PoC ガイド:Azure Virtual Desktopsハイブリッド搭載の Citrix 仮想アプリケーションとデスクトップ

概要

Microsoft は、2019 年 9 月 30 日に Azure Virtual Desktopsの一般提供を発表しました。この概念実証 (PoC) ガイドは、ハイブリッド環境でのトライアル評価のみを目的として、Azure Virtual Desktopを使用してCitrix Virtual Apps and Desktops サービスをすばやく構成できるように設計されています。このPoCガイドの最後に、Citrix Virtual Apps and Desktops サービスを使用して、オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktops 展開をMicrosoft Azure サブスクリプションとブリッジすることができます。ユーザーは、オンプレミスのリソースにアクセスしながら、新しい Windows 10 マルチセッションエクスペリエンスを利用して Azure Virtual Desktop 仮想アプリまたはデスクトップを起動できます。

概念アーキテクチャ

Azure Virtual Desktopsアーキテクチャによる Citrix Virtual Apps and Desktops サービス

スコープ

この PoC ガイドでは、Citrix Cloud および Microsoft Azure 管理者の役割を経験し、組織のオンプレミス展開と Azure にまたがるハイブリッド環境を作成します。Azure Virtual Desktop (AVD) のWindows 10マルチセッションエクスペリエンスとオンプレミスリソースで構成される仮想化環境へのアクセスを、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスでエンドユーザーに提供します。

このガイドでは、次の操作を実行する方法について説明します。

  1. 新しい Azure サブスクリプションと Azure Active Directory (AAD) テナントを作成する (持っていない場合)
  2. Azure AD 接続を使用してオンプレミスの AD を AAD に接続する
  3. Windows 10 Enterpriseを使用して仮想デスクトップ用のマスターイメージを作成する
  4. Citrix Cloudアカウントを作成する(アカウントを持っていない場合)
  5. Citrix Virtual Apps and Desktops サービスのトライアルをリクエストする
  6. Citrix Virtual Apps and Desktops サービスアカウント(Citrix Cloudアカウント)を作成し、Azure テナントをリソースの場所として追加します
  7. Windowsサーバー仮想マシンを作成し、Azure リソースの場所にCitrix Cloud Connector をインストールする
  8. セッションホスト仮想マシン (VM) 用の Azure Virtual Desktop テンプレートを準備します。AVD VMにCitrix Virtual Delivery Agent をインストールする
  9. Citrix Cloud Connectorを使用してAzure サブスクリプションに接続するには、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスアカウント(Citrix Cloudアカウント)を使用します
  10. Citrix Machine Creation Servicesを使用してカタログを展開し、デリバリーグループを作成する
  11. Windows Server仮想マシンを作成し、Citrix Cloud Connectorをオンプレミスのリソース場所にインストールし、リソースの場所として追加します
  12. Citrix Cloud Connectorを使用してオンプレミスのリソースに接続するには、Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスアカウント(Citrix Cloudアカウント)を使用します
  13. ユーザーがCitrix Workspace 経由でAVDまたはオンプレミスセッションに接続できるようにする

Microsoft では、AVD セッションホストを、Azure AD Connect を使用して Azure AD または Azure AD ドメインサービスのいずれかと同期した Windows Active Directory (AD) ドメインに参加させる必要があるという要件があります。これには、オンプレミスの Active Directory を組織の Azure サブスクリプションに接続する必要があります。これはこのガイドの範囲外ですが、Citrix NetworkingまたはCitrix SD-WANのお客様でもある場合は、 Citrix ADC (パブリックIPが必要) またはCitrix [SD-WANでサイト間VPNを使用できます](https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/vpn-gateway/vpn-gateway-howto-site-to-site-resource-manager-portal)。前述の 2 つのオプションは、オンプレミス環境と Azure の AVD ネットワーク間に IPsec トンネルを作成することです。

これら 2 つの場所間のリンクを設定すること以上のソリューションをお探しの場合は、エンドツーエンドの SDWAN ソリューションの作成を検討することをお勧めします。これがもたらす主な利点は、統合されたセキュリティ、オーケストレーション、ポリシーベースの構成です。SDWANにはさらにメリットがあります。

  • お客様のデータセンターからレンダリングされたビデオ・オン・デマンドへの直接アクセスを可能にする
  • VDAからオンプレミスの他の施設へのインテリジェントなトラフィックステアリングを提供
  • VoIP トラフィックとリアルタイムビデオトラフィックは、企業のデータセンターから移動
  • 複数のリンクを集約し、異なるリンクを組み合わせることにより、耐障害性と拡張帯域幅を実現

エンドツーエンドの SDWAN ソリューションを設定するには、次のガイドに従います。

Azure 仮想ネットワークに接続するための SDWAN の構成

Azure でデプロピーSDWAN

SDWAN センターを使用して SDWAN を Azure にデプロイする

[パブリックIPを必要としないエクスプレスルートまたはポイントツーサイトVPNは](https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/vpn-gateway/vpn-gateway-howto-point-to-site-resource-manager-portal) 、接続を確立するための他のオプションです。

このガイドでは、仮想マシンなど、環境をデプロイして構成し、AD を Azure AD に接続する方法の詳細な手順を説明します。Citrix およびAzureのテナント管理者は、ユーザーがCitrix仮想アプリおよびデスクトップサービスおよびAzure仮想デスクトップ統合を示すさまざまなシナリオをテストできるようにするAVD環境を作成します。

Azure サブスクリプションと Azure Active Directory テナントを作成する

既存の Microsoft O365 のお客様は、Azure Active Directory (AAD) を既に持っている必要があります。そのため、サブスクリプションのグローバル管理者として Azure にログインし、次のセクションに進んでください。

  1. URL に移動します。 Azure にサインインしてAzure にログインします

    Azure にログインする

  2. 情報を入力し、[ 次へ] をクリックします

    Azure アカウント情報

  3. 本人確認後請求目的でクレジットカードの詳細をご記入ください 。1~USDのお支払いにより、カードの詳細の確認を求められる場合があります。

    Azure アイデンティティ

  4. 完了したら、Azure ポータルでこれが表示されます。そのお支払い方法を使用する場合は、[ 次へ] をクリックします。それ以外の場合は、それを変更し、[ 次へ] をクリックします。

    Azure アカウントカード

  5. 同意する場合は、サブスクリプション契約、オファーの詳細、プライバシーに関する声明の [ 同意する ] チェックボックスをオンにします。[ サインアップ] をクリックします。

    Azure サインアップ

  6. または、 このリンクにアクセスして詳細を入力することで 、O365 Enterprise E3トライアルに登録できます。

    O365登録

  7. [ + リソースの作成 ] をクリックし、 Azure Active Directory を検索して選択します

    Azure Active Directory

  8. [ 作成] をクリックします。

    Azure Active Directory を作成する

  9. 作成する AD の [ 組織名] と [初期ドメイン名 ] を指定します。国または地域を選択し 、[ 作成] をクリックします

    Azure Active Directory を作成する

  10. Azure AD が作成されるのを待つ

    Azure Active Directory を作成する-待つ

Azure AD 接続を使用してオンプレミスの AD を Azure AD に接続する

  1. AD への RDP セッションを起動します。

    AD に接続する

  2. ブラウザーを開き、サブスクリプションと Azure AD のグローバル管理者として Azure にログインします。[ Azure Active Directory ] をクリックし、[ Azure AD 接続] をクリックします。[ Azure AD 接続のダウンロード] をクリックします。

    Azure AD 接続をダウンロードする

  3. 表示されたブラウザウィンドウで、[ ダウンロード] をクリックします

    Azure AD 接続をダウンロードする

  4. [ 実行] をクリックします

    Azure AD 接続を実行する

  5. [Azure AD 接続] ダイアログで、[ 続行] をクリックします。

    Azure AD 接続Exec

  6. [ エクスプレス設定を使用] をクリックします

    Azure AD 接続エクスプレス

  7. Azure Active Directory グローバル管理者のユーザー名とパスワードを入力します。[ 次へ ] をクリックし、 要求された場合は再度ログインします

    Azure AD 接続エクスプレス

  8. Active Directory エンタープライズ管理者のユーザー名とパスワードを入力します[次へ] をクリックします。

    Azure AD 接続の AD 認証情報

  9. [ すべての UPN サフィックスを検証済みドメインに一致させずに続行] をオンにし、[ 次へ] をクリックします。

    Azure AD 接続の AD 認証情報

  10. [ インストール] をクリックします

    Azure AD 接続 AD インストール

  11. 設定が完了したら、[ Exit] をクリックします。

    Azure AD 接続AD 完了

  12. Azure ポータルの [Azure Active Directory] ページに戻り、[ ユーザー] をクリックします。作成したユーザーがリストに表示されていることを確認します。

    Azure AD 接続AD 完了

仮想デスクトップ用の Windows 10 エンタープライズを使用してマスターイメージを作成する

  1. [ + ] または [ + リソースの作成] を選択します。Microsoft Windows 10 を検索し、ドロップダウンリストに Windows 10 エンタープライズ 2016 LTSB が表示されている Microsoft Windows 10 オプションを選択します。

    マスターイメージ-Win10検索

  2. ドロップダウンリストから Windows 10 エンタープライズマルチセッションオプションのいずれかを選択し 、[ 作成] をクリックします。

    マスターイメージ-Win10選択

  3. 適切なサブスクリプションと 、マシンをデプロイする AVD 用に作成されたリソースグループを選択します**マスターイメージ仮想マシンの名前を指定します。 **AD VM と同じリージョンを選択します管理者アカウントの資格情報を入力します。[ 次へ:ディスク] をクリックします。

    マスターイメージ-基本

  4. 展開に適したOSディスクタイプを選択します 。[ 次へ:ネットワーク] をクリックします。

    マスターイメージ-ディスク

  5. 他の仮想マシンが存在する仮想ネットワークを選択しマスターイメージ用にパブリックIPが作成されていることを確認しますレビュー+作成をクリックします

    マスターイメージ-NW

  6. Validation Passed メッセージが表示されていることを確認し 、マシン設定を確認します。[ 作成 ] をクリックして、マスターイメージ仮想マシンの作成を開始します。

    マスターイメージ-レビュー

  7. 仮想マシンの作成が完了したら、[ リソースに移動] をクリックします。

    マスターイメージ-作成

  8. 仮想マシンには、パブリック IP での着信 RDP トラフィックを許可するネットワークルールが必要です。[お気に入り] 列の [ ネットワーク ] をクリックします。[ 受信ポート規則の追加] をクリックします。

    マスターイメージ-受信ルール

  9. パブリック IP は、 whatsmyipアドレスの Google 検索を実行して AD VM への RDP 接続を行うことで取得できます。 [ IP アドレス ] を [ソース] として [ IP アドレス] を選択し、[送信元 IP] フィールドに接続元のマシンのパブリックIP アドレスを入力し、[宛先ポート範囲] を3389、[ プロトコル ] を [ TCP] に設定します。適切なPriority 値を設定し規則に名前を指定します。 * [ 追加] をクリックします

    Master Image - Inbound Rule Create

    *: Leaving port 3389 open remotely long-term can pose a security risk.

  10. 仮想マシンの作成時に指定した管理者資格情報を使用して RDP をマシンに追加し、仮想マシンをドメインに参加させマシンを再起動します

Azure サブスクリプションでCloud Connector を作成する

  1. [ + ] または [ + Azure でリソースを作成する ] を選択します。[はじめに] の下の [ Windows Server 2016 データセンター] を選択して、新しい Windows Server 2016 コンピューターを作成します。

    Cloud Connector-作成

  2. 適切なサブスクリプションと 、マシンをデプロイする AVD 用に作成されたリソースグループを選択しますCloud Connector仮想マシンの名前を指定しますAD VM と同じリージョンを選択します管理者アカウントの資格情報を入力します。[ 次へ:ディスク] をクリックします。

    Cloud Connector-基本

  3. 展開に適したOSディスクタイプを選択します 。[ 次へ:ネットワーク] をクリックします。

    Cloud Connector-ディスク

  4. 他の仮想マシンが存在する仮想ネットワークを選択し 、Cloud Connector 仮想マシン用にパブリック IP が作成されていることを確認します。レビュー+作成をクリックします

    Cloud Connector-NW

  5. Validation Passed メッセージが表示されていることを確認し 、マシン設定を確認します。[ 作成 ] をクリックして、Cloud Connector仮想マシンの作成を開始します。

    Cloud Connector-レビュー

  6. 仮想マシンの作成が完了したら、[ リソースに移動] をクリックします。

    Cloud Connector-作成済み

  7. 仮想マシンには、パブリック IP での着信 RDP トラフィックを許可するネットワークルールが必要です。[お気に入り] 列の [ ネットワーク ] をクリックし、 ネットワークインターフェイスの名前をクリックします

    Cloud Connector-NWインターフェイス

  8. [ ネットワークセキュリティグループ ] をクリックし、[ 編集]

    Cloud Connector-NW セキュリティグループの編集

  9. [ ネットワークセキュリティグループ] をクリックします。

    Cloud Connector-NW セキュリティグループの選択

  10. マシンへのアクセスを許可するポートルールがすでにあるため、AVD VMのネットワークセキュリティグループを選択します 。[ 保存 ] をクリックします。*

    Cloud Connector-NW セキュリティグループセット

    *: ポート3389をリモートで長期開いたままにすると、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。

  11. 仮想マシンの作成時に指定した管理者資格情報でマシンに RDP インし、Cloud Connector 仮想マシンをドメインに参加させ、マシンを再起動します。

Citrix Cloudアカウントを作成する

  1. Cloud Connector 仮想マシンに RDP し、AD 管理者としてログインします。URL: Citrix Cloud。既存のCitrix Cloudのお客様は、[新しいリソースの場所の作成]セクションに進みます。アクティブなCitrix Cloudアカウントがあることを確認します。アカウントの有効期限が切れている場合は、営業担当に連絡して有効にする必要があります。

  2. Citrix Cloudを初めてご利用の場合は、[サインアップ]をクリックし、左下の[無料]を試してください。

    Citrix Cloud-サインアップ

  3. ビジネス詳細を入力し、 **同意する場合は、[利用規約を読み、理解し、同意します] チェックボックスをオンにします。**[続行] をクリックします。

    Citrix Cloud-詳細

  4. Citrix Cloud 展開をホストする適切なリージョンを選択します 。[ 続行] をクリックします。

    Citrix Cloud-リージョン

  5. あなたの電子メールであなたに送信されたリンクをクリックしてあなたの電子メールID を確認します。

    Citrix Cloud-Eメールの確認

  6. メールを開き、「 アカウントの確認 」リンクをクリックします。

    Citrix Cloud-メールの確認

  7. アカウントが確認されたら、 パスワードを入力して確認します。[ アカウントの作成] をクリックします。

    Citrix Cloud-アカウントの作成

  8. [ サインイン] をクリックします。

    Citrix Cloud-サインイン

新しいリソースの場所を作成する

  1. ユーザ名とパスワードを入力します[サインイン] をクリックします。(アカウントが複数の顧客を管理している場合は、適切な顧客を選択してください)

    リソースの場所-ログイン

  2. [リソースの場所] で [ 編集] または [新規追加]

    リソースの場所-編集または新規

  3. [ + リソースの場所 ] をクリックし 、新しいリソースの場所の名前を入力します。[ 保存]をクリックします

    リソースの場所-作成

  4. 新しく作成したリソースの場所の下にある [ + Cloud Connector] をクリックします。

    リソースの場所-+ Cloud Connector

  5. [Download] をクリックします。ダウンロードが始まったら、[ 実行 ] をクリックします

    リソースの場所-ダウンロード

  6. 「Citrix Cloud接続テストが成功しました」というメッセージが表示されます。[閉じる] をクリックします。 テストが失敗した場合は、次のリンクを確認して問題を解決してください- CTX224133

    Resource Location - Connectivity Check

  7. サインイン ]をクリックしてCitrix Cloudにサインインします

    リソースの場所-サインイン

  8. ドロップダウン・リストから、適切な「 顧客」と「リソースの場所」を選択します。[ インストール] をクリックします

    リソースの場所-インストール

  9. インストールが完了すると、サービス接続テストが実行されます。それを完了させれば、再び成功した結果が表示されます。[閉じる] をクリックします。

    リソースの場所-完了

  10. Citrix Cloudの[リソースの場所]ページを更新します。Cloud Connectorをクリックします

    Cloud Connector-リストの更新

  11. 新しく追加されたCloud Connector が一覧表示されます。実稼働環境では、リソース・ロケーションごとに2つのCloud Connectorを備えていることを確認します

    Cloud Connector-検証

Citrix Virtual Apps and Desktops サービスのトライアルをリクエストする

  1. ページ上部の [Citrix Cloud] をクリックします。Virtual Apps and Desktops サービスの試用版が有効になっていない場合は、[ 利用可能なサービス ] までスクロールし 、[Virtual Apps and Desktops サービス] タイルの [ デモをリクエスト ] をクリックします。

    クラウドトレイル-デモをリクエストする

  2. [ 電話をリクエストする] をクリックします

    クラウドトレイル-リクエストコール

  3. 詳細を入力し 、[コメント] セクションで [Azure Virtual Desktop トライアル]を指定します。[ 送信] をクリックします

    クラウドトレイル-送信

AVD ホスト VM にVirtual Delivery Agent をインストールする

我々は待っている間, 私たちは、Citrix Virtual Apps and Desktops をインストールすることができます, Windows上のVirtual Delivery Agent 10 私たちが作成したマルチユーザーVM.

  1. ドメイン管理者として RDP 経由で AVD VM に接続する

    VDAのインストール-RDP

  2. Internet Explorerで Citrix.com を開きます。[ サインイン] にカーソルを合わせ 、[ My Account] をクリックします

    VDAのインストール-Citrix.com

  3. ユーザー名とパスワードでサインインします。トップメニューの [ ダウンロード ] をクリックします

    VDAのインストール-Sing In

  4. 製品の選択]ドロップダウンリストから、Citrix Virtual Apps and Desktops]を選択します。

    VDAのインストール-CVADの選択

  5. 表示されたページで、 Citrix Virtual Apps and Desktops 7の最新バージョンを選択します (最後に.xはなし)

    VDAのインストール-最新のものを選択

  6. 下へスクロールして、 製品ISOにあるが別途パッケージされているコンポーネントまでスクロールします山形をクリックして 、断面を展開します。サーバーOS Virtual Delivery Agentの下にある [ ファイルのダウンロード ] をクリックします

    VDAのインストール-コンポーネントの選択

  7. 同意する場合は、[ 上記の輸出管理法を読み、遵守していることを証明しました] チェックボックスをオンにします。[ 受け入れ] をクリックします。ダウンロードが開始されます。

    VDAのインストール-条件に同意する

  8. ファイルを保存しダウンロードが完了したら実行します

    VDAのインストール-実行

  9. [環境] セクションの [ 次へ ] をクリックして、マスター MCS イメージを作成します。

    VDAのインストール-環境

  10. [コアコンポーネント]セクションで、ユーザーがセッションを使用してセッション内からセッションを起動する場合は、[Citrix Workspaceアプリ]チェックボックスをオンにします。[ 次へ] をクリックします

    VDAのインストール-ワークスペースアプリ

  11. [追加] セクションで、必要なコンポーネントを選択し、[ 次へ] をクリックします。

    VDAのインストール-追加コンポーネント

    注: Citrix Directorでログオン情報を表示するには、[Citrixユーザープロファイルマネージャー]も選択します

  12. Cloud Connector 仮想マシンの UPN を入力し、[ 接続のテスト] をクリックします。テストが成功したことを確認します。入力した UPN の横に緑色のチェックマークが表示されます。[ 追加 ] をクリックし、[ 次へ] をクリックします

    VDAのインストール-CC UPN

  13. [機能] セクションの [ 次へ ] をクリックし、[ファイアウォール] セクションの [ 次へ ] をもう一度クリックします。

    VDAのインストール-次へ

  14. [概要] セクションの [ インストール ] をクリックします。

    VDAのインストール-インストール

  15. インストールが完了したら、[診断] セクションで [ 接続] をクリックします。Citrix Cloudの資格情報を入力し[OK]をクリックします。資格情報が検証されたら、[ 次へ] をクリックします。

    VDAのインストール-Citrix Cloud に接続する

  16. [ 完了 ] をクリックし、 仮想マシンを再起動します

    VDAのインストール-完了

Citrix Virtual Apps and Desktops とAzure 間のホスティング接続を作成する

Azure仮想デスクトップ仮想マシンをホストするAzureサブスクリプションに接続するように、Citrix仮想アプリおよびデスクトップサービスを構成します。

  1. トライアルが承認されたら、 ローカルマシンからCitrix Cloud にログインします 。[ マイサービス] までスクロールし、[ Virtual Apps and Desktops ] サービスタイルを探し、[ 管理] をクリックします

    ホスティング-接続-管理

  2. [ サービスの管理] をクリックします。さらに下にスクロールすると、 ワークスペース環境URLが表示されます。ブックマークしてください

    ホスティング-ブックマーク

  3. 左側のメニューの [設定] をクリックします。[ ホスティング ] をクリックし、[ 接続とリソースの追加 ] をクリックします。

    ホスティング接続-ホスティングの追加

  4. ドロップダウンから、[接続の種類] として [ Microsoft© AzureTM ]、[ Azure 環境] の [Azure グローバル ]、[ ゾーン名] に適切なゾーンを選択しますStudio ツールを選択したままにします 。[ 次へ] をクリックします

    Hosting Connect - Select Azure

  5. [管理] テキスト (画面の中央) のすぐ下にあるグレーのノッチにカーソルを合わせます**ワークスペースアイコンを下にスライドしてクリック**

    ホスティング-ワークスペースツール

  6. Azure サブスクリプション ID をクリップボードにコピーします。中央の [ クリップボードを開く] ボタンをクリックしその中にサブスクリプション ID を貼り付けます 。テキストボックスの外側の任意の場所をクリックします。

    ホスティング接続-クリップボード

  7. [ サブスクリプション ID] テキストボックスに ID を貼り付け接続名を入力します。[ Create New ] をクリックして、新しいサービスプリンシパルを作成します。または、Citrix Cloud AccessをAzureサブスクリプションに手動で付与することもできます(デフォルトのコントリビューターよりも制限の厳しい役割を持つ) CTX224110

    ホスティング接続-新しい接続

  8. プロンプトが表示されたら、Azureアカウントにサインインしますユーザーが所有者であり、サブスクリプションの外部ユーザーではないことを確認します

    ホスティング接続-サインイン

  9. [ **組織を代表して同意] チェックボックスをオンにし、同意する場合は [同意する] をクリックします。検証が完了すると、[接続済み] が表示されます。[ **次へ] をクリックします

    ホスティング接続-規約に同意する

  10. 適切なリージョンを選択し 、「 次へ」をクリックします。

    ホスティング接続-リージョン

  11. ネットワークの名前を入力し**仮想マシンを作成する適切な仮想ネットワークとサブネットを選択します** 。[次へ] をクリックします。概要を確認し、「 完了」をクリックします。

    ホスティング接続-NW & フィニッシュ

  12. [ホスティング] ページに戻ります。完了したら、[ マシンカタログ ] をクリックしてカタログの作成を開始します。

    ホスティング接続-完了

マシンカタログとデリバリーグループの作成

  1. マシンカタログの作成 (右側のメニュー)をクリックします。[マシンカタログセットアップ]ダイアログで、[ 次へ]をクリックします。

    カタログとDG-作成

  2. [ マルチセッション OS ] が選択されていることを確認します。[ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-マルチセッションOS

  3. 電源管理されているマシンとCitrixMachine Creationサービスが選択され 、正しいAzure ネットワークがリソースに表示されていることを確認します。[ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-パワー管理およびMCS

  4. AVD VM に関連付けられている正しいディスクを選択します。最小機能レベルのドロップダウンから、 1811(またはそれ以降)を選択します[次へ] をクリックします。ポップアップが表示され、VHDに接続されている仮想マシンの停止を求めるメッセージが表示されます。

    カタログとDG-マスターイメージと機能レベル

  5. Azure ポータルにログインし、[ **仮想マシン ] で**AVD VMに移動し、[ 停止 ] ボタンをクリックします。 パブリック IP を失うことに関する警告を無視します。ステータスが [停止 (割り当て解除)] が表示されるまで待ちます[Citrix Cloud]タブに戻り、[閉じる]をクリックします

    Catalog and DG - Stop VM

  6. デフォルトのままにして 、「 次へ」をクリックします。

    カタログとDG-ストレージ

  7. 必要に応じて仮想マシンの数を変更し仮想マシンに必要なマシンサイズを選択します 。[ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-VMなしとサイズ

  8. 必要に応じて、 ライトバックキャッシュサイズを設定します 。[ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-キャッシュ

  9. [ 次へ ] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします

    カタログとDG-警告

  10. [ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-NIC

  11. 仮想マシンを配置する組織単位 ( OU ) を選択します。コンピュータアカウントの名前付けスキームを入力します。名前の長さが 15 文字未満で、# で終わっていることを確認してください。[ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-ADアカウント

  12. [ 資格情報の入力] をクリックします。開いたダイアログで、 AD管理者のユーザー名とパスワードを入力しますOKをクリックします。[ 次へ] をクリックします

    カタログと DG-AD 管理者の資格情報

  13. マシンカタログの名前を入力します 。[ 完了] をクリックします

    カタログとDG-カタログ名

  14. カタログが作成されるのを待ちます。

    カタログとDG-作成

  15. 「マシンカタログ」ページに戻ります。左側のメニューで[ デリバリーグループ]をクリックして、デリバリーグループの作成を開始します

    カタログとDG-完了

  16. 右側のメニューから[ デリバリーグループの作成 ]をクリックします。[デリバリーグループの作成]ダイアログボックスで、[ 次へ]をクリックします

    カタログとDG-DGの作成

  17. AVD カタログを選択しますデリバリーグループに追加するVMSの数にマシン数を増やします 。[ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-マシンの選択

  18. この例では、ユーザーを特定のグループに割り当てます。[ このデリバリーグループの使用を次のユーザーに制限する ]ラジオボタンをクリックします。[追加] をクリックします。

    カタログとDG-ユーザーの制限

  19. デリバリーグループへのアクセス権を持つドメインユーザーを追加します 。名前の確認 (Check Names) をクリックすると、 それらの名前を確認できます。完了したら 「OK」をクリックします

    カタログとDG-アプリ

  20. このデリバリーグループからもアプリを利用できるようにするには、[ 追加 ]ドロップダウンリストをクリックし、[スタート] メニューから[スタート]を選択します。

    カタログとDG-アプリを選択

  21. [スタート] メニューからのアプリケーションの追加] ダイアログボックスで、 利用できるようにするアプリケーションの横にあるチェックボックスをオンにします 。次に 「OK」をクリックします。

    カタログとDG-アプリが完了しました

  22. [ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-デスクトップの追加

  23. [デスクトップ] セクションで [ 追加] をクリックします。デリバリーグループの表示名を入力します[ デスクトップを有効にする] がオンになっていることを確認します。[OK]をクリックします。

    カタログとDG-表示名と有効化

  24. [ 次へ] をクリックします

    カタログとDG-仕上げ

  25. デリバリーグループ名を入力します。[ 完了] をクリックします

    カタログとDG-完了

  26. デリバリーグループを作成すると、[管理]タブは次のようになります。

    カタログとDG-DGリスト

オンプレミスのリソースを Workspace に追加する場合は、以下の手順に従います。

オンプレミスのデータセンターでCloud Connector を作成する

  1. オンプレミスのデータセンターにCloud Connectorを追加します。オンプレミスで Windows サーバー 2012 R2 または 2016 VM を作成します。「新しいリソースの場所を作成する」セクションの手順を繰り返します。

オンプレミスのサイトをワークスペースに追加する

  1. ガイドの手順に従って 、オンプレミスサイトをワークスペースに追加します。「タスク 3: 接続を構成し、このページで設定を確認します」の最後まで完了します。

WSのオンプレミスサイト

Citrix Workspace からセッションを起動する

  1. 以前にCitrixCloudからCitrixワークスペースに保存したCitrix Workspace URLを開きますデリバリーグループに追加したドメインユーザーの 1 つとしてログインします

    セッションを起動-WSを開く

  2. [ すべてのデスクトップを表示] をクリックします。

    セッションを起動-デスクトップリスト

  3. Azure で作成した Windows 10 マルチセッション DG デスクトップをクリックします。

    セッションを起動-デスクトップをクリック

  4. セッションが開始され、Azure Virtual Desktopsにアクセスできるようになります。

    セッションの起動-起動

概要

このガイドでは、Azure でホストされている Azure Virtual Desktop とオンプレミスのリソース (ワークスペース構成を使用) をまとめて、ユーザーが 1 か所でそれらにアクセスできるようにする方法を説明しました。Citrix Virtual Apps and Desktopsを使用して、Azure Virtual Desktopsベースの仮想マシンとオンプレミスベースのリソースの両方を管理するハイブリッドセットアップを作成する方法を学びました。このプロセスには、Azure 仮想ネットワークとオンプレミスのデータセンター間のネットワーク接続の作成が含まれていました。また、Azure AD 接続を使用して Azure Active Directory とオンプレミスの Active Directory を同期する方法を学びました。私たちは、Citrix Cloudアカウントを作成する方法を見ました, あなたは1つを持っていないし、Citrix Virtual Apps and Desktops サービスへのアクセスを取得した場合, これは、このすべてが動作します.

オンプレミスのCitrix Virtual Apps and Desktopsセットアップをクラウドに移行する方法の詳細については、 展開ガイドを参照してください