概念実証ガイド:自動構成ツール

概要

自動構成ツールを使用するとCitrix Desktops-as-a-Service (DaaS)への構成の移行とエクスポートが容易になります。この概念実証ガイドでは、このツールの使用方法を段階的に説明しています。

管理者は、既存のオンプレミス環境を同時に実行しながら、 Citrix DaaS Sの機能と利点を簡単にテストおよび探索でき、クラウドリージョン間の移動、既存の構成のバックアップ、およびその他のユースケースを容易に実行することもできます。 自動構成のダウンロードリンクには******上記のユースケースとカスタマイズに関する追加情報と詳細なドキュメントも含まれています******

Citrix Virtual Apps and Desktops の自動構成ツールは何ですか

このツールは、 CVAD構成 (ポリシー、アプリケーション、カタログ、管理者ロール、スコープなど)を1つ以上のオンプレミスサイトからCitrix Cloud でホストされているCitrix DaaSに自動的に移行できるように設計されています 。また、 **異なるクラウドリージョンまたはテナント間で情報を移行する場合にも使用できます**。

このツールを複数回実行することで、移行を段階的に実行できるため、管理者は必要な構成状態を容易に達成できます。 自動構成ツールのクイックツアーを提供する2分間のビデオがあります

 

このツールを使用する理由

大規模環境や複雑な環境を担当するIT管理者は、移行が面倒なプロセスであることがよくあります。彼らはしばしば、このタスクを正常に達成するために独自のツールを書くことになります。なぜなら、それは彼らのユースケースに特有になる傾向があるからです。

Citrixは、自動化を通じてユースケースに対応するツールを提供することで、このプロセスを容易にしたいと考えています。管理者は、 Citrix Cloud で現在の構成を簡単にテストし、 現在の環境をそのまま維持しながらCitrix DaaSが提供するメリットを活用できます 。このようなメリットには、Citrixがバックエンドとコントロールプレーンの一部を管理する場合の管理オーバーロードの軽減、 Citrix Cloudコンポーネントの自動更新およびカスタマイズが可能です

このツールはどのように実装されていますか

Citrixでは業界標準のコードでの構成を使用して、移行プロセスの自動化を支援するメカニズムを提供します。このツールは、1 つ以上のオンプレミスサイトを構成ファイルのコレクションとして検出してエクスポートします。このファイルは、管理者がオプションで編集できます。これらのファイルの構成は、その後、Citrix DaaSにインポートできます。

このコードは移行に限定されるものではなく、Citrixサイトの構成を作成する将来のものです。そのため、 さまざまなユースケースに適用できます。災害復旧、開発/テスト/ステージングから本番サイトへの同期、地理的(GEO)移動、およびその他のいくつかのシナリオがサポートされています。パブリッククラウドプロバイダーを使用する管理者の場合、これにより、オブジェクトの組み合わせを自動的に作成できます (Microsoft Azure ARM テンプレートおよび AWS CloudFormation と並行)。

このツールを使用すると、管理者は名前の競合を回避しながら、 複数のオンプレミスサイトを 1 つのサイトにマージすることもできます。管理者は、オンプレミスとクラウドのどちらがリソースを制御するかを制御できます。 **cvadacSecurity.ymlファイルを指すSecurityFileFolderパラメーターを使用するときに 、認証を必要とする安全なネットワークファイル共有にファイルを配置できるようになりました** 。

前提条件

オンプレミス環境

  • Citrix Virtual Apps and Desktops(CVAD) オンプレミス環境で、少なくとも1つのVDAが登録されています
  • 次のバージョンのいずれかで実行されている CVAD オンプレミス環境: 長期サービスリリース (LTSR) バージョン、最新の CU (7.6、7.15、1912)、または対応する最新の 2 つの最新リリース (CR) バージョン (例:2003、2006) のいずれか。
  • 自動構成ツールのコマンドを実行するドメイン参加マシンでは.NET 4.7.2 以降が実行されている必要があります
  • DDCに自動的にインストールされるCitrix PowerShell SDKを搭載したマシン注: 別のマシンでツールを実行する場合は、ドメインに参加している必要があり、 Studio に正しい PowerShell スナップインがインストールされている必要があります 。このインストーラーは、 対応するバージョンの製品ISOインストールメディアにあります。このメディアは[Citrixダウンロード]>[Citrix Virtual Apps and Desktops ]Webサイトから入手できます。
  • 自動構成ツール (MSI) を公式ダウンロード Webサイトからダウンロードします。

クラウド関連のコンポーネント

注: クラウドサイト間を移行する場合 (クラウドからクラウドへの移行)、詳細な手順については、 公式ドキュメントを参照してください

  • 有効なCitrixDaaSまたはワークスペースプレミアムプラスライセンス**
  • 管理者は Cloud Portal にログインして以下を取得できる必要があります。 リソースの場所名顧客 IDクライアントシークレット (アプリ IDとシークレットキー)
  • 既存のCitrix Cloudリソースの場所には少なくとも1つのCloud Connectorがあり、これは緑(正常)としてマークされ、オンプレミスセットアップと同じドメインの一部です。注: 冗長性と高可用性のために、 2つ以上のCloud Connectorをお勧めします。Cloud Connectorの設定方法については、 このガイドを参照してください

この概念実証ガイドでは、

  1. オンプレミスの前提条件を完了する
  2. オンプレミスのサイト設定を YAML (.yml) ファイルにエクスポートする
  3. クラウドの前提条件を完了する
  4. 異なるプロビジョニング方法 (プールカタログと静的カタログの両方にMachine Creation Services (MCS)) を使用する場合、サイト構成をインポートするための必要条件を満たします。
  5. サイト構成をクラウドにインポートする(必要なファイルを編集して)
  6. トラブルシューティングのヒントと詳細情報の入手先

オンプレミスサイトからエクスポートするための完全な前提条件

これらの手順は、DDC または自動構成ツールを実行するドメイン参加マシンで実行する必要があります

  1. 最新の自動構成ツール MSI を、 オンプレミス DDC またはドメイン参加マシンにダウンロードします。注: 別のマシンから実行する方法の詳細については、「 前提条件」セクションを参照してくださいツールはこちらからダウンロードできます注: 別のマシンから実行する方法の詳細については、「 前提条件」セクションを参照してください
  2. AutoConfig_PowerShell_x64.msi インストーラを右クリックし、[ インストール] をクリックして、 オンプレミス DDCMSIを実行します。Pre-requisites
  3. 使用許諾契約書を読み 、条件に同意する場合はチェックボックスをオンにします。次に、[ インストール: 前提条件] をクリックします
  4. ファイルがコピーされ、インストールが完了するまで進行状況バーが移動し続けます。Pre-requisites

  5. MSIの実行後 、正常に完了したことを示すウィンドウがポップアップします。[ 完了 ] をクリックして MSI セットアップウィンドウを閉じますPre-requisites
  • 注: 正常に実行されると、 MSIC:\Users\<username>\Documents\Citrix\AutoConfigにある対応するフォルダ構造 、および PowerShell コマンドプロンプトを起動するAuto Configというデスクトップアイコンを作成します。このツールは、後続のステップで使用されるツールです。

オンプレミスのサイト構成をエクスポートする

export PowerShell コマンドを使用して、既存のオンプレミス構成をエクスポートし、 必要な.yml ファイルを取得できます。これらのファイルは、 必要な構成をCitrix Cloudにインポートするために使用されます

  1. 前の手順で MSI インストーラを実行すると、 デスクトップに自動構成ショートカットが自動的に作成されます 。このショートカットを右クリックし、[ 管理者として実行] をクリックします。
  2. Export-CvadAcToFileコマンドを実行します。このコマンドは、ポリシー、手動でプロビジョニングされたカタログ、およびデリバリーグループをエクスポートします。また、アプリケーション、アプリケーションフォルダ、アイコン、ゾーンマッピング、タグ、管理者ロールとスコープ、およびその他の項目もエクスポートします。注:MCSマシンカタログとデリバリーグループについては 、このガイドの「 異なるプロビジョニング方法を使用してサイト構成をインポートするための要件」セクションの手順を参照してください設定をエクスポート中

  3. ツールの実行が完了すると、[ 全体] ステータスが[ True ] と表示され、エクスポートプロセスが完了します (表示されている出力行は、次の図と一致します)。注: エラーがある場合は、アクション固有のサブフォルダ(Export, Import, Merge, Restore, Sync, Backup, Compare)に診断ファイルが作成されます。このサブフォルダは、%HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfigにあります 。エラーが発生した場合は、「 トラブルシューティングのヒント」セクションを参照してください設定をエクスポート中

  4. 結果の.ymlファイルは現在のユーザーのDocuments\Citrix\AutoConfigパスにあります: ExportingConfig
  • 注: .yml ファイル (Application.yml)の内容の例については、次の画像を参照してください。

設定をエクスポート中

  • 注: 必要に応じて、 Citrix Cloud環境への設定のインポートに使用するマシンに.ymlファイルをコピーします 。エクスポートとインポートは、同じマシンから実行できます。

クラウドの前提条件を完了する

リソースの場所に移動しCloud Connectorが両方とも緑色 (使用可能)になっていることを確認します。注:Cloud Connectorの設定方法に関する指示が必要な場合はこのガイドを参照してください

  1. Cloud Connectorの正常性ステータスを確認するには、まずCitrix 管理者の認証情報(または、該当する場合はAzure AD 認証情報) を使用してクラウドポータルにログインしますクラウドの前提条件

  2. 複数の組織 ID (組織 ID ) がある場合は、対応するテナントを選択します。 クラウドの前提条件

  3. ログオンしたら、 左上隅のハンバーガーメニューに移動し 、[ リソースの場所: クラウドの前提条件] をクリックします

  4. [ リソースの場所 ] の下の [ Cloud Connector] タイルにアクセスします。 クラウドの前提条件

  • 注: 次の図のように、 Cloud Connector は緑色で表示される必要があります。これは、[正常] ステータスを示します。冗長性を確保するために、 **リソースの場所ごとに複数のCloud Connector**をお勧めします。

クラウドの前提条件

さまざまなプロビジョニング方法を使用してサイト構成をインポートするための必要条件

Provisioning Services(PVS)マシンカタログ、デリバリー、アプリケーショングループおよびポリシーの対処

現時点では、 PVSカタログとそれに対応するアプリケーションをインポートするために追加の手順は必要ありません 。このガイドの「 サイト構成をクラウドにインポートする 」セクションに記載されている手順に従います。

マシン作成サービス (MCS) の対処:プールされたVDIマルチセッション (ランダム) およびRDSマシンカタログ

注: 静的割り当て仮想マシンの手順については、別のセクションを使用できます。このガイドの「 MCS静的割り当てVDI 」セクションに記載されている手順を参照してください。

インポートコマンドとエクスポートコマンドがこのタスクでサポートされるようになりました。ゴールデンイメージと [ ユーザーデータを含むカタログ:破棄 ] の設定の両方を移行できます。ただし、インポート元のサイトが仮想マシンのライフサイクルを維持する責任があるため、これらのカタログ内の仮想マシンは移行されません。

マシンをオンにすると、その状態が変化し、仮想マシンの同期のインポートデータに影響することがあります。したがって、ツールを使用してこれらのカタログを移行すると、カタログメタデータが作成され、マスターイメージの作成が開始されます。ただし、インポートされるマシンはゼロです。

重要な考慮事項:

  • MCSカタログのインポートプロセスには、マスターイメージのサイズに応じて数時間かかる場合があります。したがって、ツール内のインポートコマンドはMCSカタログの作成のみを開始し、完了するまで待機しません。
  • インポートが完了すると、クラウド展開のStudioを介してカタログ作成の進行状況を監視できます。
  • マスターイメージが作成されたら、マシンをプロビジョニングできます。オンプレミスの使用量から消費されるため、ハイパーバイザーの既存の容量を考慮してください。
  • 他のすべてのオブジェクト(デリバリーグループ、アプリケーション、ポリシー、およびカタログを使用するすべてのオブジェクトを含む)は、マスターイメージの作成を待たずにインポートできます。ツール内で使用できるのと同じコマンドを使用して、カタログとその他のすべてのオブジェクトを移行できます。
  • カタログの作成が完了したら、インポートしたカタログにマシンを追加し、ユーザーはリソースを起動できます。

注: これらの考慮事項の後、このガイドの「 サイト構成をクラウドにインポートする」セクションに従って 、必要に応じて構成をマージします。

マシン作成サービス (MCS) の対処:静的割り当てマシン

注: プールされたマシンと RDS マシンの手順については、別のセクションを使用できます。 MCSプールVDIおよびRDSマシンに記載されている手順を参照してください

インポートコマンドとエクスポートコマンドがこのタスクでサポートされるようになりました。このプロセスは、 データベースに格納されているいくつかの低レベルの詳細をインポートするため、データベースにアクセスできるマシンから実行する必要があります。ツールのインポートプロセスでは、構成、マスターイメージ、およびマシンも移行されます。画像は作成されないため、簡単な操作です。

重要な考慮事項:

  • Citrix Cloud Cloudに登録するには、 VDAをクラウドコネクタにポイントする必要があります
  • Citrix Cloud Cloudを介してクラウドサイトをアクティブ化し、再起動スケジュール、電源管理などを制御するには、 サイトのアクティブ化のドキュメントを参照してください
  • 移行が完了したら、 対応するカタログをオンプレミスサイトから削除する場合は、[ VM と AD アカウントを残す ] オプションを選択する必要があります。そうしないと、両方のレコードが削除され、クラウドサイトは削除された仮想マシンをポイントしたままになります。

注: これらの考慮事項の後、このガイドの「 サイト構成をクラウドにインポートする」セクションに従って 、必要に応じて構成をマージします。

サイト構成をクラウドにインポートする

このステップでは、 顧客接続の詳細を取得しゾーンマッピングを手動で作成し、クラウドテナントに構成をインポートします注:MCSの場合は、まず、このガイドの「 サイト構成をクラウドにインポートする」セクションの対応するサブセクションに従います

カスタマー接続の詳細の取得

管理者はCustomerInfo.ymlファイルを編集し、 対応する顧客名、顧客IDおよびsecretKeyの値を追加する必要があります。これらの値は、次の手順に示すように、クラウドポータルから取得して生成できます

  1. まず、メモ帳などのテキストエディタアプリケーションを使用してCustomerInfo.ymlファイルを開きます。次のスクリーンショットは、編集が必要なCustomerInfo.ymlファイル値 (赤の下線付き) を示しています。 構成のインポート

  2. Cloud Portal で、 ハンバーガーメニューをもう一度クリックし 、[ ID とアクセス管理: 構成のインポート] に移動します。

  3. [ API アクセス ] タブに移動し、[ 顧客 ID ] の値をコピーします。この値は、次のスクリーンショット (赤い長方形) のようにcustomer IDテキストの横にあります。 設定のインポート

  4. 取得した値を、CustomerInfo.ymlファイルの CustomerID フィールドに続く引用符の間“” (引用符) の間に貼り付けます。 設定のインポート

  5. クラウドポータルに戻り、[ ID とアクセス管理 ] ポータルと [ API アクセス ] タブに移動します。この API キーを識別する名前を [ セキュアクライアントに名前を付ける ] ボックスに入力します。次に、[ クライアントの作成 ] ボタンをクリックします。注: このアクションは、Client IDSecret Keyを生成します。 設定のインポート

  6. IDSecretの値を 1 つずつコピーします (次の手順に示すように、CustomerInfo.ymlファイルに貼り付けます)。その後、[ ダウンロード ] をクリックして、後で参照できるようにファイルを保存します。 設定のインポート

  7. ID値とSecret値をCustomerInfo.ymlファイル内の対応するフィールドに貼り付けます。 構成のインポート

ゾーンマッピングファイル (ZoneMapping.yml) を手動で更新する

オンプレミスゾーンはクラウドリソースロケーションに自動的に移行できないためZoneMapping.yml ファイルを使用してマッピングする必要があります。注: ゾーンが同名のリソースロケーション ( まったく同じ名前のリソースロケーション) にマップされていない場合、移行エラーが発生します。

  1. .ymlファイルがある(Documents\Citrix\AutoConfig)ディレクトリに戻り、メモ帳または任意のテキストエディタを使用してZoneMapping.ymlを開きます 。注:Primaryの値は、(オンプレミス環境で) オブジェクトの移行元となる対応するゾーンの名前に置き換える必要がありますゾーンマッピング

  2. この名前は、 オンプレミスのCitrix Studio コンソール>[構成]>[ゾーン]で確認できます。注:オンプレミス環境でゾーンに名前Primaryが付けられている場合、ZoneMapping.ymlファイルのこの値を変更する必要はありません。 ゾーンマッピング

  3. それでもZoneMapping.ymlファイル上で、 Name_Of_Your_Resource_Zone値はクラウドリソースの場所の名前に置き換える必要があります。この値は、 クラウドポータルの [ハンバーガー] メニュー > [ リソースの場所: ゾーンマッピング] にあります。

  4. リソースの場所の名前をコピーします ( 次のスクリーンショットでMy Resource Locationのように表示): Zone Mapping

  5. Name_Of_Your_Resouce_Zone値の代わりにZoneMapping.yml値をファイルに貼り付けます: ゾーンマッピング

  • 注: オンプレミス環境の複数のゾーンは、クラウド内の 1 つのリソースロケーションにマッピングすることもできます 。ただし、 **オンプレミス環境のゾーンごとに、ファイルには常に 1 つの行が必要です。オンプレミスの複数のゾーンと**1 つのリソースロケーションの場合、このファイルの形式は次のようになります。

ゾーンマッピング

**ゾーンを別のリソースの場所にマップする場合**、ファイルは次のようになっている必要があります。

ゾーンマッピング

cvadacSecurity.yml ファイルを手動で更新してください

ホスト接続とそれに関連するハイパーバイザーはCitrix DaaSに移行できます。 ホスト接続を追加するには 、特定のハイパーバイザーのセキュリティ情報が必要です。この情報は、 CVADAcSecurity.yml ファイルに手動で追加する必要があります。注: この例では、Citrix Hypervisor を使用しています。他の種類のハイパーバイザーに必要なセキュリティ情報については、 Citrix DaaS製品ドキュメントサイトを参照してください

  1. .ymlファイルがある(Documents\Citrix\AutoConfig)ディレクトリに戻り、メモ帳または任意のテキストエディタを使用してCvadAcSecurity.ymlを開きます 。 ハイパーバイザーセキュリティ

  2. CvadAcSecurity.ymlファイルに、 ハイパーバイザー接続のusernamepasswordを入力し、ファイルを保存します 。 ハイパーバイザーセキュリティ

構成のマージ

  1. 移行ツールの PowerShell コンソールに戻り、次のコマンドMerge-CvadAcToSiteを実行します。既存のクラウド構成 (存在する場合) を、オンプレミスサイトからエクスポートされた構成にマージします。 構成をマージ

  2. 各タスクが正常に実行されると、 .yml ファイルがインポートされ、対応するコンポーネントがクラウドサイトに追加されると、出力は緑色に見えます。 Merging Configuration

  3. 結果のファイルは次のディレクトリに表示されます。 <This PC>\Documents\Citrix\AutoConfig\Import_<YYYY_MM_DD_HH_mm_ss> Merging Configuration

  4. この同じフォルダには、 Backup_YYYY_MM_DD_HH_mm_ss フォルダがあります。注: このフォルダは、構成のバックアップであるため、安全な場所にコピーしてください。

  5. Backupフォルダには次のファイルが含まれており、必要に応じて変更を元に戻すのに役立ちます。 Merge Configuration

クラウドStudio で作成された設定の確認

  1. Citrix DaaS の[ 管理 ]タブには、[ クラウドコンソール ]>[ マイサービス]>[Citrix DaaS]>[管理] 構成を検証中

  2. 更新して、 マシンカタログデリバリーグループポリシータグ、およびアプリケーションが期待どおりに表示されることを確認します注:インポートする内容に応じて、独自の構成に固有の結果として異なります。各セクションを確認して 、予想される項目がリストされていることを確認します。

  • マシンカタログリストの例:

構成を検証中

すべてが期待どおりであれば、Citrix DaaS の移行は完了です。

トラブルシューティングのヒント

トラブルシューティングに関する一般的な情報:

  • 自動構成ツールのトラブルシューティング FAQ 記事を参照してください
  • Citrix でサポートチケットを開く前に、New-CvadAcZipInfoForSupportを実行してすべてのログと*.ymlファイルを1つのzipに収集します。顧客のセキュリティ情報は含まれていません。次の場所%HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfig\CvadAcSupport_yyyy_mm_dd_hh_mm_ss.zipNew-CvadAcZipInfoForSupportの zipファイルを転送します。
  • コマンドレットを実行すると、 **ログファイルとマスター履歴ログファイルにエントリが作成されます**。エントリには、実行の日付、操作、結果、バックアップ、ログファイルの場所が含まれます。このログは、一般的なエラーに対する潜在的な解決策と修正を提供します。
  • マスター履歴ログは、%HOMEPATH%\Documents\Citrix\AutoConfigHistory.Logという名前のファイルにあります。 * すべての操作ログファイルは、バックアップフォルダに格納されます。
  • すべてのログファイル名はCitrixLogで始まり 、auto-config操作と、コマンドレット実行の日付タイムスタンプが表示されます 。
  • ログは自動削除されません
  • コンソールのログ記録は、 -quiet パラメータを使用して抑制できます

さらに、以下の情報を参照してください:

  1. サポートフォーラムからも連絡できます

  2. 自動構成ツールのドキュメントを読む

  3. 直接ダウンロードサイトリンクから新しいバージョンをダウンロードする

  4. 8月19日のオンデマンドウェビナーの録画「Citrix Cloud への移行がこれまでになく簡単になった理由」をご覧ください。ツールに関する詳細情報を共有し、Citrix 専門家パネルとのライブQ&Aセッションを開催しました

  5. 詳細および公式ドキュメントについては、Citrix DaaS の「クラウドへの移行」セクションを参照してください。

  6. 前述の情報を参照してもサポートが必要な場合は、Citrix担当者、カスタマーサクセスマネージャ、またはサポートにお問い合わせください。

概念実証ガイド:自動構成ツール