け、ストアにアクセスする時は自動的にログオンします。[設定]ボックスの一覧で次を選択します。
      • IDプロバイダー:IDプロバイダーの信頼性を構成する場合。
      • サービスプロバイダー:サービスプロバイダーの信頼性を構成する場合。この情報は、IDプロバイダーから要求されます。
    • ユーザーデバイスからActive Directoryドメイン資格情報がパススルーされるようにするには、[ドメインパススルー] をオンにします。この場合、ユーザーはドメインに参加しているWindowsコンピューターにログオンするときに認証されるため、ストアにアクセスするときは自動的にログオンできます。このオプションを使用する場合は、Citrix Receiver for WindowsまたはWindows向けCitrix Workspaceアプリをユーザーデバイスにインストールする時にパススルー認証を有効にする必要があります。

      注:

      Citrix Receiver for Webでのドメインパススルー認証は、Windows上のChrome、Firefox、Internet Explorerでのみサポートされます。

    • スマートカード認証を有効にするには、[スマートカード] をオンにします。ユーザーはスマートカードとPINを使ってストアにアクセスします。
    • Citrix Gatewayからのパススルー認証を有効にするには、[Citrix Gatewayからのパススルー] をオンにします。ユーザーはCitrix Gatewayにログオンするときに認証されるため、ストアにアクセスするときは自動的にログオンできます。
  4. 認証方法を選択したら、[OK]をクリックします。

    認証方法の設定を変更する方法について詳しくは、「認証サービスの構成」を参照してください。

ほかのWebサイトにリソースのショートカットを追加する

内部ネットワーク上でホストされているWebサイトからデスクトップやアプリケーションにすばやくアクセスできるようにするには、[Webサイトへのショートカットの追加]タスクを使用します。Citrix Receiver for Webサイトで配信するリソースのURLを生成して、これらのリンクをWebサイトに埋め込みます。ユーザーがリンクをクリックすると、Citrix Receiver for Webサイトにリダイレクトされます。ここで、ユーザーがReceiver for Webサイトにログオンしていない場合はログオンします。Citrix Receiver for Webサイトでは、リソースが自動的に起動します。ユーザーがサブスクライブしていないアプリケーションの場合は、自動的にサブスクライブされます。

  1. Windowsの[スタート]画面または[アプリ]画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで [ストア] ノードを選択して、結果ペインでサイトを選択します。
  3. [ストア] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックし、[Webサイトのショートカット] を選択します。
    1. [追加] をクリックして、ショートカットをホストしようとするWebサイトのURLを入力します。URLは、http[s]://hostname[:port]の形式で指定する必要があります。ここで、<hostname>はWebサイトホストの完全修飾ドメイン名です。<port>はホストとの通信に使用するポートで、プロトコルのデフォルトポートを使用できない場合に指定します。Webサイトの特定のページへのパスを指定する必要はありません。
    2. URLを変更するには、[Webサイト]の一覧でエントリを選択して [編集] をクリックします。
    3. Citrix Receiver for Webサイトのリソースへのショートカットを削除するには、一覧でWebサイトを選択して、[削除] をクリックします。
  4. [ショートカットを取得] をクリックし、変更内容の保存を確認するメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。
  5. Webブラウザーに表示されたCitrix Receiver for Webサイトにログオンして、必要なURLをコピーします。

セッションのタイムアウトの設定

デフォルトでは、Citrix Receiver for Webサイト上のユーザーセッションは、アイドル状態が20分続くとタイムアウトします。ユーザーはセッションがタイムアウトしても既に実行中のデスクトップとアプリケーションを引き続き使用できますが、アプリケーションのサブスクライブなどのCitrix Receiver for Webサイトの機能にアクセスするには、再ログオンする必要があります。

[Receiver for Webサイトの管理] の[セッションのタイムアウト]タスクを使って、セッションのタイムアウト値を変更します。

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront] タイルをクリックします。
  2. 左ペインで [ストア] ノードを選択して、[操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックし、[セッション設定] を選択します。セッションタイムアウトの時間と分を指定できます。すべての時間間隔の最小値は1です。最大値は、各時間間隔で1年に相当する値です。

アプリケーションとデスクトップへの異なるビューの指定

[Receiver for Webサイトの管理][Receiver for Webでのアプリケーションおよびデスクトップ表示] タスクを使って、セッションのタイムアウト値を変更します。

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront] タイルをクリックします。
  2. 左ペインで [ストア] ノードを選択して、[操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックし、[クライアントインターフェイス設定] を選択します。
  3. [ビューの選択] および [デフォルトビュー] ドロップダウンメニューから、表示するビューを選択します。

フォルダービューを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront] タイルをクリックします。
  2. 左ペインで [ストア] ノードを選択して、[操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックします。
  3. [詳細な設定] を選択し、[フォルダービューを有効にする] をオンにします。

ユーザーへのプロビジョニングファイルの提供を停止する

デフォルトでは、Citrix Receiver for Webサイトによりプロビジョニングファイルが提供されます。ユーザーは、このファイルを使用してCitrix ReceiverまたはCitrix Workspaceアプリでストアを自動で構成できます。このプロビジョニングファイルには、そのReceiver for Webサイトのリソースを提供するストアに接続するための詳細(Citrix Gateway展開環境やビーコンの詳細など)が定義されています。この記事では、「Citrix Workspaceアプリ」に関する記載は、特に明記されていない限り、サポートされているバージョンのCitrix Receiverにも適用されます。

[Receiver for Webサイトの管理][Receiver構成を有効にする] タスクを使って、セッションのタイムアウト値を変更します。

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront] タイルをクリックします。
  2. 左ペインで [ストア] ノードを選択して、[操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックし、[クライアントインターフェイス設定]を選択します。
  3. [Receiver/Workspaceアプリの構成を有効にする] を選択します。

Citrix Workspaceアプリをインストールしていないユーザーがアクセスしたときのサイトの動作を構成する

Citrix WorkspaceアプリをインストールしていないWindowsまたはMac OS Xユーザーがアクセスした時のCitrix Receiver for Webサイトの動作を構成するには、[Citrix Receiver/Workspaceアプリの展開] タスクを使用します。デフォルトでは、WindowsまたはMac OS Xを実行しているコンピューターからアクセスすると、Citrix Workspaceアプリがインストールされているかどうかが自動的に判別されます。

Citrix Workspaceアプリが検出されない場合は、プラットフォームに適したCitrix Workspaceアプリをダウンロードしてインストールするためのページが開きます。デフォルトのダウンロード場所はシトリックスのWebサイトですが、Citrix WorkspaceアプリのインストーラーをStoreFrontサーバーにコピーして、ユーザーがStoreFrontサーバーから直接ダウンロードできるようにすることもできます。

Citrix Workspaceアプリをインストールできないユーザーの場合は、Citrix Receiver for WebサイトでHTML5向けCitrix Workspaceアプリを有効にすることができます。HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用すると、Citrix Workspaceアプリをインストールしなくても、HTML5対応のWebブラウザー内でデスクトップやアプリケーションに直接アクセスできます。内部ネットワーク接続とCitrix Gatewayを介した接続の両方がサポートされています。ただし、内部ネットワークからの接続の場合、HTML5向けCitrix Workspaceアプリでは特定の製品で提供されるリソースにのみアクセスできます。さらに、社内ネットワークの外から接続できるようにするには、特定のバージョンのCitrix Gatewayが必要です。詳しくは、インフラストラクチャの要件を参照してください。

デフォルトでは、内部ネットワーク上のローカルユーザーがCitrix Virtual Apps and Desktopsで提供されるリソースにHTML5向けCitrix Workspaceアプリでアクセスすることはできません。HTML5向けCitrix Workspaceアプリでデスクトップやアプリケーションへのローカルアクセスを有効にするには、Citrix Virtual Apps and Desktopsのサーバー側でポリシーの[ICA WebSockets接続]を有効にする必要があります。Citrix Virtual Apps and Desktopsは、HTML5向けCitrix Workspaceアプリへの接続にポート8008を使用します。ファイアウォールやほかのネットワークデバイスで、このポートへのアクセスが許可されることを確認してください。詳しくは、WebSocketのポリシー設定を参照してください。

StoreFrontに直接接続するときに、Citrix Virtual Apps and DesktopsリソースがHTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用して正常に起動するには、アプリとデスクトップをホストするVDAへのTLS接続を構成する必要があります。Citrix Gatewayを介したリモート接続では、VDAへのTLS接続を設定せずに、HTML5向けCitrix Workspaceアプリを使用してリソースを起動できます。

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで [ストア] ノードを選択して、結果ペインでサイトを選択します。[操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックします。
  3. [Citrix Receiver/Workspaceアプリの展開] を選択して、[展開オプション] を指定します。

    • [常にReceiver for HTML5を使用] を選択して、毎回Citrix Workspaceアプリのダウンロードとインストールを要求されることなく、HTML5対応Webブラウザーでサイトが常にリソースにアクセスできるようにします。このオプションを選択すると、HTML5対応Webブラウザーを使用しているユーザーは、常にHTML5向けCitrix Workspaceアプリ経由でサイトのデスクトップやアプリケーションにアクセスできます。HTML5対応Webブラウザーを使用していないユーザーは、リソースにアクセスできません。ローカルにインストールされているCitrix Workspaceアプリからのアクセスは無効になっています。
    • [ローカルのReceiverが使用できない場合はReceiver for HTML5を使用する] を選択して、Citrix Workspaceアプリをダウンロードしてインストールするためのメッセージがサイトに表示されるようにし、インストールできない場合はHTML5向けCitrix Workspaceアプリが使用できるようにします。この場合、Citrix WorkspaceアプリをインストールしていないユーザーがReceiver for Webサイトにログオンするたびに、Citrix Workspaceアプリをダウンロードしてインストールすることを求めるメッセージが表示されます。
    • [ローカルにインストール] を選択して、常にローカルにインストールされたCitrix Workspaceアプリからアクセスするようにします。ユーザは使用しているプラットフォームに対応したCitrix Workspaceアプリをダウンロードしてインストールするよう求められます。HTML5対応Webブラウザー経由のアクセスは無効になっています。
      • [ユーザーによるHDXエンジン(プラグイン)のダウンロードを許可する] をオンにすると、Citrix Workspaceアプリを使用できない場合は、Citrix Receiver for WebによりユーザーはCitrix Workspaceアプリをエンドユーザークライアント上にダウンロードしてインストールできます。
      • [ログオン時にプラグインをアップグレードする] を選択すると、Citrix Receiver for Webではログオン時にCitrix Workspaceアプリクライアントをアップグレードするかどうかをユーザーが選択できます。ユーザーはアップグレードをスキップすることもでき、Citrix Receiver for WebのブラウザーのCookieが消去されない限り、アップグレードを求めるメッセージが再度表示されることはありません。この機能を有効にするには、StoreFrontサーバー上でCitrix Workspaceアプリファイルを使用できるようにしてください。
      • ドロップダウンリストからソースを選択します。

Citrix Workspaceアプリのインストールファイルをサーバーから入手できるようにする

デフォルトでは、ユーザーがWindowsまたはMac OS Xが動作するコンピューターからCitrix Receiver for Webサイトにアクセスすると、Citrix Workspaceアプリがユーザーデバイスにインストール済みであるかどうかが判別されます。Citrix Workspaceアプリが検出されない場合は、シトリックスのWebサイトから、またはStoreFrontサーバーから適切なインストーラーをダウンロードして、自分のプラットフォームに適したCitrix Workspaceアプリをダウンロードしてインストールするように求められます。

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront] タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで [ストア] ノードを選択して、結果ペインでサイトを選択します。[操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックします。
  3. [Citrix Receiver/Workspaceアプリの展開][Receiver/Workspaceアプリのソース] を選択し、インストールファイルを参照します。

ログオン後にプロンプトを実行してCitrix Workspaceアプリをインストールする

Citrix Receiver for Webでは、StoreFrontにログオンする前に、最新のCitrix Workspaceアプリがユーザーのコンピューターにインストールされていない場合は、インストールするように求められます。構成により異なりますが、インストール済みのCitrix Workspaceアプリがアップグレード可能かどうかも表示される場合があります。

StoreFrontへのログイン後にプロンプトを表示するように、Citrix Receiver for Webを構成できます。

  1. Windowsの [スタート] 画面または [アプリ] 画面で、[Citrix StoreFront] タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで [ストア] ノードを選択して、結果ペインでサイトを選択します。
  3. [操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理]>[構成] の順にクリックします。
  4. [詳細の設定] を選択し、[ログオン後にCitrix Receiver/Workspaceアプリのインストールメッセージを表示] をオンにします。

Citrix Receiver for Webサイトの削除

[操作] ペインで [Receiver for Webサイトの管理] を使用してCitrix Receiver for Webサイトを削除します。サイトを削除すると、ユーザーはそのWebページを使用してストアにアクセスできなくなります。